納得できる住宅を購入するためにも住宅購入に必要な知識を身につけておきましょう

住宅を購入するならば



まずはこんなことに注意して住宅を選びましょう

住宅の購入はほとんどの人にとって一生で1番大きな買い物のはず。

ですから、新築しろ中古物件にしろ、住宅を購入するときには月々支払えるローンの金額や立地条件などをきちんと考えてから購入するようにしましょう。

住宅購入にはどのようなことに注意すべきか、考えてみましょう。

購入金額や月々支払う額

購入にあたっては、住宅ローンを組む人が多いと思いますが、頭金・購入にあたっての諸経費・月々のローン額と支払い終了をいつにするかを決めて支払える額の中から物件を選択しましょう。

・立地条件

子どもがいる人は、通う幼稚園や学校がどのくらい離れているかを調べてください。

住宅の近くに学校があるからと安心していると、学校区が違っていて遠くの学校に通わなければならない場合があります。

また、スーパーや病院、バス停の場所も把握しておきましょう。

・新築か中古か

新築の場合は、シックハウスの問題があります。

家族にアレルギーがある場合は特に注意が必要なので、使用している接着剤など確認が必要です。

中古物件の場合、築年数やリフォームが必要かなどに気をつけて見学してください。

・一戸建てかマンションか

子どもがいる家庭では、下の人に気を使わずにすむ一戸建てやマンションの1階が頭に浮かぶでしょう。

メンテナンスの大変さを考えてマンションを選ぶ場合もあります。

・手間を惜しまない

複数の物件を見る、有利な住宅ローンを探す、複数の不動産屋を回るなど住宅購入には時間と手間が必要です。

長年住む一生物の大切な買い物です。

検討を重ね、じっくり選んで賢い買い物にしましょう。


生命保険 見直し


エステ
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ