クレジットカードと個人情報

クレジットカード会社は個人情報を大量に保管している会社です。その業務は個人情報なしには成り立たないといってもいいでしょう。そもそもクレジットカード申込書に記載されている内容はすべてが個人情報です。さらに、クレジットカードを利用した履歴や遅れの記録は個人信用情報と呼ばれ、単なる個人情報よりも重要とされ厳重に保管する必要があります。また、クレジットカード番号などの情報も悪用される可能性が高いため同様に厳重に保管することが必要です。

このようにクレジットカードと個人情報は切っても切れない関係にあります。申し込みをする場合には個人情報に関する承諾をしなければ入会することもできません。また個人信用情報機関への個人情報登録も入会する条件となっています。 このサイトではクレジットカードと個人情報に関する情報を提供しています。個人情報に関する知識を身に付けることは、現在クレジットカードを利用する上では重要なことです。個人情報に関するトラブルを避けるためにも正しい知識を身に付けましょう。

クレジットカードと個人情報のコンテンツ抜粋

個人信用情報機関は信販会社、消費者金融業者クレジットカード会社、銀行、リース会社、保証会社など与信業務を行っている会社を加盟会員として、各社の会員情報を収集し提供することで適正な与信業務をサポートしています。また、過剰な与信を押さえることで多重債務者発生の防止をすることも個人信用情報機関の設立目的の一つとなっています。続きはこちらから⇒個人信用情報機関

クレジットカード番号の流出は個人レベルでも会社レベルでも起こりえます。クレジットカードが更新されて新しいカードが届いた場合、有効期限切れのカードを何気なくそのままごみに出すのは危険です。有効期限以外はクレジットカード情報が有効だからです。有効期限も5年単位がほとんどなどですぐに推測されてしまいます。個人レベルとしては特に期限切れカードの廃棄には十分注意しましょう。できればシュレッダーにかけることがベストです。少なくてもはさみで磁気部分や情報部分を細かく裁断することは実行しましょう。続きはこちらから⇒カード番号の流出はどういった場合に起こりますか?

bz[y[W bICXg[W