'."\n" ?> スマートフォン入門!

スマートフォンについて

lime.jpg
今までのスマートフォンは欧米で人気がある機能を持っていて日本ではビジネス向けに活用できるようにと開発されてきていました。その結果一部のビジネスマンや一部の興味がある人にしか関心が持たれず、あまり人気が出てこなかったと言う事になります。何となくマニアック的な機能ばかりが付いていたように感じていました。 と言う事は一般ユーザー向けにはスマートフォンは該当せず、全然違う方向に進んでいたと言う事になると思います。 しかし、近年ではスマートフォンの機能を使いたいと言う人も増えて来ている為に、そのニーズに合った機能、合った物を開発して展開していくと言う事も考えられています。普通に音声通話が出来る機能、インターネットが出来る機能、officeのワードやエクセルが使える機能などがあればいいのではないかと思っています。 もちろんその他にもスケジュール機能やカメラ機能、動画、音楽再生機能などありとあらゆる機能を付け、一般ユーザー向けにもビジネス仕様向けにも対応できるスマートフォンの開発が期待できるのではないかと思っています。

スマートフォンが次々と市場へ出てくる理由

スマートフォンは日本では売れ行きが伸びず、成功する事は無いだろうと今までは言われてきましたが、ここ最近日本ではスマートフォンが次々と市場に登場してくるようになりました。

今人気があるスマートフォンはウィルコムから発売されている「W-ZERO3」シリーズで、売れ行きも好調、機能も充実している様です。

またその人気を受けてかNTTドコモからも「W-ZERO3」と同じようなスペックを備えたスマートフォンが発売される事になっています。

何故今スマートフォンの需要がこんなに高まって来ているのでしょうか? 人気が出ているウィルコムの「W-ZERO3」シリーズはシャープより出ているスマートフォンでOSも「Windows Mobile」を使用する等ビジネス面においても使用しやすい機能を備えています。

それに加えてカラーバリエーションを充実させて選択肢を増やしたりデザインも更にスマートにしたりするなど購買意欲を掻き立てる様な感じになり、売れ行きが伸びたと言う背景があるようです。

スマートフォンでカッコよく仕事しよう

ビジネスシーンにおいて、出先でよく感じる不便さとして挙げられる事に「今すぐ社内にあるこの情報が知りたい」「ビジネス用のメールを使って外からでも送受信が行えるようにしたいと思います」等と言ったような事が有ると思います。

こう言った事が出来ないと、出張先にわざわざ資料を印刷して紙ベースで持ち歩く事になったりとか、モバイル用のパソコンを持ち歩く事になったりとかしてどちらにしても重たい物を持ち歩く事になってしまいます。

これってただ持っていけばいいから簡単でしょと思うかもしれませんが、以外と嵩張るし重いしで大変な事なのです。

これが毎日続くようであれば意外とストレスも感じるようになります。

そんな時に便利なのがスマートフォンで、これを使えば社内LANに繋ぐ事も可能ですし、外部メディアなどを使ってスマートフォン内に文書を取り込む事も可能になります。

そうすると重い資料や大きいパソコンをわざわざ持ち出さなくてもスマートに仕事をこなす事が出来るようになると言う事です。

スマートフォンが流行る理由

スマートフォンが今流行り出していると言う現実が有るのを認識しているでしょうか? しかしこの流行りは単なる流行りだけで終わるものではなく、きちんと流行る要素があるのです。

それはサービスの使いやすさと言う物が背景にあると思うのですが、少し前まではアメリカにある携帯電話事業者と言うのは細分化していたようでそれぞれの事業者が展開していたデータ通信のサービスも事業者が小さいと規模も小さくなり充分なサービスが提供出来ない。

これが利益をあまり生むことが出来ない理由になっていたのですが、これを解消するデータ通信サービスがWeb側より提供される事になりました。

それはSNS(social networking service)と言うサイトで、日本ではmixiと言うとイメージしやすいかもしれません。

こう言ったサイトを通して画像や文書を載せる時にアメリカではスマートフォンを良く使っていたようです。

また今iPodは人気があり、これも 「App Store」と言うiTunesを通してiPhoneアプリを販売すると言う仕組みを使っています。

スマートフォンのサービスを利用

今の日本における携帯電話はスマートフォンの様な位置付けにいる携帯電話が多いのですが、実際にはスマートフォンではなくブラウザフォンとしての位置付けになっています。

スマートフォンとは携帯電話機能(通話機能)とパソコン機能を併せ持った携帯電話の事で、通話、インターネット、メール、データ処理等が出来るようになっています。

NTTドコモから提供されているサービスのiモードが正にこれに当たるものだと思いますが、スマートフォンのサービスを利用している物なのです。

今あるブラウザフォンでスマートフォン並みの機能を賄うことが出来るのですからスマートフォンがなかなか普及していかないと言う理由も分かるような気がします。

また、機能としては上記の他にアドレス帳などの個人情報管理機能、スケジュール機能、メモ機能、音楽再生機能、ワンセグ機能、録画機能、カメラ機能など1台携帯があれば何も他には要らないのじゃないかと言う位機能が充実しているのが、日本の携帯電話です。

スマートフォンには今後FeliCaの様な電子財布機能を持たせるなどの構想も練られているようです。

スマートフォンとミニノート

モバイル用のパソコンとして仕事で使うとしたら今、かなり売れている「ミニノート」と携帯電話の「スマートフォン」、どちらがいいのでしょうか?色々比較してみたいと思います。

ミニノートは解像度や液晶サイズがスマートフォンよい良い為に一見キレイさで言ったら良いのですが、縦方向の解像度が少ない事に加え、Webブラウザにあるツールバーなども表示されている為に肝心の表示部分に関しては狭くて見辛いと言った難点があります。

全画面表示できるように設定するとか、画面を縮小表示するなどと見やすいように使うと言う工夫が必要です。

スマートフォンはミニノートに比べて液晶のサイズも解像度も劣りますが、サイトを全画面縮小表示している為に見やすさだけで言ったらスマートフォンの方が良いと思います。

また、スマートフォンでは見たい場所をピンポイントで拡大表示が出来る為に更に便利になっています。

これが便利な端末はソフトバンクより出ている「iPhone 3G」です。

画面にはサイトが縮小表示されて見やすく、画面にタッチする事で拡大も縮小もスクロールも出来ると言う点も優れています。

bz[y[W bICXg[W