誇大広告にきをつけよう

誇大広告にきをつけよう

デザイナーや専門職の方など、独自色の強い方が陥りやすいのですが、思い込みが強くて世間の感覚とずれてしまうことがあります。

 

チラシを作っているときも、だんだんとずれていき、気がつけば誇大表現になってしまうこともあります。そこまでいかなくても独りよがりな表現はお客さまに不信感を与えることになり、せっかくチラシを見てきた方が「チラシ通りではない」とがっかりして帰ってしまうかもしれません。

 

そんな時は先にもご説明したとおりポリシーを思い出してください。きっとあなたを正しい方向へ導いてくれます。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ