半村良のお買い得情報をご紹介しています。

半村良って通販で買えるの知ってます?           

  
半村良のお買い得情報をご紹介しています。






雨やどり (集英社文庫)

価格:3,780円 新品の出品: 中古品の出品:2,800円
コレクター商品の出品:2,400円
カスタマーレビュー
舞台は新宿裏通りのバー街。「ルヰ」のバーテンダー仙田を主人公に、彼の前を通り過ぎて行く、いろいろな男と女の哀歓漂う人間模様を描き出す連作。直木賞受賞の表題作をはじめ、「おさせ伝説」「ふたり」「新宿の名人」など8編を収録。
講談 碑夜十郎(上) (集英社文庫)

価格:945円 新品の出品: 中古品の出品:410円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
時は天保、ところはお江戸。闇にそびえる巨大な石碑の傍らに正体不明の男が素っ裸で倒れていた。通りかかった美女・お絹が、自分の長屋に連れ帰る。お絹は男に一目惚れ、せっせと面倒を見はじめる。名無しじゃあ困る、ということでつけた名前が碑夜十郎。お絹も正体が定かではないが、なぜか河内山宗俊率いる天保の六歌撰の面々と繋がっていた。悪を憎む男と、世の中に不満を抱く面々が動きはじめる。著者の代表的時代小説。
完本 妖星伝(2)神道の巻・黄道の巻 (祥伝社文庫)

価格:598円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
歴史に退廃と戦乱あれば、陰に必ず異能集団・鬼道衆の存在があった。彼らは今、徳川政権を混乱、腐敗させるため田沼意次の台頭に加担し始めた!折しも全国に蔓延する大飢饉と百姓一揆の数々。この世に地獄を見せるのが目的か――。伝奇文学の最高傑作第二弾!
岬一郎の抵抗 3 (集英社文庫)

価格:790円 新品の出品: 中古品の出品:885円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー
国家権力の介入によって、岬一郎を応援していた町内の人々の心が離れはじめた。確固とした信念のもと、日本政府の呼び出しに応じない岬一郎。最後の理解者で元雑誌編集者の野口志郎とともに、彼は孤独に追いつめられてゆく……。「日本sf大賞」受賞の著者渾身の力作大長編。
2030年東北自治区

価格:1,427円 新品の出品: 中古品の出品:85円
コレクター商品の出品:980円
カスタマーレビュー

日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)

価格:945円 新品の出品:945円 中古品の出品:430円
コレクター商品の出品:8,800円
カスタマーレビュー

講談 碑夜十郎(下) (集英社文庫)

価格:980円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:316円
カスタマーレビュー
権力をカサに賄賂はとるわ、町人の若女房を手ごめにしようと企んだりのやりたい放題が、幕府の上から下まで蔓延していた。いろいろな仕掛けで役人たちと渡り合う夜十郎と河内山たち。少しずつ記憶を取り戻す夜十郎だが、どうやら時代を超え、江戸時代に迷い込んでしまったらしい。そんなところへ“巨人様”と呼ばれる謎の男が出現。夜十郎は生命をかけて謎の男と対峙する。著者の時代sf小説代表作。
フォックス・ウーマン (講談社文庫)

価格:710円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:200円
カスタマーレビュー

石の血脈 (集英社文庫)

価格:980円 新品の出品:980円 中古品の出品:195円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー

巨根伝説(上) (祥伝社文庫)

価格:714円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:180円
カスタマーレビュー
「退屈をまぎらわせて」…大金持ちで絶世の美女・好子の言葉に居合わせた四人の男は、奈良時代の怪僧・道鏡の遺宝探しを思いつく。四人のうちの一人が道鏡の血を引いていたのだ。だが調査を開始した彼らの前に、次々と道鏡の謎が浮かび上がる。そしてついには意外なものが発掘されて…!
わがふるさとは黄泉の国 (1974年) (日本SFノヴェルズ)

価格:1,029円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー

下町探偵局〈PART2〉 (ハルキ文庫)

価格:780円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:200円
カスタマーレビュー

太陽の世界 10 黄金の湖 (角川文庫)

価格:798円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:240円
カスタマーレビュー
諸制度も整い、都市として発達しはじめたラ・ムーに、一組の男女が訪れてきた。牧人の領域から来た武人のトブレと、妻のミルだった。ラ・ムーの少年達の教師としてまねかれたのだ。図抜けた武術の使い手のトブレは、またたく間に、ラ・ムーの人々の信望を得ていった。ところが、トブレの命をつけ狙う、カオ族の三人の男が現われたのだ。彼等はトブレを討ち果たし、武人の長の位置を奪おうとしているのだ。たとえ、卑劣な手段を用いても――。変化の時代をむかえ、ラ・ムーにも、さまざまな風が吹き荒れていった。
産霊山(むすびのやま)秘録 (ハルキ文庫)

価格:1,000円 新品の出品:1,000円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:525円
カスタマーレビュー

太陽の世界 8 悪魔の誕生 (角川文庫)

価格:1,835円 新品の出品: 中古品の出品:600円
コレクター商品の出品:3,800円
カスタマーレビュー
結婚式の始まる寸前、突然姿を消してしまったアルタ・リコきっての美女ヒジ。人々は、ヒジが女神ムーに召され昇天したのだと信じていた。だが、彼女を秘かに恋するコバだけは疑問を抱き、ヒジ探索の旅に出た。ついにコバは、深い森の中、エンギルの湖のそばで幽閉されているヒジを発見した。聖双生児の一人カタ・セムによって連れてこられ、子を生んだ後閉じ込められているというのだ。「ヒジはアムの犠牲にされた……」。コバとヒジの必死の逃亡が開始されたその時、大異変が起こった。森の中に二本の鋭い牙を持つ剣歯虎(ギスハカペラ)が現われ、山は火を噴き、湖からは巨大な首長龍(ナーガアギス)が出現したのだ。しかも地底から、人と呼ぶべきか獣と呼ぶべきか、尾を持った禍々しき“有尾人(バルバル)”さえはいだしてきた

Copyright (C) 2014 半村良って通販で買えるの知ってます? All Rights Reserved.

ナスカ無料ホームページ無料オンラインストレージ