いびきがひどくなる前に耳鼻科で治療 バランスの取れた食事や規則正しい生活、そしてストレスを早め早めに発散させいびき予防

耳鼻科でいびき治療

疲れがとれなく気になるいびきの治療法
原因を理解し対策を 

  

いびき予防・治療


いびき、嫌ですよね。いびきをかいてるあなた、そして横で寝ているかたはもっと嫌な思いをしています。いびきは快適な睡眠にとって最も大敵なのです。いびきをかく人は睡眠がしっかりと取れていないと言ってよいでしょう。

一昔前はいびきをかいて寝ていると気持ちよさそうだ。とかぐっすり寝ているとか思われていましたが、現在ではれっきとした病気という認識になっています。いびきをかいて寝ると疲れが取れないだけでなく、最悪の場合は命にも関わってきます。早めに対策をするにこしたことはありません。

なにを隠そう私もいびきに長年悩まされてきたひとりなのです。朝起きたとき疲れが取れておらずむしろ疲れが増しているようなあの嫌な感覚。体は重く職場に行っても午前中は仕事になりません。昼間運転をしていると必ず眠くなりぼんやり運転してうっかり事故を起こしそうになったことは一度や二度ではありません。いつかやるだろうと思っていたらやはりやってしまいました。幸い相手との接触ではなく自損事故で済みましたが、それ以来怖くて車にも乗れなくなってしみまいした。

そこで思い切っていびき治療を専門に扱う耳鼻科へ行き詳しく検査をしてもらいました。結果は睡眠時無呼吸症候群。やはりか、といった結果でした。すぐに治療にかかり今では昼間眠たくなることはめったになくなり快適な日常を送れています。こんなことなら早く耳鼻科にかかりいびき治療をしておけばよかったな、と後悔しています。いびきで悩んでいるなら早めに専門のお医者さんにかかることをお勧めします。いびきは病気であり自己流で治すことは困難です。

■健康資料

  




メタボリックシンドローム


いろいろな所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。

この原因は、なんといっても運動不足や過食などの生活習慣によると言われています。まずは余分に蓄積した体脂肪を減らすために、ウォーキングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどを取り入れ、運動不足を解消し、食生活を見直すなどの生活改善が必要です。40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えると言われています。そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、いわゆる「予備群」として存在しているといわれています。

とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間にとってはひとつの本能で、それは人が生きていくために必要不可欠なことです。人には生まれつき体脂肪がつきやすい人もいて、これは肥満遺伝子によるものなのですが、このような遺伝子を持っている人は、特に食生活を見直して改善していかなければなりません。運動不足や過食などであまりに脂肪がたまってしまうと、身体には悪いことばかりですから、とにかくそうなる前に予防措置を忘れないようにしましょう。メタボリックシンドロームにならないためにも体脂肪率のチェックが必要です。

日本医療の将来


現在日本はメタボリック対策が国を挙げての急務となっています。医療費は膨らむばかりなのに肝心の財政が安定しておらず、これからは医療費の負担がますます増え大変な状況を迎えるでしょう。アメリカのように医療制度が厳しいものになり、医療負担が増大なものになることはもう近い未来のことです。貧乏人は医者にかかれず自分で治すか死ぬかのどちらかになると言うことです。自己責任の時代がきているのです。

そうならないために、病気になって病院にいくのではなく病気にならない体作りをすることが自分の経済的にも日本の経済的にも最良なことなのです。そのためには日頃の健康対策は欠かせません。人間は日頃の悪しき習慣により日々少しずつ体の変調をきたしていきます。その異常が自分で感じられるようになったときはもうすでに手遅れな状態であると言えるでしょう。

しかし日本の医療機関がそのような予防的な医療にどこまで意識があるかと言うと疑わしい部分があります。その意識の差が大きくまだまだ全体的には遅れていると言ってよいでしょう。国策として取り組むべき最も重要な政策であるにも関わらずいまだにその中心の議論としては不十分なものがあります。自分の身は自分で守るしかないのです。そのためには健康に対する正確な情報を調べ勉強することも大切です。メタボリックな体にならないためにも気にしすぎるくらい自分の体には注意を払いましょう。

Copyright (C) 2008 いびき治療 All Rights Reserved. プライバシーポリシー
<PR>スーパーサプリ スーパージュース 天然水 有機野菜 バイアグラ通販 皮膚科名医 ジェルパッド通販 岩盤浴 ダイエット成功 健康
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ