ハコスカ

ハコスカを考える:スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが...

スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。
会社の上層部では日産とプリンスの合併話が進んでいる頃だね。
そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。
箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスの合併した昭和41年頃には既に作られていたそうです。
ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインです。
レースでの50勝記録を持つハコスカGTRに、今までどれくらいの人々が魅了されたことだろう。
ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。
スカイラインの3代目は最も人々を魅了したハコスカです。
あの角ばったスタイルやガンメタの塗装がたまらなく渋い!ハコスカの総販売台数は310,447台。
そのうちGTRはたったの1,945台しかありません。
数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。
これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。
中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にあります。
また、ハコスカ2000GTに外装・内装・エンジンまでもGTRのパーツを付けてGTR仕様としてチューンナップする人も多いね。
販売台数が少ないので、お金を積めば買えるという訳でもないのです。
ハコスカGTRのファンの年代も、20代から70代以上の方までとても幅広い。
まさに万人を魅了するスカイライン。
誰もが一度は乗ってみたい車だよね。
ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。
そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。
エアロダイナルックは効いていたのだろうか?ハコスカの最初のモデルは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。
88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。
ハコスカの最初のモデルに搭載された88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。
それもあってか2か月後には、L20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTシリーズが発売され、L型のハコスカが誕生した。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカとは:ハコスカGTRに搭載されたL型エンジンは、剛性...

ハコスカGTRに搭載されたL型エンジンは、剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなので、チューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。
ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。
ハコスカGTRのこの特徴が、きっと当時のチューンアップを好む方々のハートを鷲掴みにしたんだね。
スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。
会社の上層部では日産とプリンスの合併話が進んでいる頃だね。
そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。
箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスの合併した昭和41年頃には既に作られていたそうです。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカとは:ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレー...

ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんです。
ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。
ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、グレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっている。
スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得です。
ハコスカGTRが1969年に誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。
ハコスカPC10型1800シリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものです。
1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。
ハコスカGTRのPC10型1800シリーズはマイナーチェンジ後、ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。
ハコスカの後期モデルは、2ドアのハードトップ1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)となった。
GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。
ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。
ハコスカの後期モデルは、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車です。
50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。
L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。
L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジン」のLineの「L」を取ってるらしい。
L型エンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカ?:ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレード...

ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんです。
ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。
ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、グレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっている。
スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得です。
ハコスカGTRが1969年に誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。
ハコスカPC10型1800シリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものです。
1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。
ハコスカGTRのPC10型1800シリーズはマイナーチェンジ後、ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。
ハコスカの後期モデルは、2ドアのハードトップ1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)となった。
GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。
ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。
ハコスカの後期モデルは、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車です。
50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。
ハコスカGTRが1969年に誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。
ハコスカPC10型1800シリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものです。
1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。
ハコスカGTRのPC10型1800シリーズはマイナーチェンジ後、ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。
ハコスカの後期モデルは、2ドアのハードトップ1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)となった。
GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。
ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。
ハコスカの後期モデルは、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車です。
50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。
L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。
L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジン」のLineの「L」を取ってるらしい。
L型エンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。
ハコスカと聞いてピンとくる人は30代以上の方だろうか?中でもGTRの名声は健在だよね。
ニッサンの箱型スカイライン2000GT・2000GTR。
心臓部にニッサン全盛期のL型エンジンを搭載した車種なので、チューンアップを好む方々からは絶大な人気だった。
ハコスカGTRの足回りは、四輪独立懸架となっており、その当時では先進の方式を採用していて、この四輪独立懸架の方式こそが、ハコスカをローダウン(当時では「シャコタン」と呼んでいた)した時に、後輪がハの字となり、リヤフェンダーにギリギリまでのタイヤを組んでいたものだった。
よく「ツライチ」と言うよね。
そのドレスアップの方法は今でもよく見かけるが、ハコスカがその先駆けだったのではないだろうか。
ハコスカは、スカイライン2000GTの後に、スカイライン2000GTRが誕生したのだが、GTRは最初からリヤフェンダーにワークスオーバーフェンダーが装着され、エンジンの性能はレーサーそのもので、エンジン音が中速くらいからカン高くなり、アクセルレスポンスは最高の一言。
ハコスカGTRに搭載されたL型エンジンは、剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなので、チューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。
ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカ?:ハコスカGTRに搭載されたL型エンジンは、剛性が...

ハコスカGTRに搭載されたL型エンジンは、剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなので、チューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。
ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。
ハコスカGTRのこの特徴が、きっと当時のチューンアップを好む方々のハートを鷲掴みにしたんだね。
スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。
会社の上層部では日産とプリンスの合併話が進んでいる頃だね。
そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。
箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスの合併した昭和41年頃には既に作られていたそうです。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカとは:レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハ...

レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。
レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。
レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくありません。
ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。
ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだラバーソウルなら、チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。
ハコスカチューニングで有名なラバーソウルは、公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されている。
しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。
恐ろしい。
 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんです。
レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。
ハコスカをレストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ラバーソウルになら安心してお願いできる。
愛車のハコスカをお願いするなら誰しも思う事が、自分のハコスカが一番かっこいい、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。
ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんです。
ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。
ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、グレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっている。
スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得です。
ハコスカGTRが1969年に誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。
ハコスカPC10型1800シリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものです。
1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。
ハコスカGTRのPC10型1800シリーズはマイナーチェンジ後、ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。
ハコスカの後期モデルは、2ドアのハードトップ1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)となった。
GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。
ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。
ハコスカの後期モデルは、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車です。
50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。
ハコスカGTRが1969年に誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。
ハコスカPC10型1800シリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものです。
1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。
ハコスカGTRのPC10型1800シリーズはマイナーチェンジ後、ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。
ハコスカの後期モデルは、2ドアのハードトップ1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)となった。
GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。
ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。
ハコスカの後期モデルは、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車です。
50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。
L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。
L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジン」のLineの「L」を取ってるらしい。
L型エンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカについて:ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるス...

ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインです。
レースでの50勝記録を持つハコスカGTRに、今までどれくらいの人々が魅了されたことだろう。
ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。
スカイラインの3代目は最も人々を魅了したハコスカです。
あの角ばったスタイルやガンメタの塗装がたまらなく渋い!ハコスカの総販売台数は310,447台。
そのうちGTRはたったの1,945台しかありません。
数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。
これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。
中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にあります。
また、ハコスカ2000GTに外装・内装・エンジンまでもGTRのパーツを付けてGTR仕様としてチューンナップする人も多いね。
販売台数が少ないので、お金を積めば買えるという訳でもないのです。
ハコスカGTRのファンの年代も、20代から70代以上の方までとても幅広い。
まさに万人を魅了するスカイライン。
誰もが一度は乗ってみたい車だよね。
ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。
そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。
エアロダイナルックは効いていたのだろうか?ハコスカの最初のモデルは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。
88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。
ハコスカの最初のモデルに搭載された88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。
それもあってか2か月後には、L20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTシリーズが発売され、L型のハコスカが誕生した。
ハコスカGTRは、名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成した<。
ハコスカGTRの台数は少なく今ではGTR仕様というハコスカの方が多いくらいです。
そしてチューニングを好むマニアは、エンジンを載せ替えてパワーをさらに絞りだすという方向がとても多い。
L型エンジンはシリンダーブロックの剛性が高く、チューニングのベースエンジンとして高いポテンシャルを持っていることで人気となった。
L型エンジンは当初、セドリックのみに搭載されていたエンジンだが、C10型の登場の2カ月後にL20を搭載した2000GTが登場します。
 そのL型エンジンは年々と排気量を大きくしたモデルが登場し、1969年にL24型が登場。
そして海外輸出用にL26型が登場し、そして1975年に最大排気量を誇るL28が誕生した。
この大排気量エンジンをさらにボアアップして3.1リッターへと改造する人も少なくありません。
ハコスカGTRへ、現在よく知られているRB26エンジンを搭載してチューニングする人も多い。
外見はハコスカ。
その心臓部は最新のGTRエンジン。
しかし言葉では簡単に言えてもそれを実際にやってのけるのは至難の業だろう。
エンジンに合わせたトータルバランスを考えなくてはいけないから。
ハコスカGTRのコンプリートカーの値段は500万を超えるものもしばしば。
だが、そうまでしてこだわるというのは、やはりハコスカGTRという車がそこまだる価値のある車という事なのだろうね。
ハコスカGTRは、名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成した<。
ハコスカGTRの台数は少なく今ではGTR仕様というハコスカの方が多いくらいです。
そしてチューニングを好むマニアは、エンジンを載せ替えてパワーをさらに絞りだすという方向がとても多い。
L型エンジンはシリンダーブロックの剛性が高く、チューニングのベースエンジンとして高いポテンシャルを持っていることで人気となった。
L型エンジンは当初、セドリックのみに搭載されていたエンジンだが、C10型の登場の2カ月後にL20を搭載した2000GTが登場します。
 そのL型エンジンは年々と排気量を大きくしたモデルが登場し、1969年にL24型が登場。
そして海外輸出用にL26型が登場し、そして1975年に最大排気量を誇るL28が誕生した。
この大排気量エンジンをさらにボアアップして3.1リッターへと改造する人も少なくありません。
ハコスカGTRへ、現在よく知られているRB26エンジンを搭載してチューニングする人も多い。
外見はハコスカ。
その心臓部は最新のGTRエンジン。
しかし言葉では簡単に言えてもそれを実際にやってのけるのは至難の業だろう。
エンジンに合わせたトータルバランスを考えなくてはいけないから。
ハコスカGTRのコンプリートカーの値段は500万を超えるものもしばしば。
だが、そうまでしてこだわるというのは、やはりハコスカGTRという車がそこまだる価値のある車という事なのだろうね。
スカイライン<が日本の名車となった第一号のハコスカGTRは44年に発売開始となった。
少し前に発売されていた、あのトヨタの2000GTよりも10馬力も超えた160馬力をたたき出すS20型エンジンを搭載して4ドアでの誕生だった。
そして国内のカーレースで不動の地位を確立した50勝中の半分以上を稼いだのは、この4ドアのスカイラインGTRなのだった。
スカイラインは硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。
ハコスカは、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんです。
3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。
 45年式には2ドアモデルが追加されて、グリルは縦じまになった。
実はハコスカは毎年着替えててかなりオシャレな車だったりするんです。
ハコスカと言えば、スカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きです。
ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからです。
ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。
ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。
最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。
特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。
ハコスカGTRの頃の日産は1年ごとにマイナーチェンジをしていた。
当時のスカイラインに対する意気込みを感じるね。
しかし、パーツが細かく分かれてしまい、生産年数も短いことからパーツはとても少なくて今では手に入らないものが多いというのが残念です。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカ情報:ハコスカと言えば、スカイラインC10系のことを...

ハコスカと言えば、スカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きです。
ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからです。
ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。
ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。
最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。
特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。
ハコスカGTRの頃の日産は1年ごとにマイナーチェンジをしていた。
当時のスカイラインに対する意気込みを感じるね。
しかし、パーツが細かく分かれてしまい、生産年数も短いことからパーツはとても少なくて今では手に入らないものが多いというのが残念です。
レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。
レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。
レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくありません。
ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。
ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだラバーソウルなら、チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。
ハコスカチューニングで有名なラバーソウルは、公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されている。
しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。
恐ろしい。
 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんです。
レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。
ハコスカをレストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ラバーソウルになら安心してお願いできる。
愛車のハコスカをお願いするなら誰しも思う事が、自分のハコスカが一番かっこいい、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。
ハコスカに搭載されていたエンジンは年式・グレードによって様々だが、スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンなんです。
ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンだった。
ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、グレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっている。
スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得です。
ハコスカGTRが1969年に誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。
ハコスカPC10型1800シリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものです。
1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。
ハコスカGTRのPC10型1800シリーズはマイナーチェンジ後、ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。
ハコスカの後期モデルは、2ドアのハードトップ1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)となった。
GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。
ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。
ハコスカの後期モデルは、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車です。
50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。
ハコスカGTRが1969年に誕生してから、同じ月にPC10型1800シリーズのハコスカも追加された。
ハコスカPC10型1800シリーズは、ローレルに先行搭載されていたプリンス系の直列4気筒OHC(オーバー・ヘッド・カムシャフト)1800ccのG18型をハコスカに移植したものです。
1800スポーティデラックスにGTの装備を加えた「スポーティS」というグレードも設定されたが、こちらもエンジンはシングルキャブのままだった。
ハコスカGTRのPC10型1800シリーズはマイナーチェンジ後、ハコスカの前期モデルの人気のスタイルだった「ワンピースグリル」となった。
ハコスカの後期モデルは、2ドアのハードトップ1800シリーズ(KPC10型)、さらに2000GTシリーズ(KGC10型)となった。
GTRはセダンからハードトップ(KPGC10型)へ変更された。
ハードトップはセダンに対してホイールベースを70mm短縮したことによって運動性能も向上した。
ハコスカの後期モデルは、負ければニュースになるとまで騒がれていたGTR黄金時代を築いた名車です。
50勝目の栄冠を勝ち取った車「GTR」としてさらに有名になり、ハコスカ(箱型スカイライン)という通称もすっかり定着していた。
L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンだよね。
L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジン」のLineの「L」を取ってるらしい。
L型エンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていた。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカ?:ハコスカGTRは、名機S20エンジンを搭載してレ...

ハコスカGTRは、名機S20エンジンを搭載してレースにおいて敵なしの状態となり、50勝という偉業を達成した<。
ハコスカGTRの台数は少なく今ではGTR仕様というハコスカの方が多いくらいです。
そしてチューニングを好むマニアは、エンジンを載せ替えてパワーをさらに絞りだすという方向がとても多い。
L型エンジンはシリンダーブロックの剛性が高く、チューニングのベースエンジンとして高いポテンシャルを持っていることで人気となった。
L型エンジンは当初、セドリックのみに搭載されていたエンジンだが、C10型の登場の2カ月後にL20を搭載した2000GTが登場します。
 そのL型エンジンは年々と排気量を大きくしたモデルが登場し、1969年にL24型が登場。
そして海外輸出用にL26型が登場し、そして1975年に最大排気量を誇るL28が誕生した。
この大排気量エンジンをさらにボアアップして3.1リッターへと改造する人も少なくありません。
ハコスカGTRへ、現在よく知られているRB26エンジンを搭載してチューニングする人も多い。
外見はハコスカ。
その心臓部は最新のGTRエンジン。
しかし言葉では簡単に言えてもそれを実際にやってのけるのは至難の業だろう。
エンジンに合わせたトータルバランスを考えなくてはいけないから。
ハコスカGTRのコンプリートカーの値段は500万を超えるものもしばしば。
だが、そうまでしてこだわるというのは、やはりハコスカGTRという車がそこまだる価値のある車という事なのだろうね。
ハコスカは高速道の整備を考慮したエアロダイナルックと呼ばれるボディーデザインがとても斬新だった。
そうは言っても、ハコスカは時速100km/hを超えてくるととんでもない風切り音がしたんだが…。
エアロダイナルックは効いていたのだろうか?ハコスカの最初のモデルは1500シリーズからの発売で、プリンス系のG15型のエンジンはたった88馬力だった。
88馬力と言えば、昔のS57型のモデルが2台で砂浜を走り回ってくるくる回りながらエンジンの出力の88の文字を書いていく面白いスカイラインのCMがあったね。
ハコスカの最初のモデルに搭載された88馬力のエンジンではユーザーから物足りないと言われてた。
それもあってか2か月後には、L20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTシリーズが発売され、L型のハコスカが誕生した。
スカイライン<が日本の名車となった第一号のハコスカGTRは44年に発売開始となった。
少し前に発売されていた、あのトヨタの2000GTよりも10馬力も超えた160馬力をたたき出すS20型エンジンを搭載して4ドアでの誕生だった。
そして国内のカーレースで不動の地位を確立した50勝中の半分以上を稼いだのは、この4ドアのスカイラインGTRなのだった。
スカイラインは硬派なレース界で着実に活躍しながらも、テレビCMでは「愛のスカイライン」とキャンペーンをして、斬新なCMで販売台数ものばしていた。
ハコスカは、43年型にはライトの間にレンズが入っていたり、ヒゲがついていたりととてもこだわったデザインなんです。
3ピースだったハコスカのグリルが44年には1ピースになり、少し変わった。
 45年式には2ドアモデルが追加されて、グリルは縦じまになった。
実はハコスカは毎年着替えててかなりオシャレな車だったりするんです。
ハコスカと言えば、スカイラインC10系のことを言うが、皆さんはハコスカについてどんなイメージがあるだろうか?私はスカイラインシリーズの中でも、ケンメリスカイラインやその後のスカイラインに比べると、圧倒的にこのハコスカシリーズが好きです。
ハコスカのシンプルなスタイルとハイスペックなエンジン、そして軽めのボディで軽快な走りが楽しめるからです。
ハコスカの後のケンメリはCMも素敵だったし、スタイルもオシャレにはなったが、ハコスカに比べて重量が重くなってしまったので、走りを楽しむという点ではハコスカの方が上だったね。
ハコスカの魅力は、やはりレーシングカーのようなスタートダッシュだろう。
最高速度としては、後から出たスカイラインシリーズの方がエンジンも新しくなってくるので早いだろうが、体感速度としての速さはやっぱりハコスカが1番だね。
特にエンジンのレスポンスは特別なものだった。
ハコスカGTRの頃の日産は1年ごとにマイナーチェンジをしていた。
当時のスカイラインに対する意気込みを感じるね。
しかし、パーツが細かく分かれてしまい、生産年数も短いことからパーツはとても少なくて今では手に入らないものが多いというのが残念です。
レストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はもう作られていない車だから、レストアパーツもかなりのレアものとなっている。
レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取りを使うことだって多いからね。
レストアするための部品も手に入りにくいわけだから完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も少なくありません。
ハコスカのチューニングといえば「ラバーソウル」だろう。
ハコスカ・ケンメリを中心にS30Zや、その当時のスポーツカーを手掛けていて、ラバーソウルオリジナルパーツも開発して販売しているんだラバーソウルなら、チューニングもエンジン・ミッション・足廻り・ボディーの補強までなんでもOK!レーシングカーの製作が大得意ということで、ラバーソウルは日本各地にお客さんがいるというほど。
ハコスカチューニングで有名なラバーソウルは、公式のクラシックカーレースに古くから参戦しているということもあり、技術もかなり洗練されている。
しかも、日本で唯一のハコスカGTRベースのレーシングカーを出しているショップなんだ!エンジンもL型もS20もOKで今まで負けたことが無いというほど…。
恐ろしい。
 でも、料金は他と比べても安いくらいな良心的なお店なんです。
レストアをするとかなりのお金がかかってしまうからね。
ハコスカをレストアするとしたら金額が一番気になるところだと思うんだけど、ラバーソウルになら安心してお願いできる。
愛車のハコスカをお願いするなら誰しも思う事が、自分のハコスカが一番かっこいい、他には誰も居ないこと、だよね!そんな希望を叶えてくれるハコスカのお店をがんばって探そう。
関連キーワード:          

ハコスカ

ハコスカ情報:ハコスカGTRのこの特徴が、きっと当時のチュー...

ハコスカGTRのこの特徴が、きっと当時のチューンアップを好む方々のハートを鷲掴みにしたんだね。
ハコスカGTRに搭載されたL型エンジンは、剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなので、チューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来る。
ハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍しているから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンだね。
スカイラインの3代目ハコスカが誕生したのが昭和40年。
会社の上層部では日産とプリンスの合併話が進んでいる頃だね。
そのころ現場では次期スカイラインの開発が進んでいた。
箱型スカイラインの試作車は、日産とプリンスの合併した昭和41年頃には既に作られていたそうです。
ハコスカGTRは日本の誇る名車とも言えるスカイラインです。
レースでの50勝記録を持つハコスカGTRに、今までどれくらいの人々が魅了されたことだろう。
ハコスカGTRに関してはもう魅力を語る必要はないと言っていいほど、インターネットでもそこら中にハコスカの素晴らしさが書いてあるね。
スカイラインの3代目は最も人々を魅了したハコスカです。
あの角ばったスタイルやガンメタの塗装がたまらなく渋い!ハコスカの総販売台数は310,447台。
そのうちGTRはたったの1,945台しかありません。
数字を見るとその少なさは一目瞭然だね。
これだけの台数しか存在しないにも関わらず、現在でも旧車と呼ばれる車の中でも最も知名度も人気もある車ではないだろうか。
中古車相場も新車時の値段を超え年々上がる傾向にあります。
また、ハコスカ2000GTに外装・内装・エンジンまでもGTRのパーツを付けてGTR仕様としてチューンナップする人も多いね。
販売台数が少ないので、お金を積めば買えるという訳でもないのです。
ハコスカGTRのファンの年代も、20代から70代以上の方までとても幅広い。
まさに万人を魅了するスカイライン。
誰もが一度は乗ってみたい車だよね。
関連キーワード:          

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ