逆流性食道炎の症状には・・・

逆流性食道炎の症状には・・・





胃酸が逆流し、食道に上がってくることで食道内の粘膜を傷つけ、炎症を起こしてしまう症状を逆流性食道炎といいます。


逆流性食道炎では、胃酸が上がる前に感じる吐き気や胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)焼け、また、ゲップが繰り返し出たりといった徴候が見られるでしょう。


人によっては、食欲減退や特定の食べ物が食べられなくなるという症状が起こることもあるようです。


そして、食べ過ぎたり、就寝のために体を横にすると、胃酸が逆流を起こしてしまうでしょう。


逆流性食道炎の症状は色々あるのですが、通常では考えられないほどゲップが増えたり、それに伴って吐き気を感じたり、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)焼けや胸を締め付けられるような痛みを感じることもあります。


それに、食後の胃もたれが激しく、いつまでも胃が重く感じられることも多いです。


症状が出るのは胃や食道(胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)のあたり)ばかりではなく、喉に痛みを感じたり、声が出づらくなるという症状に悩む人もいるかもしれません。


胃酸が気管に入ってしまった場合には、気管支炎を起こして咳が止まらなくなることもあるでしょう。


加えて、炎症が上部まで広がると、耳に痛みを感じることもあります。


ひどい場合には喘息を起こしたり、呼吸困難に陥る事もあるため侮れない病気なのです。


逆流性食道炎の原因は様々で、その症状の出方にも個人差があるのですが、なんといっても逆流性食道炎で最も多く見られる症状は胸焼けのだそうです。


逆流性食道炎の胸焼けは、揚げ物など脂分の多い食事や塩分の多い食事をとると起こしやすいですし、飲酒や喫煙によっても引き起こされることが知られています。











<PR>
食道性逆流炎の症状は?改善させるにはどうする?|食道性逆流炎を改善させるには?
血糖値を下げる食べ物、食材は? | 糖尿病と合併症の怖い関係



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ