商品にもっとストーリーを

商品にもっとストーリーを

同じ大きさ・同じ色艶・同じ価格のオレンジが二つ並んでいて、右のオレンジには産地が、左のオレンジには農家のプロフィールと収穫までの苦労話がかいてあるPOPと一緒にうられていました。

 

結論として苦労話のほうが、そのオレンジが持つ独自のストーリーとしてオリジナリティーを確立し、そのまま商品価値の高さとしてお客様に認識され、結果左のオレンジに割安感を創出することができました。

 

また、このように情報開示できる商品を扱うことが、お店の信頼度を高めます。信頼の積み重ねが、お客様に「あのお店の商品なら、大丈夫!」と言わせるお店のブランド力の育成につながるのです。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ