TOPへ  >   戻る

セラ・フェアのpotetan





ペット用品早速使用してみました。
驚くほど下毛が取れるので吃驚です。
コームだと取り難いし、コートの奥の毛がしっかりと抜けないので、とても重宝します。
まだ、おもちゃと勘違いして取りにきますが、隙を見てブラッシングしています。
お手入れも楽なので、お値段だけの値打ちはあったかなと思っています(笑)

ブラッシング担当の妹が「2個ずつ両手にはめたーい」と嬉々としてブラッシングしております。
毛が飛び散らないのが何より嬉しいですね、うん。

欲をいえば、もう少し大きめサイズだともっと助かりますが(デカワンなので・・・)。
でもあの小ささだから、持ち歩きが不便じゃないしチビワンやニャンコにもOKなんですよね。

バーニーズマウンテンドッグ(わんこ)・ボルゾイ(わんこ)
シャンプーしたてで、あまり毛も抜けないかなぁと思いつつ 早速試して見た所、見事に抜けてくれました。

今までブラッシングを嫌がってたワンたちも、 それほど嫌がることもなく、ホントにうれしい限りです。
何より、毛が舞い散らないのがいいですね!
これから迎える喚毛期も、楽しみになってきました。

とってもステキな商品を、ありがとうございました。
末永く大切に使っていきたいと思います。

2~3日使ってみました。
まったく嫌がらずにさせてくれるのでとても気に入りました。
多分、スリッカーは、痛かったんだと思います。
良い商品に出会えました。

以前から使用しているゴム製のブラシよりも毛がとれませんでした。
抜け毛の毛質が真っ直ぐで細いため、コームに上手く引っかからないようです。

先日届いたペット用品(やわらかめ)を使用してみました。
予想以上に良く毛が取れて、気持ちよさそうにしていました。
ここもやって~、という感じで自分で体の向きを変えています。

チワワは、日々の毛の抜け変りが激しいようで、皆さん困っているようです。
毎日手軽に手入れをできたらと思っています。
残念ながら、あまり、取ることができませんでした。


昨日ペット用品が届きました。
他のブラシよりも肌にやさしそうな感じをうけました。
友人にも勧めたいと思います。

我が家のコリーは、3ヶ月半になり、10キロ以上になりました。
もともとおとなしい性格のようなのですが、ペット用品はさほど嫌がらずさせてくれます。

ブラシやくしだと、後片付けが大変ですが、ペット用品は、簡単で扱いやすく気に入っています。

お友達もこれなら使えそうだ!と
気に入ってくれたようです。

日本にゃんこ
ペット用品、とっても使いやすくて感謝しています。
我が家には、二匹のにゃんこがいます。
一匹は完全な家にゃんこで、もう一匹は外と家を自由に行き来して暮らしています。
どちらのにゃんこもペット用品が気に入ったらしく、大人しく毛をすかせるようになりました。
優れものに出会えて・・・

アビシニアン
使ってみての感想ですが、まだ子にゃんこ(3ヶ月)なので、あまり抜け毛がないのか取れる量はあまりありませんが、
まったく嫌がる様子がないのでよかったです。
これから毎日じっくりと使っていきます。

日本にゃんこ
普段からブラッシングが大好きな子なのですが、スリッカーだと皮膚が傷つくのではないかと不安でした。
ペット用品は先が尖っていないから自分の手に当たっても痛くないので安心しました。
これでにゃんこの気が済むまでブラッシングしてあげられます。

日本にゃんこ
ペット用品早速使わせて戴きました。
片方のネコは大変気に入ったようで、ゴロゴロいってすいてもらってます。
もう片方も気に入ったようですが、新しいおもちゃと思ったのかかじろうとしますので大事にしまってます。

アメリカン・ショートヘアー
誠に申し訳ないのですが、本日返品させていただきました。

まず、使用感はとてもよかったです。
もちやすいし、にゃんこもいやがりませんでした。
積極的にゴロゴロという感じではありませんでしたが。
ただ櫛目が広すぎて、やはり我が家の短毛のにゃんこには向かなかったようです。
アンダーコートのひっかかりがとくに悪く、コーミングしてもペット用品にはあまり毛がからんでくれないので、あまり毛がとれませんでした。
使用感がよかっただけにとても残念です。

とにかく、楽しい話しが聞こえてきます。

短期間で太らせるために培養環境を変えて太りを促進。
樹を太らせるには、樹芯・枝芯を強く伸長させる必要があります。
枝と根は連動して生長するものですから、枝を伸ばすのであればまず根が伸びる環境を作らねばなりません。
しかし、鉢という制限された空間の中で根が伸びるスペースを確保するのは限界があります。
幹骨を作る段階の素材は、太りを優先して鉢以外の場所で培養することも珍しくありません。
養成場所として最もポピュラーなのが畑(地植え)。
自然木と同様の環境で根を際限なく広げることができますから、太らせるという目的では最高の環境と言えるでしょう。
ただし、広い場所が必要になることと畑から鉢に移す際の根処理が非常に難しいことから、容易にできるものではありません。
棚場での培養であれば大きな駄温鉢や木箱などを使って培養する方法がお薦めです。
発泡スチロ]ルなども温度を一定に保つことができるので、培養に向いていると言われます。
通気・排水性が高く、根を伸ばすことができる環境であれば、通常の鉢で培養するよりも遥かに短期間で樹を太らせることができます。

お好み  TOPへ > 戻る
bz[y[W bICXg[W