積載方法・携帯物


●前カゴを付けるとなると畳んだ時、邪魔になるのでしょうか?
  ・籠つけてもカバーは十分かぶせられます。
    また、たたんだ時邪魔になることはないと思う。だけど輪行するんだったらない方がいいに決まってる。
    ちょっとかさばるだけで、カバーの体積がグンとあがるから。
    よってペダルも折り畳みに変えたほうがいい。
  ・カゴはハンドルの前につけるんだろうから、折りたたみの邪魔にはならないよ。
    ただ、輪行の際にカバーかけるとき、純正のカバーだとちょっと厳しいような気もするな。
    おれはカゴつけてないからハッキリしたことは言えんけど、カバーを被せたりとったりする
    ときに少々手間取るんじゃないだろか。
    カゴにこだわらないんだったら、フロントバッグみたいなやわらかい素材のものの方が
    いいかもよ。その方がカバーかけるときに邪魔になりにくいだろうから。

●バッグ
RIXEN KAULのCONTOUR MUDGUARDという着脱式のリアバックを購入。
そう言われてみると底面には確かに防水加工が(藁
しかし、前はダイソーの100円フロントバックで後が9000円のリクセンカールかー。
我ながら眩暈がするアンバランスさですな。
ま、とにかくこれで日帰りツーリングくらいなら荷物を自分で持つ必要は無くなりました。

CONTOUR MUDGUARD

・底が防水加工なのでドロヨケがわりに
・深さが結構あるので意外と収納できる。
 レインウェア、グローブ、サングラス、携帯工具セットを入れてもまだまだ余裕たっぷり
・ ワンプッシュで取り外しできる

●トラコンにつけられる荷台って?
  サドルの軸が傾き大きいので一般的なものは水平にならなくて困ってます。

・リアポストにつけるエクステンダーという取り付けパーツがありますので、
 前後にショッパーコンフォートを装着した場合、積載量を有しつつ折りたたみに
 ほ と ん ど (ポストが降ろしにくくなるけど)影響が無い脅威の輪行マスィーンが誕生しますw
 まあ冗談はともかく。リクセンアダプタ使えば用途に応じてバックを付け替えられるので便利ですよ。
・リクセンのショッパーをハンドルにつけました。積載力としては望みどおり増強できました。
 デメリットとしては・・・重い!こんなにズッシリというのは予想外で、けっこうハンドル取られました。
 荷重を考えると仕方ないのですが他のバッグ類もこんな感じでしょうか。
 次はエクステンダーをつけてみようかと思います。

RIXEN KAUL CK810 エクステンダー
ピラー径 25〜32mm対応(耐重量7Kg)


RIXEN KAUL KF825ショッパーコンフォート
●サイズ:38x29x25cm
●重量:1000g
●レインカバー付き
●外側にポケットを装備
取り外したかごでそのまま使えるように取っ手が付いている



●携帯物(フロントバッグやリアバッグ)
    工具(アーレンキー、ドライバー)
    パンク修理セット
    ファーストエイドセット
    タオル
    ティッシュ
    輪行カバー
    デジカメ、メモ帳、本、行動食、予備電池。

●RIXEN&KAULのアダプターを用いた自作バック

 和田サイクルさんのHPのおすすめで紹介されているKlickFix アダプタープレート。
 好きなバッグにこのアダプターを取り付けるとKlickFixフロントバッグになる。
 ハンドル用ベースマウントと組み合わせてお気に入りのフロントバッグを!


デイキャンプ仕様の積載例
 埼玉県は彩湖でBBQをしてきました。
 今回は、BBQの内容をアップグレード。なんと、スープ、レギュラーコーヒー、肉入りペペロンチーノ(マカロニだけど)、そして網焼き。

 クロップスの折り畳みカゴにコールマンのソフトクーラー。
 後部リフレクタ直上のボトルは工具。
 オーストリッチの小径車用バッグ(jetboil、カップ、常温保存の食材)。
 100円ショップの黒かばん(中身は木炭、ホリデーロード社製コンパクトストーブVHS−HB、火種の割り箸)
 モンベルの4リットルゴミ袋(グリーンのバッグです。100円ショップの天ぷら鍋)
 


●GPS取り付け例

 
 ナビはガーミン nuvi360。自転車モードを使用。
 ナビ本体は5万円ほどですが、取り付け用品は全部で1000円ちょっと、作業時間は約10分です。
 


●ハンズフリートランシーバ

  
複数でサイクリングしていると会話にちょっと困ります。併進は基本的に顰蹙ですから。
  ハンズフリーのトランシーバーを探していてこれを見つけました。本体はポケットの中、
  ワイヤでヘッドセットと繋がっています。見えにくいので先っちょを赤丸で囲みました
  が、アンテナが伸びています。単3×2本でサイクリング中ずっとつけっ放しでも大丈夫
  です。到達距離は50−100mとなっていますが快適に使えるのは30−50mくらい
  でしょう。しかし実に役に立ちます。サイクリングの面白さ倍増です。

htr77
 HTR−77

■ オートスケルチ回路
 自動的に雑音をカット,常に最良の状態で通話が可能。
■ 2段切り替え式の音量調節音量をロー/ハイの2段切り替え
  スイッチに なっていますので好みに合わせて選べます。
■ 便利なクリップ付き
  ベルトやジャケットなど使い易い所に本体をセットできます。
■ 小型で軽量設計
 同時通話方式では画期的な小型、軽量設計になっています。

・ 到達距離は見通し50-100m
・ 型    番 :HTR−77
・ 使用半導体 :IC2個 ,トランジスタ-8個 ,ダイオード4個
・ 周 波 数 : 300MHz帯
・ 電波形式 : F3
・ 電 源電圧 :DC3ボルト(単3型2本)
・ 消 費電流 :約18mA
・ 使用温度:0℃〜40℃
・ 外形寸法 : 53(W)x70(H)x18(D)(m m)
・ 本体重量 : 389g(電池含まず)

http://www.jis-serv.gr.jp/goods/HTR-77.html

◆使用レポート

テスト使用したのは大阪市内だったので風は殆どなかったのですがトラコンの走行程度では風切り音は全くありませんでした。
郊外など開けた場所で風が強い場合についてはわかりませんのでまたテスト次第報告します。来年の春になりそうですが。
音も良く快適に会話できます。またこのセットの2台はそれぞれ違う周波数を使用しているため、同時双方向通話が出来、全く通常に
会話出来ます。一度使っただけですがもうやめられないという感じです。

会話例
「そこを右」「ちょっとストップ」
「見ろ!右側を歩いてる・・・は凄い###だぞ」
「道路向こう側のラーメン屋うまそうやな」

小さな声でも普通に会話できるので信号待ちで並んで止まった時によそ向いて話していたら、並んでる時くらいは顔を見て話せ、と連れに怒られました。

本当は
Callpod Dragon(通信距離100m&同時接続対応のBluetoothヘッドセット。下記のやつ)
が欲しいのですが今のところ日本では入手困難です。
Bluetooth対応だし小さいし、かかって来た携帯もハンズフリーで受ける事ができます。
でも買えたとしても価格は2個でほぼHTR-77の倍になりますね。
http://japanese.engadget.com/2007/11/15/callpod-dragon-100m-bluetooth/

●サイクルコンピュータの取付け

取り付けですが、手持ちにCATEYEコンポジットホイール用のマグネットがあり、最初取り付けてみましたが、信号を拾いませんでした。センサーとの距離が離れすぎる様子でした。
このマグネットは、タイラップで3本スポークホイールなどの太いスポークにマグネットを取り付ける用品です。
その台座に標準(?)の丸いマグネットを付けてみたところ、上手く作動しましたので、タイラップでプラスポーク2本に固定しています。
標準のマグネットの場合、ワイヤースポークを穴ではさんで固定する形と思いますが、細いタイラップを使う、あるいはタイラップが通る程度にスポークを通す穴を広げるなどで、同様に固定できないかと考えています。
私の場合、メーターをハンドルマウントでも、信号は拾っています。しかし、やはり冬は表示がおかしくなっていました。

●GPSとサイコン 投稿者:トラコン兄弟

私はGPS(Garmin nuvi360)をトラコンに付けてサイクリングしています。
サイクルコンピュータもトラコンに付けたいのですが、プラホイールのまま乗ってい
るのでちょっと面倒です。そこでこのGarminにも走行距離や平均速度の機能が付いて
いるので別のマウンテンバイクにサイコン(CATEYE CC-MC 100W)と同時に取り付けてデ
ータを比較して見ました。私のタイヤ周長設定が正しくない可能性もあるのでサイコン
の数値が正しいとは限りません。

走行距離
(km)
走行時平均速度
(km/h)
最高速度
(km/h)
走行時間
(停止時除く)
サイコン 13.19 12.2 27.7 1:04
ガーミン 12.92 11.5 27.6 1:07

以上、GPSでも十分サイコンの代わりになります。またGPSは上記数値以外に現在速度、合計時間、
全体平均速度(停止時含む)を全部同時に表示するモードもありますが、
その場合、地図は表示されていません。
地図表示の場合は現在速度のみが画面左下に表示されます。ご参考までに。
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ