注釈でクレーマーを眠らせよう

注釈でクレーマーを眠らせよう

チラシの記入ミスや分かりずらい表現でせっかく来ていただいたお客様がクレーマーになってしまうことがあります。

 

ちょっとした油断がおおごとにつながりますので値段や商品名の校正は特に気をつけましょう。

 

また、自分たちは普段使っているので気がつかないが、分かりづらい専門用語などに気が付いたら、文章の脇や下の方に注釈をいれておきましょう。

 

なるべくわかりやすいチラシを作ることがクレーマーを出さない近道です。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ