カスタム(番外)


●フレームの破断例

  ・カスタム化をすると気になるのがフレームの破断。
  シートポストロング化、クランクロング化、チェンリングの大型化などのカスタムをするとフレームにクラックが入りやすくなると言われている。
  ただしノーマル仕様でも破断事例がある。 
  最も多いのが、チェーンステー付け根付近(BB付近)のパイプが破断 (ケース1〜3)
  その他、ヘッドとダウンチューブの継ぎ目の旧車変速レバー位置付近。
  構造的な金属疲労との見方もある。
  破損についてはこちらのHPに知見がまとめられています↓↓
  @つれづれ えんすぅ日記@: トランジットコンパクト破損のまとめ
ケース1(ノーマル)
ケース2(ノーマル)
ケース3(カスタム)
ケース1
ケース2ケース2-1
ケース3
ノーマルで3年ほど使用。
シートポストだけ、サス付にしていた
ノーマルで1年弱使用。無改造。
チェンリング大型化、クランクロング化等カスタム多し。走行距離多い。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ