猫の糖尿病




猫の糖尿病について、経験を交えて紹介いたします。但し、猫の糖尿病は原因から症状まで様々なので、このサイトに限らずできるだけ多くの情報を集めることをお勧めいたします。

猫の糖尿病とは?:まずは、猫の糖尿病についておさらい。
原因:「何故うちの子が?」ご自分をお責めになっている方も多いのでは?
初期症状:いつもと違うな?と思ったらすぐ検査を。
ケトアシドーシス:この状態になったら、緊急治療が必要です。
診断:血糖値が高いだけでは糖尿病と診断できないケースもあります。
治療法:インスリン注射が一般的だが、食事療法や経口剤を用いることも。
治療の目標:どの時点を治療のゴールとするのか、お医者さんによって考え方が異なります。
予後:長い闘いになるかもしれないけど、希望を持って治療に励みましょう。



猫の糖尿病とは?

食物が体内で消化、代謝されると、グルコースが産生され、血中を循環する。健康な動物では、このとき膵臓のランゲルハンス島β細胞からインスリンが分泌され、このグルコースからエネルギーが産生される。しかし、インスリンが何らかの原因で分泌されなくなる、若しくはインスリンが効かなくなると、グルコースがエネルギーとして利用できなくなり、グルコースの血中濃度が高くなり、尿にも漏れ出てくる。この状態が「糖尿病」である。

糖尿病は、従来以下の二種類に分類されてきた。

1.インスリン依存型(IDDM):膵臓のランゲルハンス島β細胞の損傷により、インスリンが分泌されなくなるため、一生インスリン注射が必要。
2.インスリン非依存型(NIDDM):インスリンは正常に分泌されているが、他の要因(肥満が一般的)によりインスリンが効かなくなる。インスリン注射が不要なことも多い。

人間の場合、IDDMは一生インスリンを使い続ける必要があるのに対し、NIDDMではダイエットで体重を減らせば血糖値が正常化することもある。これに対し、犬の場合殆どがIDDMで、NIDDMは稀なので、多くは一生インスリンが必要になる。
しかし猫の場合、上記二種類の糖尿病に加えて、一過性糖尿病がある。この場合、ある一定期間インスリンが必要になるが、その後はインスリンが必要なくなる「Remission(離脱)」という状態になる。
尚、完全に離脱は出来なくても、一時的にインスリンが分泌され、インスリン注射が必要なくなる「ハネムーン期」が起こることもある。ハネムーン期は、数日間続いた後すぐにまたインスリンが必要になることが多い。


最近では、人間においても、従来のIDDMの患者でもインスリンが分泌が完全に廃絶されるわけではなく時々インスリン注射が必要なくなる時期も存在し、またNIDDMの患者でもインスリン注射が必要になることもあることから、以下の分類が一般的に用いられるようになってきている。

1.1型糖尿病:膵臓のランゲルハンス島β細胞の損傷により、インスリンが分泌が著しく低下若しくは廃絶した状態。自己の体内にできた抗体がβ細胞を攻撃することによって起こる場合(1A型、自己免疫性)と、抗体が関連しない場合(1B型、特発性)がある。
2.2型糖尿病:膵臓のランゲルハンス島β細胞からインスリンが分泌されてはいるが、分泌能力が低下、若しくは正常に分泌されていても他の要因によりそのインスリンが効かなくなる。

猫の場合、必ずしも人間の分類に当てはまるわけではないが、上記の2型糖尿病に近いケースが多いと言われる。すなわち、β細胞が完全に死滅しているわけではないケースが多いため、早期発見及び適切な治療により改善更には離脱もかなりの確率で期待できる。




原因


「糖尿病」というと、「生活習慣病」「メタボリックシンドローム」など、肥満や運動不足など怠惰な生活が原因で引き起こされるというマイナーなイメージが付きまといます。
周囲から、「何か贅沢なもの食べさせてたんじゃないの?」「家の中だけで飼ってるから運動不足になったんじゃないの?」と心無い言葉を掛けられて傷ついた経験のある方も少なくないはず。
確かに、肥満も一因かもしれませんが、実際は太っていない子も多いです。他に以下の原因も考えられますが、原因が分からないケースも多いようですので、愛猫が糖尿病になったことでご自分を責め過ぎないようにしてください。

ステロイドやワクチンの副作用
この場合、原因となる薬を止める、若しくは副作用の少ないものに変更すれば、インスリン治療なし、若しくは一定期間のインスリン治療で治ることもある。

遺伝、体質
糖尿病になりやすい体質であることが分かったら、他の原因を極力防ぐようにしましょう。

原疾患がある場合
1)
インスリンが効きにくくなり、高血糖を引き起こす疾患としては、膵炎、甲状腺機能亢進症、アクロメガリー、クッシング症候群(猫では稀)、歯周病などがある。これらの疾患が原因となっている場合は、原疾患の発見、治療が大切。

心因性のもの(ストレス、トラウマ、悲しみ)
環境の変化、身近な人や動物の死、別れなどが引き金になって糖尿病を起こすこともある。2)

食生活
炭水化物、特に穀類を多く含むペットフードが原因とする説もある。特にドライフードには炭水化物含量が多い。

その他
去勢オス猫に多いという説もある。3)

猫は、興奮すると血糖値が200-300mg/dLまで簡単に上がってしまいます(正常値は病院によって異なるが、50-150mg/dLの範囲内)。猫は血糖値の上昇に対する耐性が高く、300mg/dLまでなら全く症状も出ないケースも多いです。健康な猫なら、一度上がった血糖値に対し十分なインスリンを膵臓が産生してコントロールすることができるのですが、ストレスの連続等で血糖値の高い状態が続くと、膵臓に負担がかかってしまい、インスリンが枯渇して糖尿病になってしまうことがあります。
沢山愛情を注いで、ストレスを少しでも取り除いてあげることも治療の一環かもしれません。



初期症状

少しでも以下に当てはまる症状があれば、早めに検査することをお勧めします。

ドライフードをあげていないのに水を飲む
猫の祖先はもともと砂漠地帯に生息していたため、水を飲まなくても、獲物から効率よく水分を摂取できるようにできている。
ドライフードなら水分が極端に少ないので水を飲むのも普通だが、ドライフードをあげていないのに一日に何度も水を飲むようになったら、若しくは以前に比べて水を飲む量が増えたら、何らかの病気を疑った方がよい。
他にも水をよく飲むようになる病気には、腎不全、甲状腺機能亢進症等、発見が遅れると怖い病気もあるので、早めに対処することが重要。

トイレの異常(尿量の増加、排便の異常)
血糖値が高くなると、体は過剰な糖を尿として体外に出そうとする。その時水も同時に体外に出るので、その結果多尿多飲となる。トイレの砂の塊が増えた、大きくなったと思われたら注意。更に、トイレの汚れが早いがために粗相してしまう猫もいる。
また、排尿の増加とともに脱水が進み、便秘となるケースもある。
毎日トイレの掃除をするときに、尿や便の状態や量を観察しておくことを習慣づけましょう。

食欲の変化
糖尿病では、食べたものが効率よくエネルギーとして利用されないため、常に空腹感を感じる。「よく食べるから健康」思われがちだが、食欲が急に増えた場合や、嗜好が変化して今まで食べなかったものを喜んで食べるようになった場合は注意。
逆に糖尿病の猫が、食欲が全く無くなった、嘔吐するようになった場合は、
ケトアシドーシスまで病状が進んでいる可能性もあるので、早急に対応する必要がある。

痩せてくる
糖尿病というと、太っている人や動物がなるイメージが強いが、一度糖尿病になってしまうと、食べ物がエネルギーに変換されなくなるため体は痩せてくる。最近よく食べて、ダイエットもさせていないのに、痩せてきたと思われたら、早めに診察を。但し、アクロメガリー等の原疾患がある場合は逆に太ってくることもある。

歩き方(特に後ろ足の動き)がおかしい
高血糖によって神経障害が起こると、後ろ足の踵を床に付いて歩いたり、後ろ足を引き摺って歩いたりすることもある。

その他
毛艶が最近あまりよくない、ヒゲが枝毛になっているなどよく食べているはずなのに栄養失調の兆候が見られたら、また、寝る時間が増えた、目脂が多くなった等、些細なことでも異変に気がついたら早めに検査を受けましょう。
本サイトの闘病記の第一章:最初の兆候もご参照ください。

糖尿病性神経症の猫(字幕作成 by まま、オリジナル作成者の許可を得ております。)






ケトアシドーシス4)

糖尿病で糖をエネルギーとして利用できない状態が続くと、体は体脂肪を分解してエネルギーを産み出そうとする。体脂肪が分解されると、アセト酢酸、アセトン、3−ヒドロキシ酪酸等、「ケトン体」と呼ばれる物質が発生する。これらの物質は、通常ごく少量が筋肉や脳のエネルギー源となり、腎臓から尿として排泄される。これらの物質が多くなると、尿にも多く排泄されるようになり、「ケトン尿」となる。そして、腎臓の処理能力の限界を超えて体内に溜まると、これらの物質は酸性なので、体は酸性に傾き、「ケトアシドーシス」という状態になる。
体が酸性化すると、体内の電解質バランスが崩れ、臓器や神経にダメージが起き、急速に病状が進行するので、緊急に治療を行わないと命に関わる。
治療は、脱水症状に対して輸液を行い、短時間作用型のインスリンで血糖値をコントロールしながらこれらの電解質バランスを是正することを目標に行われるが、成功率は60-70%といわれている。なるべく成功率の高い治療プロトコルを有する専門医の下で治療を行うことを勧める。

ケトアシドーシスの原因

高血糖状態の持続:糖尿病の発見の遅れ、インスリン用量不足等
感染症
心理的ストレス
合併症

ケトアシドーシスの症状

食欲不振、嘔吐:糖尿病で食欲旺盛だった猫が急に食べなくなったら要注意。
脱水:脱水している猫の皮膚は、つまんでひねってみたとき、戻りが悪い。
呼吸が荒くなる:二酸化炭素を体外に排出して体のpHをコントロールしようとする結果、呼吸が荒くなる。
ケトン臭:息や尿からマニキュア落としのような臭いがすることもある。
昏睡:神経系が侵されると、意識が朦朧とし、昏睡状態に陥る。

猫の糖尿病の初期症状はわかりにくいことが多いので、この状態になって初めて病院に連れて行かれるケースが多いようです。猫がまだ意識がしっかりし、水も飲めるようなら、治療も比較的簡単に済み、成功率も高いので、少しでもおかしいなと思ったらすぐ検査できるよう、尿検査キットを常備しておくとよいでしょう。



診断

上記「原因」の項にも記載したとおり、猫は興奮しただけで一時的に血糖値が上昇してしまうため、一度血糖値を測定したのみでは糖尿病とは診断できない。
似たような症状を示す病気との識別、及び原疾患や合併症がないかどうか調べるため、以下の検査が行われる。

視診、触診
まずは、全体的な健康状態のチェック。内臓の大きさ、形、腫瘍の有無等も手で触ってわかる。これだけでは糖尿病はわからないが、合併症を見つけるために重要。

体重測定
糖尿病になると、猫は痩せてくる。故意にダイエットをさせたわけでもないのに体重が減ってきたら要注意。

血液検査
血糖値が標準値(病院によって基準が異なる)より高ければ糖尿病を疑うが一度だけの血糖値測定だけでは判断できないこともある。
これに対し、フルクトサミン値は過去1-2週間の平均血糖値を示すので、一時的な高血糖か否かを確認する指標となる。

尿検査
上記血液検査で血糖値が高く、尿にも糖が検出されれば糖尿病の可能性が高い。但し、一時的な興奮状態でも尿糖が出ることがある。
尿にケトンが検出されたら、上記のケトアシドーシスが起きている可能性が高いので、緊急治療が必要。

上記検査に加えて、以下の検査も行われることがある。

微生物検査
糖尿病の猫は感染症を起こしやすいので、血液や尿のサンプルを培養させ、感染症の有無を確認する。

X線検査
臓器の腫瘍、病変を見る。

超音波検査
各臓器の内部構造の詳細まで見ることができる。




治療法

食事療法
糖尿病の食事」参照。初期の場合は食事を改善するだけで血糖値が正常に戻ることもある。

経口剤
膵臓に作用してインスリンの分泌を促進させる錠剤。あまり重症でない猫の場合、膵臓のインスリン産生能力が少しでも残っていることを期待して、最初に経口剤での治療が行われることもある。
膵臓のインスリン産生能力が全く失われてしまった猫には無効。
用量決定の困難さが少なくて済むが、低血糖、胃腸障害等の副作用の可能性がある。また、長期使用すると膵臓に負担がかかり却って糖尿病を悪化させる懸念もある。
(因みにうちの子には合いませんでした。(闘病記の第二章第三章参照))

インスリン
糖尿病の状態、効果の出具合、及び猫と飼い主のライフスタイル等により、最適と思われるインスリンが選ばれる。
猫の食事の取り方は気まぐれなため、食事時間を気にせずに使える長時間作用型のものが好まれる。
まず、入院若しくは通院により、数日間掛けて適用量の決定が行われ、あとは自宅で皮下注射を続けるのが一般的だが、通常はこれだけでは最適用量が決定せず、血糖値が安定するまで定期的に通院する必要がある。
猫へのストレス軽減及び経費を節約するため、自宅で検査を行って結果を担当医に見てもらうという方法もあるので、担当医と相談してみることを勧める。
用量が少な過ぎれば糖尿病が改善されず、合併症を起こしてしまう可能性、用量が多過ぎれば低血糖等の危険性がある。




治療の目標

臨床症状の改善
尿に糖が検出されなくなり、適正体重が維持され、猫にとって苦痛な多飲多尿等の臨床症状が出なくなることを目標とする。家庭での治療では、長時間作用型若しくは持続作用型のインスリンを一日二回注射するのが基本である。血糖値は、基本的に下図のようなカーブを示す。

(朝7時にインスリンを注射した場合)

通常、猫は高血糖に対する閾値が高く、血糖値が300mg/dL程度あっても症状が全く出ない場合も多いが、特に飼い主のライフスタイルや猫の性格上自宅で血糖値測定が出来ない場合、多くの獣医は低血糖やリバウンドの危険性を防ぐため、標準よりも高めの値で、尚且つ糖尿病の症状が出ない範囲に血糖値を維持することを勧める。但しこの場合一生インスリンを用いてコントロールを続けることが必要になることが殆どである。


タイトレギュレーション
上記の臨床症状の改善に加え、血糖値を正常値(病院によって異なるが、50-150mg/dLの範囲)まで持っていくことを目標とする。
臨床症状は出なくても、正常範囲より高い血糖値が続くと膵臓への負担が積み重なり、インスリンを産生する能力が失われていくのに対し、タイトレギュレーションにより正常値が維持されると膵臓が自己再生する確率が高くなるので、最終的には離脱できる可能性が高まる。
但し自分で血糖値を測定しながらインスリンの用量を調整することが条件。
治療の進め方は獣医によって異なるが、以下のパターンがある。

1.少なめのインスリン用量から徐々に体を慣らし、最初は高い範囲で血糖値を安定させ、安定したら用量を増やしていく。用量を変更すると血糖値がリバウンドして一時的に高くなることもあるが、安定するまで待ち、また更に用量を増やす。この過程を繰り返し、最終的には正常範囲で血糖値が変動するまで続ける。
ランタスのように、皮下に一度蓄積されて徐々に作用を表す持続作用型のインスリンでは、作用がいつ顕著に表れるか予測が難しいので、この方法が向いている。
欠点は、初期の血糖値が高い状態のときにケトアシドーシス等の合併症を起こしてしまう危険性があること。


2.いきなり多目のインスリン用量から開始し、一気に血糖値を下げる。血糖値がリバウンドしそうになったら更にインスリンを与え、猫の体を正常な血糖値に強制的に慣れさせる。
PZIなど、作用のピークや持続時間がはっきりしたインスリン向き。
低血糖を起こす可能性もあり、またインスリン投与時間も不規則になるので、できれば一日を通して猫の状態を監視できる環境が必要。





予後

アメリカのペットの糖尿病関連のサイトを検索すると、よく「Diabetes is not a death sentence(糖尿病は死の宣告ではない)」というフレーズを見かけますが、「死の宣告」などとんでもないです。
確かに糖尿病は簡単に治る病気ではないし、一生インスリンによる血糖値コントロールが必要になるケースが大部分です。
インスリンの適量決定は、長い道のりで根気の要る作業です。その間に用量が少なすぎて血糖値が全く下がらなかったり、逆に用量が多過ぎて低血糖発作を起こしたりなど様々な問題に直面するかもしれません。
しかし、インスリンの適量が決定し、血糖値がうまくコントロールできるようになれば、猫は健康な猫と変わりなく元気に生活できるようになります。
実際、糖尿病と診断され、一時はケトアシドーシスまで発症して危篤状態になっても、その後元気に何年も生きている猫は沢山います。
更には、猫の糖尿病には一過性のケースもあり、ある一定期間の治療を経て完全に治ってしまうケースもあります。
今まで、一過性糖尿病はごく稀だといわれてきましたが、最近ではインスリンの種類及びプロトコルによってはかなりの確率で治癒するというデータも出ています。
ですから、飼い主さんには是非希望を持って治療に励んでいただきたいです。
少しでもこのサイトが、糖尿病の猫ちゃん及びその飼い主さんのお役に立つこと、そして一つでも多くの命を救うことができることを願っております。




参考資料

1)
"The 'Hard to Regulate' Pet"
2) Don Hamilton, DVM; Homeopathic Care for Cats and Dogs
3) Advances in the Treatment of Diabetes in Cats, Feline Diabetes
4) Ketoacidosis, Wikia Pet Diabetes




無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ