あがり症を克服させる方法とは!TOP > あがり症 克服・改善方法 > 発声練習

あがり症 発声練習について

あがり症を治すには発声練習が良いと言われていますが、
どうして発声練習であがり症が治るのでしょうか?

完全に治るかどうかは人によって違いますが改善する可能性はあるでしょう。

まず、あがり症の症状の一つに「言葉の聞き取りにくさ」というのがあります。

これは緊張によって滑舌が悪くなることが原因なので、
発声練習によって改善することができるのです。

それでは、どういう練習を行えばいいか?

あがり症に効果のある発声練習をご紹介します。

・同じ音を何度も発音する
・早口言葉
・一音一音意識して発声する

例えば、

「カカカカカ」や「サササササ」

このように同じ音を何度も発音することで、あがり症による滑舌の悪さを克服できます。

また、同じ音を何度も発音していると苦手な音が分かるようになります。

なので、その音を中心に練習してください。

早口言葉を練習するのも良いですね。

みなさんご存知の

「隣の客はよく柿食う客だ」
「蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ」
「生麦生米生卵」

といった言葉をなんども発声してみましょう。

それに、一音一音意識して発声するという事も、滑舌の悪さの克服に効果的なのです。


 
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ