あがり症を克服させる方法とは!TOP > あがり症 > 吃音(どもり)との関係

あがり症と吃音(どもり)

あがり症とどもり(吃音)の関係性?

吃音と聞くと、どういった事なのか理解しにくいと思います。

これはよくTV番組などでも言われている「どもり」の事です。

吃音は「言語障害」とされているので保険も適用されます。

吃音とあがり症には関係性があるのでしょうか?

緊張や不安を感じ、
一瞬、頭が真っ白になり、パニック状態に陥ることは誰にでもあると思います。

あがり症ならば、その緊張や不安を人よりも多く感じ、
赤面したり、手や声に震えがあらわれたりします。

そのあがり症の症状の1つとして、吃音も挙げられるのです。

また、この逆のパターンも考えられます。

これは、自分はいつもどもってしまうと不安になりすぎて
あがり症を発症するパターンがあるという事です。

いずれにせよ、
あがり症も吃音も、極度の緊張や不安が関わっている事は間違いません。

あがり症も吃音も、その人が感じているからこそ、
悪化させてしまうケースが多いようですね。

本人が自覚しているからこそ、いつもそのパターンに陥ってしまい、
常に同じようなパニック状況を作り出してしまうといった悪循環を生み出します。

できれば、あがり症も吃音も、同時に克服可能になるようにしたいものです。

あがり症は、投薬治療を行ったとしても、
一時的な緩和が見られるだけで、根本的な改善には繋がっていないのです。

ですから、

・呼吸法を行う
・話し方教室に通う


このようなことも効果的な方法と言えるでしょう。

1番良いのは、自分がどのような時に「不安」や「緊張」を感じるのか理解し、
状況を克服できるようなコントロール方法を自身で見つけ出す事だと思います。

自分に合う、あがり症やどもりの改善方法を見つけ出しましょう。


 
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ