みんなのポタリングコース


阪堺電車沿線ポタ(1) byトラコン兄弟さん

トラコン兄弟は今日も2人揃ってお出かけです。

阪堺電車(大阪−堺を結ぶレトロな路面電車、存続が危ぶまれている)沿線を散歩中です。
恵比寿町が出発点です。いわゆる電気街の日本橋(衰退中)の南端にある駅です。
600円の1日券を買いましたので乗り放題です。
赤の点々がポタった辺りです。(殆ど走ってないな ^_^;)赤実線が輪行区間です。

寺地町 :ご飯がおいしいと有名なメシ屋「ゲコ亭」でランチ。
     おかずの皿を自分で取るんですが、精算時のお婆ちゃん達の暗算の速さにビックリ。
     デザートはさらに有名なくるみ餅の「かん袋」どちらも駅の直ぐ近くです。
御陵前 :東へしばらく走り、仁徳天皇陵近くの「自転車博物館」へ。発明された当時の
     足で地面を蹴って進む
     自転車のレプリカや第二次大戦中に落下傘部隊が使用した
     (つまり一緒に飛び降りた)自転車などがあり、チャリ好きは必見です。
浜寺公園:広大な公園内を走り放題。バラ園など。そして直ぐ近くの歴史的建造物の
     南海浜寺駅舎を見て、
将来自分の家を建てる時の参考に周辺のお屋敷を見て回る
     (浜寺付近は関西のお金持ち達の別荘として発展した)。
帝塚山三丁目:万代池までポタる。ここはそれほどおすすめではありません。
       ここは外して住吉大社を見る方が良いでしょう。

阪堺線沿線にはこの他にも多くの歴史的みどころがありますが面倒なので省略。






阪堺電車沿線ポタ(2) bySINさん 走行距離約17km

沿線ポタ、楽しかったです。
 ゲコ亭は夏場は米の味が落ちるので休みらしいです(残念)
派手な広告ペイントの阪堺電車「恵美須町駅」→「浜寺駅前」まで輪行し浜寺駅からポタリング開始。
浜寺公園:バラ園→浜寺水路→松林
 ↓
広大な仁徳天皇陵;天皇陵周りの景色が最高です!
 ↓
寺地町駅
 ↓
本源院:川のある風景がいいです!
 ↓
「フェニックス」通り
 ↓
ド派手な「堺駅」周辺
 ↓
旧堺港:龍女神像
 ↓
「神明町駅」周辺に残る古い町並み
 ↓
「綾ノ町駅」から輪行にて帰路へ

トラコンに手を加えた所は
@シートポストをプロンプトンのロングに変更
Aブレーキレバーをシマノに変更
Bグリップをスポンジ系に変更
Cペダルを三ヶ島のEzyペダルに変更
Dリクセンのリアアタッチメント取り付け
E輪行袋はただの「ウィンドブレーカー」です

写真は「ウィンドブレーカー」を着せたトラコンです。
サドル等が出ていますが、何も言われた事はありません。

ポタの様子をリンクしておきます。
http://f37.aaa.livedoor.jp/~kimagure/070715.html


BBQツーリング  byトラコン19さん 往復約40m

埼玉県の荒川沿いにある彩湖でバーベキューをしてきました。
BBQをやってるのは、私の他はもう1グループだけ。
平日だと誰もいなくていいですね。
ただ、ハンドル部分に大量の荷物を載せたので、直進性はいいんですが、曲がらないし・・・


コールマンのソフトクーラーにはペリエと肉!
ジャガイモなんかももって一人バーベキュー。
キャプテンスタッグのインスタントグリルは消火後、足で踏みつぶしてコンパクトに。
ゴミは全て持ち帰りました。
コースは上尾−>開平橋−>入間CR−>荒川CR−>彩湖。

短距離ですが、流石にトラコンにこれだけの荷物を載せて走るのはしんどいです。

大阪渡船めぐり  byトラコン兄弟さん

大阪湾岸地帯の渡船8ケ所を一筆書きの様に全部回りました。
渡船は道路の延長なんで無料で、自転車は畳まず、そのまま乗れます。だから別にトラコンでなくてもいいんですがまあいいでしょう。
地元の人達
はママチャリで気軽に乗っています。暗黙のルールで、乗ったら自転車は船の進行方向と平行に置く様です。乗船時間は最短のところでは40秒位です。(^_^;;
途中、川を越える場所以外はほぼ平坦です。
事前に大阪市のサイトなどで
船の時刻表を確認しておくと待ち時間ロスを少なく出来ます。
道路から船着
き場への入り口が分かりにくい場所もあるので通り過ぎない様に注意して下さい。
出発地の大正は沖縄出身の人達が多い場所で沖縄料理店も沢山あります。
終点の天保山からユニバーサルスタジオはむろん遊ぶところ、食べるところが一杯です。しかし途中は工場地帯とか住宅地で何もないです。
時間があれば天保山登山にも挑戦して下さい。
この山は国土地理院の地図
にもちゃんと乗っている日本一・・・・・な山です。世界一かも???
山頂には
三角点があったと思います。


宇都宮市サイクリングターミナル  byトラコン11さん

子供が所属するボーイスカウトの夏の舎営で、保護者から協力者を募っていたのですが、舎営先が「宇都宮市サイクリングターミナル」と聞いて、二つ返事で立候補してしまいました。

協力するのは2日目のイベント(登山での休息ポイントでのゲームと、その荷物運び)なので、行き帰りの道中は同行する必要無し、これはもぅ「トラコンで輪行せよ」との天の声に聞こえました。
写真JR宇都宮駅にて、ここから餃子を食べ歩きながら自走してもいいかも・・・・





往路:JR鹿沼駅→国道293号線→ステーキ宮→国道293号線→ロマンチック村→国道293号線→田野町交差点→ターミナル通り→サイクリングターミナル
往路走行距離:約22.4km

復路:サイクリングターミナル→ターミナル通り→田野町交差点→国道293号線→JR鹿沼駅
復路走行距離:約8.6km
JR日光線鹿沼駅に降り立ち、国道293号線を北上します。程好いアップダウンは多段化してある
トラコンにとっては格好のポタリングコースです。

途中、田野町交差点、ここを直進すればサイクリングターミナル(ターミナル通りと言うらしい)
しかし、それでは早く着きすぎてしまうので、ここを右折し、引き続き国道293号線を走り続け、
ロマンチック村を目指すことにしました。

途中、「ステーキ宮」で遅い昼食を食べ、ロマンチック村で温泉を堪能して、再び田野町の交差点
までやってきました。

写真:JR日光線鹿沼駅にて。




  程好いポタリングコース、美味しいステーキを食べ温泉も堪能して上機嫌です、しかし、田野町の
交差点からターミナル通りに入った途端、激坂っ!!、それも延々と続く・・・・
  MTBのアンちゃんがダンシングで抜いていきます、内装3段のトラコンにはキツイ、最後には
押して歩いてました。
 途中、下り坂になったかのように見える場所もありますが、砂漠の幻影です、実は上り坂がゆるく
なっただけ、車ではよく経験する事ですが、自転車でこの幻影はキツイです。
  胃の中でステーキが攪拌され、温泉でサッパリしたのにまた汗ダク、サイクリングターミナルに
たどり着いた時は、もぅグロッキーでした。
  夕食は美味しそうなスキヤキだったのに、半分も食べられませんでした・・・・

1日目の走行距離、約24km

写真:自前の自転車はロビーまで持ち込み可能です。



2日目のイベントは自転車とは無関係なので割愛します・・・・

2日目の走行距離。約6km

写真:早朝の宿舎前、子供達が起きだす前に近場を散策しました、自転車があるって便利。









3日目、子供達がサイクリングをしたいと言うので、午前中に子供達を引率してサイクリングしました。

このサイクリングターミナル周辺には、サイクリングコースやキャンプ場などがあって、色んな車種の
レンタサイクルもあるので、手ぶらで来てもサイクリングを楽しめます。

でも、トラコン乗りなら、ぜひ輪行で行きたい処ですね。

サイクリングターミナルは一泊5500円〜、値段のわりに食事や待遇が良いと評判です。

写真:メンバーの女の子がトラコンを気に入って乗り回してました。



昼食を済ませ、子供達より一足早く帰路につきました。

来る時に散々苦しんだ激坂はジェットコースターと化します。
ペダルを漕がなくても50km/h以上出る程の下り坂です、いちおう制限速度は50km/hになってますが、
自分はメーターが50km/hを超えた瞬間、「ここでスポークが折れたら・・・・」と想像してしまい、
慎重にブレーキングしながら、30km/hくらいで下りました。

3日目の走行距離、約20km

写真:サイクリングターミナル宿舎前広場にて。





涼を求めて〜富士山ポタ〜  byトラコン19さん

連日の猛暑の中、涼を求めて、富士山ポタを決行!
まずは、JR川越線で高麗川駅へ。
そう、富士山は富士山でも、標高221mの富士山(埼玉県日高市にあります。正式名ですヨ)。

とはいえ、この富士山、どう考えても暑そう。
なので、第一目標は五常の滝。
そして、峠を抜けて鎌北湖へ。デザートは富士山!

五常の滝はとにかく涼しく、峠道も森林帯は別世界としか言いようのない涼しさ。
ただ、峠の頂上付近に集落があるので、ここは焦熱地獄状態。
ヒルクライムは脚力がついていきませんでした。よって、ひたすら歩きました。
ダウンヒルは非常に恐ろしい状況でした。
ブレーキが効きません。いや、効きますけど、あっという間にフェードします。
ブレーキをかけ続けないと下れないので、途中でブレーキを冷却するための休憩を入れました。
因みにローラーブレーキは150℃以上となりました。
前輪のリムは55℃。でもタイヤは40℃。

問題の富士山ですが・・・
あまりの悪路に途中で断念しました。
MTBなら行けるでしょうが、トラコンではちょっと厳しいと思います。
富士山といえば、浅間神社ですよね。
記念写真を載せておきます。


小さな秋見ぃつけた 〜見沼用水路を辿って〜  byトラコン19さん

トラコンらしいポタ(?)というわけで、農地へ水を供給するための見沼用水路を利根川まで辿ってみました。
稲のこうべは垂れ始めていましたが、稲刈りにはまだ間がありそうです。
台風対策で水田に水を大目に張っていました。

で、ルートですが、蓮田駅(宇都宮線)から見沼用水路を辿って、利根川へ。
右岸を上流目指し刀水橋(「よか楼本店」に立ち寄り昼食)へ、ここで左岸へ渡り、
板東大橋へ。
再び橋を渡り、本庄駅(高崎線)でゴール。

えらい長旅でした。
何がって、全行程のうち約2時間はいろんな人と話をしてました。
車体が車体だけに、ついつい話が長くなります。
大変楽しいポタでした。


武庫川の渓流に沿ってJR廃線跡へ  by SINさん 走行距離約60km

ここは行ったらアカンとこです。

線路の枕木に12.5インチの小径では引っかかって思うように
押しも出来ませんでした(>_<)

ポタの様子をリンクしておきます。
http://f37.aaa.livedoor.jp/~kimagure/070716.html







食欲の秋、デイキャンプの秋  byトラコン19さん

前回と全く同じ(秋が瀬迂回路は通らなかったけど)埼玉県は彩湖でBBQをしてきました。
今回は、BBQの内容をアップグレード。
なんと、スープ、レギュラーコーヒー、肉入りペペロンチーノ(マカロニだけど)、そして網焼き。
しかも、今回は完全デイキャンプの形式とするため、途中の補給は一切無し。
使用する水も全て運びました。
とはいえ、調理に使用した水は1リットルだけ。
涼しいので、走行中の飲料水は1リットル。
食事中に700ccのペリエ。
装備はクロップスの折り畳みカゴにコールマンのソフトクーラー。
後部リフレクタ直上のボトルは工具。
オーストリッチの小径車用バッグ(jetboil、カップ、常温保存の食材)。
100円ショップの黒かばん(中身は木炭、ホリデーロード社製コンパクトストーブVHS−HB、火種の割り箸)
モンベルの4リットルゴミ袋(グリーンのバッグです。100円ショップの天ぷら鍋)
といったところでしょうか。


なんとかなるもんですね。
なお、輪行の際は折り畳み後にシートを下げて、90度横にします。
でないと、サドルについた水筒が邪魔で輪行袋に入りません。


奈良ハイテク(笑)ポタ  by トラコン兄弟さん

ラコンにGPSナビを付けて奈良をポタって来ました。ナビはガーミン nuvi360
で、車、徒歩など以外に自転車モードもありますのでこれで行きました。
ナビ本体は5万円ほどですが、取り付け用品は全部で1000円ちょっと、作業時間は約10分です。
遠回りな道をガイドされる事もありますが、充分使えます。

 JR奈良駅近くに「ならまち」と言う古い家や奈良の伝統的な民芸品や特産品な
どを売る店が点在する地域があり、ここはポタるに最適です。付近一帯も名所旧
跡が比較的狭い範囲に密集しているのでチャリ向きと言えます。狭い道が多いの
ですが、車は殆ど通らず、広い道は歩道がついています。観光客の多い場所では
降りて押す事を推奨です。


なにわ自転車道   by トラコン兄弟さん

「今年最初の」サイクリングに行って来ました。
「なにわ自転車道」から「北大阪周遊自転車道」の一部へとつなぎ、梅田-新大阪の
大阪キタ中心部をぐるりと取り囲む様に一周しますが、川べりを走るのでほぼ平坦な
ゆるいコースです。

 

終盤は今桜満開の桜宮から天満を通るので人混みの中を行きますが、小さなトラコン
はあまり通行人の迷惑になる事もありません。
地図@の北新地を出発、なにわ自転車道の出発点と言うか実際は「終点」の出来島に
向かいます。ここは阪神電車の出来島駅がすぐ近くですが、家からは乗り継ぎが不便
なので北新地発にしました。
ところが途中で地図Aの「大阪中央卸売市場」に遭遇、「痩せの大グルメ」を自称す
る連れが絶対においしいものが食べられると主張するので入り口の警備室のおじさん
に一般人でも入れるのか訪ねた所、どうぞどうぞ、と言う感じで教えてくれました。
中には新鮮な魚介類や野菜を使った飲食店が何軒もあり、我々はたちばなと言う寿司
屋に入りました。中トロもある写真Aの上握りがなんと\1,890-と格安で、その他にも・・・・
さてサイクリングに戻りますが地図、写真ともBがなにわ自転車道の出発点(実は終
点、しつこい)です。ここを出てしばらくは堤防の外側を走りますが(写真B-1)やが
て内側となります(写真B-2)。川の両側に時々現れる桜並木や河川敷の市民菜園の花
などを楽しみながら折り返し点(地図C)に到達すると、ここから先は堤防の上を走る
ので開けた景色を満喫出来ます。また途中で飲み物をゲットするためにコースを外れ
た時にドピンクの交番(写真A)を発見しました。何を考えてんだ????
やがて城東貨物線と並んでいる木の橋を渡って対岸に移るとすぐに毛馬の水門(地図D
)に着きます。ここには付近に故郷があったらしい与謝蕪村の句碑が建っています。
ここを過ぎると桜並木に突入(写真B,C)、同時に人混みにも突入します。その後我々は
北浜(地図E)のスペインパルでビールを飲んで沈没しました。
なお今回のサイクリングでもポータブルナビ(Garmin nuvi360)とハンズフリートランシ
ーバーを便利に使用しました。

なまずの里マラソン参加ポタ    by トラコン11さん

(行程)
吉川駅→さくら通り→市民交流センター→赤べえ→天然温泉ゆあみ→吉越橋
→越谷レイクタウン駅



最近気になってきたメタポ予防の為に、この度、市民マラソンに参加してきました。

参加したのは吉川市で毎年行われている「なまずの里マラソン」
このマラソンは数年前、Qちゃんこと、高橋尚子選手も参加したというマラソンで、今回も5000人以上の方が参加したそうです。


駅に降り立つと、それらしい出で立ちの人達でごった返していました。
スタート地点となる「市民交流センター」までは、結構距離があるので、駅の近くから無料
送迎バスが頻繁に行き来していました。

さて、自分もトラコンを開いて、スタート地点の市民交流センターを目指します。
途中、「さくら通り」と呼ばれる通りは、文字通り、桜が満開できれいでした。
交通規制の準備も始まっていて、マラソンコースの一部にもなっているようです
スタート地点の市民交流センターに着くと、そこはランナー達で溢れていました。
自分も受付を済ませて、着替えてゼッケンを着けて荷物を預けて、としている間にスタートの時間です、しばしトラコンとのお別れです。

で、結果は、、、、いいんです、参加することに意義があるんですから、決して順位やタイムを聞かないように、、、、

マラソンが終わって、市民交流センター(おあしすと言うそうです)の周りを散策してみました。
近くにある永田公園には大きな山があって見晴らしが良いです。バーべQなんかもできそうですね。

さらに大場川の起点が近くにあるらしいのですが、今回はわかりませんでした。
今度、マラソン抜きで訪ねたいですね。

帰り道、「赤べえ」と言うラーメン屋で軽い昼食を取りながら、頂いた参加賞を見てみると、オリジナルTシャツの他に、駅前温泉「ゆあみ」の優待券が、モチロン入ってまいりました。

天然温泉で疲れも取れて、さぁ吉川駅から電車に乗って帰るぞ、、、、あれ?、それだけぢゃポタレポが寂しい、、、、そう言えば先月、吉川駅の隣に「越谷レイクタウン」と言う駅が開業したらしい。
と言うことで、中川を渡って自走して向かいました。

中川を渡って見えてくるのは、建築途上の巨大なショッピングセンター。
そしてそこを抜けると、右手に湖が広がり、左手に越谷レイクタウン駅が現れます。

でもそれだけです、まだ何も無いって感じです。もう半年〜一年くらいして賑やかになったらまた来たいな。

そう言えば吉川ではなまず料理が有名だって聞いたけど、さすがにマラソンの後だったので食べなかった。
夏には神輿を投げあう勇敢な祭り(八坂祭りと言うそうです)もあるって言うし、今度はマラソン抜きで
行ってみよう、、、、そんなことを考えながらトラコンを畳み、武蔵野線に乗り込んだのでした。



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ