結婚式 マナー

TOP

結婚式の作法・・・招待状、結婚式のマナー、結婚祝などについて・・・・
結婚式のマナーや礼儀について

結婚式のマナーと礼儀を知る

結婚式のマナーに関するサイト

結婚式 マナー




結婚式・・・新郎新婦の二人が、新しい門出を迎える、素晴らしい儀式です。

結婚式のマナーについて

新郎新婦のちょっとはにかんだ笑顔や、両親・親族の嬉しそうな顔をみるだけでも、幸せな気持ちになります。




結婚式に出席するたびに、「幸せな」気持ちになる自分がいます。




最近出席させてもらう機会があったのですが、その席でも楽しく、和やかな雰囲気で、素晴らしい結婚式でした。




ですが、結婚式を楽しむ際の、注意点があるのです・・・。




実は、その注意するべき内容とは・・・。




実は、その注意点とは・・・・そう、結婚式のマナーです。




結婚式に招待されているのは、あなた一人ではないはずです。両親、親族・・・。




結婚式にもマナーはあります。もちろんテーブルマナーだってその一つ。




結婚式のマナーっていったって、、、、そんな人もいることでしょう。特に、結婚式に始めて招待された、なんていう人はそう思うかもしれません。実際に、私も最初のときはそうでした。




でも、そんなに気にすることはありません。別に皇太子の結婚式に招待される、っていうわけでもありませんよね?結婚式のマナーといったって、ほとんど常識の範囲内です!




さあ、結婚式のマナーを一通り身につけて、恥ずかしくない社会人として結婚式にのぞみましょう!




結婚式 招待状をもらったときは?



結婚式の招待状に関しても、色々とマナーがあります。そのうちでも、最初に注意したい、というマナーがあります。




最初に気をつけるべきマナーとは、あなたはなんとなくでもわかるでしょうか?




それは、「返事はなるべく早くに書く」ということです。




できれば3日以内、可能であればその日のうちに、がベストです。




その理由は色々あります。


その答えは明白です。


なぜなら、たとえば引き出物一つとってみても、その人数がわからなければ用意できない、という理由もありますし、何より、主催者としてはどれくらいの人が参加してくれるんだろうか?といったワクワク感などもあるからです。




ところで、返信用ハガキを出すときは、一言おめでとう!の言葉と、文字は丁寧に!これも大切なことです。



結婚式のマナーリンクサイト


結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー結婚式 マナー

結婚式 マナー

結婚式 マナー

愛する二人の結婚式に招待される・・・とても素晴らしいですよね。


素晴らしい二人、親族、友人に囲まれた新郎新婦・・。ステキな気持ちになってしまいますよね。


そうなんです。私は結婚式が大好きです。新郎新婦や親類の笑顔をみると、とても嬉しい気持ちになって・・・。


この間出席させていただいた結婚式でも、やはり楽しい時間をすごすことができました。


これほど幸せな結婚式を、全てぶちこわしてしまう、という恐ろしい注意点があります。


さあ、その注意点とは一体何なのでしょう・・・・。


そう、その答えは、結婚式のマナーなのです。


なぜなら、結婚式には様々な立場の人がやってきます。


結婚式にもマナーはあります。もちろん、テーブルマナーだってその一つ。


結婚式のマナーが大切なのはわかるけど・・・。肝心のその結婚式のマナーがよくわからないんだけど・・・。なんて、人もいるかもしれませんね。


でも、そんなに気にすることはありません。別に、皇太子の結婚式に招待される、っていうわけでもありませんよね?結婚式のマナーといったって、ほとんど常識の範囲内です!


今から、結婚式のマナーについて身につけてゆきましょう。


結婚式の招待状に関するマナー


結婚式の招待状といえば、書きかたなどにも色々なマナーがあることはご存知かと思いますが、まず、その前に注意するべきマナーがあるはずです。


それは一体何か、あなたはご存知でしょうか?


それは、「返事はなるべく早くに書く」ということです。


期日ギリギリになるまで返信しない、という人もいますが、これはマナー違反です。可能なかぎり早くに返事を書いてあげましょう。できればその日のうちに。無理であれば、三日以内、最低一週間以内、というところでしょうか。


この早くだす、ということがポイントなのですが、その理由は何でしょうか。


その答えは明白です。

なぜなら、引き出物の数をそろえる、といったこと一つにしても、また、料理を何人分用意するのか、といったことを会場側に連絡するにしろ、やはり正確な人数の把握が求められているからです。


ところで、返信用ハガキを出すときは、一言おめでとう!の言葉と、文字は丁寧に!これも大切なことです。


出欠の確認が、現時点では答えられないときの対処法。


この場合は、なるべく早くに電話などで、「いつごろまでにはわかると思う」ということを主催者側に伝えましょう。


先方にも準備というものがありますので、結婚式の直前にならないと出欠が分からないのであれば、まず今回は欠席しておく、という選択を選ぶのもよいかもしれませんね。


欠席するときはどうする?


ハガキに「欠席」として返送する・・・もちろん、それでよいのですが、それだけでは失礼にあたります。マナー違反、とまではいかずとも、やはり礼を欠くことになるのです。


それでは、どうしたらよいのでしょう。


それは、式の当日には、祝電や、郵便局のレタックスなどを利用して、式場に祝福の言葉を届ける、ということです。これは、招待してくれた二人への感謝の気持ちを表す意味もこめて、やはり最低限おこなっておきたいことでしょう。


そして、出席の時とは違い、即日に「欠席」などとして返送するのはやめましょう。数日ほど間をあけてから出したほうがよいと思われます。


結婚祝を贈ろう


マナーとして、欠席する場合も結婚の御祝を渡す、ということが大切です。


一万円くらいのお金を包んで渡す人も多いようです。また、これは品物でもかまいません。これも、金額は一万円くらいでしょう。


また、結婚式当日に贈るのはもちろんNGです。式の一週間くらい前に、新郎(または新婦)の手元に届くようにしましょう。


結婚式当日、急な予定が入って出席できない場合の対処法


この場合は、なるべく早くに電話などで、即座に主催者に連絡をいれます。また、つながらない場合は家族、あるいは式場などに早急に連絡をいれることです。


また、可能であれば会場への祝電だけでも贈りましょう。欠席のことはふれず、二人を祝福する内容にとどめます。後日、欠席のお詫びを忘れてはいけません。また、身内の不幸、弔事と重なって欠席するのであれば、仕事や出張などといった理由にして、弔事であることは伝えないようにするのが普通です。


結婚祝の基礎知識


結婚祝は、祝儀を式場の受付で渡します。また、事前に自宅へと持参するというのであれば、式の始まる一週間くらい前の吉日を選び、持参する、というのがよいとされています。昔は、こういったスタイルが一般的にとられていたようです。


また、ご祝儀で渡さずに結婚祝を物品で渡すのであれば、結婚式の一週間くらい前の吉日を選んで自宅へ持参します。そして、式の受付では、御祝を渡しました・・・と伝えてから式場へはいります。


ご祝儀ってどれくらい包むの?お金のマナー


用意するお金は、新札です。ピンピンのものがよいです。また、包む金額については、三万円が基本です。二万円などは割れるために、不吉な数字を連想させ、めでたい席では用いられません。


また、ご祝儀の金額の考え方として、一般的にいわれているのが「食事代に御祝の気持ちをプラスしたもの」であるといわれています。同僚や友人の式であれば、やはり三万円くらいが一般的なものでしょう。


しかし、それでも祝儀の相場が気になる・・・こんな場合はどうすればよいのでしょうか?


そんな時の対処法として、同じ式に出席する人に素直に「どれくらい包むつもりなの?」と聞くとよいでしょう。


一般的には、同僚友人などは三万円、兄弟なら5〜10万、親類なら3〜5万円といわれています。


祝儀、結婚祝のマナーこんなときはどうするの?


1 夫婦で出席するのですが、御祝金はやはり倍額包むべきですか?

2 子供連れの場合、やはり金額は増やすべきでしょうか?

3 会費制の結婚式に招待されたんだけど、ご祝儀って会費とは別に準備しなくちゃならないの?


1 夫婦二人で五万円くらいです。

2 子連れの場合、席、食事が用意されていれば大人の半分〜八割くらいを包むのが普通です。

3 会費制の場合、ご祝儀や御祝金は必要ありません。


御祝の品物、こういうところには注意しましょう


御祝の品物を贈る時期は、結婚式の招待状を受け取ってからです。招待状を受け取ったら、なるべく早くにします。


また、結婚祝ののしがみをつけましょう。お店などで購入したら簡単に応じてくれると思います。名前を書いてもらい、郵送する場合は手紙も添えることを忘れずに。


結婚祝の落とし穴


次に紹介するものは、結婚祝の品物としてはあまり向いていませんので、贈るのはやめておきましょう。


四という数字は不吉なので、四個セットのカップ、食器などは嫌われる。

れる、という言葉を連想させる刃物類やはさみなどは嫌われる。

壊れるというイメージを連想させる陶器類やガラス製品は嫌われる。



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ