お知らせ致します!

お子様中学受験
合格
終わらせるために…。

今すぐできること
あります。

 こんにちは。
 私は、ハンドル・ネーム「手砲」と申します。故あって、私個人を特定できる情報をお出しすることは、ご容赦下さい。

 “それはなぜか”…?

 それは、この先を読み進めて頂けると、ご理解頂ける、と思います。

 また、このようなページを作成し、何らかの紹介を致しましたところで、私(手砲)には、一切の報酬は発生致しません。敢えて申せば、全くの“ボランティア”という立場で行わせて頂いております。
 その点だけは、ご了承下さい。


 さて、このページを開けて読んでおられる、ということは、少なからず中学受験(国私立中学受験・公立中高一貫校受験)にご興味をお持ちだと思います。

 いや、もっとはっきりとした動機をお持ちの方も、多いのではないでしょうか?
 …そうです。

 “いかに我が子合格導くか”

 そのことこそが、最大の、そして現在のところ最も強く望んでおられることではないでしょうか?


 …そのために、

 親として、保護者として、最大の、そして親御様・保護者様にしかできないこと

 があります。


 もうおわかり頂けたことと、思います。


 それは、

 お子様にとって最良の指導者を選んで差し上げること

 です。


 そうです。

 お子様の能力を的確に把握し、
 その上で育て上げ
 そして合格するその日まで徹底的に指導してくれる塾

 そんなを、選ぶことです。


 …そんな塾が、あるのだろうか?
 多くの方は、きっとそう思われるのでしょうね。

 そんなが、実はあります。ちゃんと存在します。




 いかがですか? 嘘でも何でもありません。現実に、こんな塾が存在しているのです。

 各学年、既に残りの席数がわずかだそうです。
 基本的に塾長先生が1人で切り盛りしているので、生徒の人数をあまり増やせないそうです。

 くどいようですが、このように紹介致しましたところで、私(手砲)には、何らかの報酬があるわけではございません。報酬は一切頂いてはいないのです。
 そういった立場で紹介させて頂いている…、このことが何を意味しているのか、是非その点をよくお考え頂きたいのです。


 この塾のすごいところは…、

 何と言っても、17年連続塾生全員が合格している。
 中堅校だけではなく、最難関校にも合格している。
 4人に3人(75%;2007年度)の塾生が第一志望校に合格している。
 関西や西日本の有名校だけではなく、関東の有名校にも合格している。
 移籍前の塾では「合格は難しい」とされた志望校に合格している。

 といったところでしょうか。










 それに加えて、さらに…、

 何と! 入塾時学力試験がなく面接のみを実施する。
 何と! 宿題ほとんど出ない
 何と! さらに、わずかに出た宿題も、塾で最後まで教えてくれる
 何と! 問題演習でも、時間無意味に区切らない
 何と! 結果、疲れた表情の生徒が、みるみる生気を取り戻す
 何と! だから、生徒学校行事にも積極的に参加する。
 何と! 途中入塾でも、成績がぐんぐん伸びる

 といったような特徴があります。

 このように、生徒の目線で指導するからこそ、合格実績を積み上げるために狂奔する大人の側の論理で生徒が追い詰められ、結果ストレスを溜め込んでつぶれていく、ということがないのです。






 しかも、この塾の塾長は…、

 過去から現在まで、中学受験での全合格率は99%以上を達成している。
 過去、関東の超有名中学受験塾のS塾やT学園の模試問題を作成していた。
 過去、関東で、中学受験用テキストを作成していた。
 過去、関西でも中堅校から最難関校までを網羅する模試問題を作成していた。
 その関西模試では、有名中学校の入試問題を的中させていた。
 関西では、新聞に載せる有名中学校の入試問題正解を作成している。

 等々、素晴らしい教務力を備えている、“超一流”と呼べる先生なのです。
















 入試的中問題に関しては手書き注釈を付けられていますが、これは入試問題と模試問題の相関性を分析かたがた行って頂いたときのものです。
 ですから、誠に申し訳ありませんが、2007年度入試問題との相関性を示した最新版は、非公開とさせて頂きます。

 上記問題で、「その“すごい塾”の塾長の的中問題(1)はこちら」で参照されている問題などは、今お子様を担当して頂いている先生の“実力”を測るには、格好の問題でしょう。一瞬で“同種の問題で、頻出のもの”と見破って頂きたい問題です。


 その上、この塾の塾長は…、

 上記入試的中問題でも明らかなように、非常にていねいなを書く。
 口調も穏やかで、美しい模範的な言葉づかいで説明する。

 という、生徒の教育上望ましい資質を備えていらっしゃいます。

 そんな塾長先生にお子様を教えて頂ければ、もう“百人力”ではないでしょうか。








 繰り返しますが、このように紹介させて頂いてところで、私(手砲)には何ら報酬はございません。
 けなそうと思えばけなせる立場の人間が、ここまで推薦する理由、その点を、是非お考え下さい。


 もし、今、お子様に次のような悩みがおありでしたら…(是非チェックを入れてみて下さい)。

1.算数編
  算数の成績が今ひとつである。
  計算問題でよく点を落とす。
  計算が遅く、時間内にすべての問題に当たれない。
  計算問題は得点があっても、文章題になると解けない。
  図形問題を解くときに、着眼点がわからない。
  基本的な問題はできても、応用問題になると鉛筆が止まる。
  偏差値60前後が壁になっていて、どうしてもそれより上にはいかない。

2.国語編
  国語の成績が今ひとつである。
  漢字でよく点を落とす。
  文法がまるっきりわかっていないようだ。
  熟語や言葉(和語・外来語)の意味を、覚えていない。
  慣用句やことわざ、故事成語を覚えるのを苦手としている。
  長文内容を聞いてみると、どうもとんちんかんな読解をしているようだ。
  長文読解問題の記述問題が苦手である。

3.理科編
  理科の成績が今ひとつである。
  基礎知識を覚えきれていないようだ。
  植物など、覚えるのが苦手である。
  昆虫や動物の図を気味悪がって、勉強しようとしない(特に女子)。
  水溶液や電流の計算問題が苦手である。
  志望校には記述問題が多く出題されるが、その記述問題が苦手である。
  天体の計算問題、特に外国での観察を出題されると、極端に弱い。
  てんびん・てこ・かっ車・輪じくや動くボール・ふりこなどの計算問題が苦手である。

4.社会編
  社会の成績が今ひとつである。
  基礎的事項を覚えていないようだ。
  地理で地図がからむと、点数が取れなくなる。
  歴史で年号やことがらを覚えるのが苦手なようだ。
  公民の政治や経済を、全く理解していない。
  現在担当して頂いている先生が、偏った知識ばかり教えて、点数が伸びない。
  志望校には記述問題が多く出題されるが、その記述問題が苦手である。
  分野の複合問題になると、極端に弱い。
  時事問題の勉強の仕方がわからない。

5.全般編
  得意科目と不得意科目の差が極端である。
  塾の宿題が多くて、やりきれないまま次の授業に行く。
  塾の宿題が多すぎて、睡眠時間を削られている。
  宿題を機械的にこなしているだけで、本当に実力がついているかどうかがわからない。
  小テストの結果が思わしくなく、本人も相当のプレッシャーを感じているようだ。
  日曜日や祝日も模試や特訓授業があって、休める日がない。
  小学校の担任の先生から、積極的な様子が見られない(授業中寝ている)などの指摘を頂く。
  とにかく疲れている。
  弟や妹、親、祖父母に当り散らす。

 上記のそれぞれの項目で、思い当たる“フシ”が3項目以上ありませんか? あるいは、全体で10項目以上チェックがついていませんか?
 もしそのような状態でしたら、お子様の肉体的及び精神的な健康をも含めて、様々な改善策をご検討頂いた方がよいのではないでしょうか。


 そのときの選択肢の1つして、

 何と言っても、17年連続塾生全員が合格しており、
 しかも、入塾テスト学力テストがなく
 その上、入試問題を的中させた塾長先生が直接指導してくれ、
 塾長先生は、中学受験用テキストを作成していた先生でもあり、
 塾長先生は、中学受験用模試の問題を作成していた先生でもあり、
 塾長先生は、新聞掲載の中学入試問題正解を作成している先生でもある

 塾を選ばれては、いかがでしょうか

 …各学年、既に残席数がわずかだそうです。






 さらに、今から入塾すると…、

 ハイパー算数講座(最難関校向け;小3〜小6対象)
  →通常(塾外生)
3,000円/回,000円/回で受講可能に!


 入試算数予想問題演習講座(小6対象)
  *ファンダメンタルコース(
中堅〜難関校向け;開講中)

    →通常(塾外生)
16,000円/月原則無料で受講可能に!
  *エクセレントコース(最難関校向け;開講予定)
    →通常(塾外生)
16,000円/月(予価)原則無料で受講可能に!


 しかも、小6生は授業中に配布される演習用特別対策プリント無料に!
 その上、小6生年間300時間を超える補習原則無料に!
 さらにさらに、小6生上記以外のオプション講座原則無料に!
 小1〜5生も、授業中配布のオリジナルプリント原則無料に!

 といった“すごい”特典が付いてきます。


 これだけ“すごい”特典が付いて、授業料は、この通り(合わせて、授業内容もご確認されることを、是非お勧め致します)です。



 入塾なさった後には、もう…、

 ◇ 通常授業を理解するための補習費個別指導の授業料 
  →
必要ありません
 ◇ 塾外生との実力差がわからない塾内模試代 
  →
必要ありません(塾外生との競争が可能な一般模試については、実費をご負担頂きます)。
 ◇ “○○志望校講座”“□□分野特訓講座”等の、わけのわからないオプション講座代 
  →
原則必要ありません(合格に必要な講座では、プリントの実費を頂く場合がございます)。
 ◇ 志望校別講座用・特別講座用の特別対策プリント代演習用テキスト代 
  →
原則必要ありません(実費を頂く場合がございます)。

 これらをすべてふくんで、この授業料です。



 現在お通いの塾では、どうですか?

 いつの間にやら、“特訓講座”や“志望校別講座”で、毎月の授業料が“膨れ上がって”いませんか?

 授業料は、原則これだけです。



 しかも…

 これらの“特典”は、“今だけの期間限定”ではなくいつからの入塾に対しても”付いてくる特典です。


 …各学年、既に残席数がわずかだそうです。




 最後に、もう一度、確認致しましょう…。

 何と言っても、17年連続塾生全員が合格している。
 しかも、入塾テスト学力テストがない
 その上、塾長先生は
   1.今までに入試問題数多く的中させ、
   2.過去には中学受験用市販テキスト作成し、
   3.数多くの全国版や超有名進学塾中学受験用模試問題作成し、
   4.新聞(全国紙)掲載用中学入試正解作成する、
   非常に教務力の高い
“超一流”の先生である。
 授業で配布される完全オリジナル特別対策プリントはすべて無料
 ハイパー算数講座は、通常より66%引き1,000円/回で受講可能
 入試算数予想問題演習講座は、
   1.現在開講中のファンダメンタルコース(中堅〜難関校向け)では
     
→通常(塾外生)16,000円/月原則無料で受講可能に!
   2.近日開講予定のエクセレントコース(最難関校向け)では
     →通常(塾外生)16,000円/月(予価)原則無料で受講可能に!
 小6生は、年間300時間超の補習原則無料
 小6生は、さらに、上記以外のオプション講座原則無料

 以上、いかがでしょうか?

 …各学年、既に残席数がわずかだそうです。

 “今”なら(特に小学6年生のお子様がいらっしゃる保護者の方!)まだ“間に合うかもしれません。





 さて、最初の約束ですが…。

 私、「手砲」が正体を明かせない理由を、お話し致しましょう。

 「プロフィール」をご覧になって頂ければ、ほぼご想像がつかれることと思います。

 私自身、塾業界に長くお世話になり、また、転職したとは申せ、現在もこの業界に深く関わっている仕事を行っております。ですから、ネットのような公開された場で、一方的にどなたかやどこかの会社を非難あるいは賞賛することは、望ましい行為ではありません。

 それでも、なお、敢えて取り上げさせて頂いたのは、大手塾の“経営戦略”という名の下に行われている、教育とは別次元での基準の企業行動で、あまりにも多くの生徒達が犠牲になっているのではないか、という懸念をずっと抱いていたからです。

 そういった中で、個人塾にも関わらず、卓越した技術と尊敬すべき規範を持って、“人対人”の教育の原点を守っている方々のお手伝いを何とかできないか、との思いで、今回は踏み切りました。

 冗談ではなく、私が誰か発覚したら、塾業界そのもの、あるいは塾業界と関連している業界から、追放されるかもしれないのです。


 実際、ASK進学教室の常重吉正先生(塾長先生ご本人様)からは、

 「別に無理に宣伝のようなことをせずともよい。今いてくれている生徒達に、全力を尽くしていけば、それで充分だ」

 とのご意見も頂いておりました。


 しかし、私自身、かつてある塾の教室で中学受験コースを担当し、第一志望校合格率70%以上、中学受験コース在籍生全員に対する合格率80%以上は確保できておりました。実質的に1人で仕切っていたこともありますし、関西の全中学受験の合格率平均はほぼ50%ですから、数字としては悪くはない結果だ、とは思います。

 しかし、不合格の生徒が1人出ると、他の生徒が10人合格していても、非常に辛い気持ちになります。結局は私の指導力不足で不合格の憂き目を見させたわけですから、どうしても生徒には申し訳ない気持ちになります。


 そういった経験から、ASK進学教室の常重先生を知ったとき、その驚愕すべき実績に、ただただ息を呑んだことを、覚えております。この方は、尋常じゃない“実力”をお持ちだ…、と実感し、以後、ありがたいことにお付き合いが続いております。

 そして、穏やかに授業をなされ、決して声を荒げることのない、そして罵声(私は結構汚い言葉やきつい言葉を使用しておりました)生徒に浴びせないその指導力に、1つの授業の完成形を見たようにも思ったのです。


 これが、私、「手砲」が、正体を明かせないながらも、ASK進学教室と塾長である常重吉正先生のお手伝いを、わずかながらでもさせて頂きたい、と思っている理由です。

“勝手”に“応援”するサイト
Copyright 2007-2008 All rights reserved by“手砲”
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ