虎の巻@通貨偽造罪・ヤングローンのキャンパス ・抗弁権

年金基金の解説

年金基金とは基本的な年金に加えて、上乗せの年金の受給を受けるための積立基金のことです。国民年金基金や厚生年金基金などの公的な年金基金のほか各種の企業年金基金なども存在します。国民年金基金は厚生年金や共済年金の場合、月額20万円以上の支給がされるのに対し国民年金では満額支給でも6万7千円程度であるため、自営業者などを対象に国民年金基金が作られ一定限度まで追加の掛け金を納めることで年金の増額を可能にした制度です。一方、厚生年金などでも更なる受給金額の増額を目指して掛け金を増やした厚生年金基金の制度があり、増加の掛け金を企業が負担し、そのかわりに課税優遇措置を受ける仕組みになっているので、従業員は従来同様の負担で将来受けられる年金額が上乗せされる仕組みになっています。年金基金として積み立てられている巨額の資金が株式市場、債券市場、為替市場などで運用されています。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ