TOPへ  >   戻る

セラ・フェアのpotetan





スコティッシュ・フォールド
ペット用品、本当によくとれますね。
ウチのような短毛種でも、ブラシの向きでゴッソリです。
ピン状のブラシだと皮膚に負担がかかるし、ゴム製のものだと、毛の後始末が大変。
その2つのイイトコ取りのようなブラシでした。
ただ、遊び道具かと勘違いしたウチのコは、いきなりガブガブやってしまい、歯を広げてしまいました(汗)

日本にゃんこ4匹
早速使ってみましたら、4匹とも、とても気持ちよさそうにしていました。
お部屋の中で梳かしても散らからず、とても満足しております。
皮膚にも優しいようで、嫌がりません。
持つのにもとても安定感があり、使いやすいですね。

日本にゃんこ2匹
我が家のにゃんこ2匹に試してみたところ、
中の綿のような毛が良く取れ、気持ちも良いみたいです。
特に今までのブラシではとどかなかった、
頭や耳の後、首周りがペット用品では簡単にでき喜んでおります。

アメリカン・ショートヘアー
さっそくウチのにゃんこに使用してみました。
柔らかなマッサージは前から好きだったのですが、そんなに長時間にわたって撫で続けられている事はありませんでした。
すごいですね!
評判通りウットリしていました。
時期的にそんなに抜け毛は取れなかったのですが、和毛がすんなりブラシから外す事が出来、 その点でも優秀だと思いました。
にゃんこと一緒に暮らしている友達にぜひすすめてみます♪

三毛にゃんこのハナは、
ブラシを見せただけでナァ~ナァ~怒っていたのがペット用品だと寄ってきて、ゴロゴロ気持ち良さげです。
人間も毛だらけにならないのでGOODです。

アビシニアン
早速使ってみると、びっくり!!
ペット用品、とってもいい感じです。(=^・^=)v
静電気もほとんど出なくって、抜け毛もよく取れます!

ニャンコたちも、以前のブラッシングより気持ち良さそうです。
毛並みも良くなって、とても満足しています。

日本にゃんこ
始めはにゃんこには目が少し粗いのでは・・・と思っていましたが
結構良く取れ、皮膚への負担も少なそうで
楽しく利用しています。

スコティッシュ・ホールド
少し使ってみたところ毛が良く取れました。
ネコは毛の手入れ自体がすっかり嫌いになっているので相変わらず嫌な顔をしていますが、
日にちが経てば違いに気付いてくれる(?笑)と思います。
毛が良く取れるのにスリッカータイプと違い肌当たりが全然痛くないと、
今はネコ自身より家族の評判がすこぶる良いので購入する事に致しました。

メインクーン
ここのところ換毛期で、家中に毛玉が、ふわふわころころしていて、吐いたりもするので、いつも使っているコームより、も~っと取れるかなあ・・と思って注文したのですが、駄目でした。
タッチはソフトで良さそうだったのですが、目が若干荒いように思いました。
うちのコは、長毛だけど毛が比較的薄い(密集してない)のかもしれません。
しっぽはタヌキのようなんですが。

日本にゃんこ・三毛にゃんこ
子にゃんこに試してみました。
まだ生後2ヶ月位のにゃんこなのでそんなに毛も生 えてませんが、一緒に寝たがるし、一緒に寝れば、目に見えないような細い抜け毛が あるみたいで、チクチクイガイガするし、このままだと人間が病気になるかも。
と不安に思ってる所で、こちらのペット用品を発見しました。

 子にゃんこなので、始めはびっくりしましたが、どうやら気持ちいいみたいでうとうとし ておりました。
毛も別に抜け毛の季節でもないけど、そこそことれました。
これで私も安心して一緒に眠れます。

ロシアンブルー&ラグドール
まだ少ししか試していませんが、我が家のにゃんこたちには受けが良いようです。
落ち着いるときにじっくり試したら、もっと喜ばれると思いました。

ヒマラヤン
今日も自宅のペット用品を2匹のにゃんこに使っていたのですがあれだけやったのにまだ取れる・・・と驚いています(笑
丁度今の時期は冬毛から夏毛に生え変わる時期なのでごっそりと取れます。
まだまだ使い始めて数日しか経っておりませんし気のせいかもしれませんが、心なしか部屋に落ちたり座布団についてしまう毛が少々減ったような印象もあります。
いままで使っていたスリッカーだと私が力を入れすぎていたのか、くしのピンが細すぎるのか背中等はやらせてくれるのですがお腹等は絶対やらせてくれなかったんです。
それがゴロゴロ気持ちよさそうにお腹を自分から見せて「それ(ペット用品)でやれや」と言わんばかりにびろーんと伸びきって、しかもそのまま寝てました(笑
にゃんこも気持ちよさそうですが毛づくろいしている飼い主も楽しいので、本当にいい商品です。

とにかく、楽しい話しが聞こえてきます。

インダス川峡谷のコブウシにまつわる話は、古代における、広くゆきわたった家畜の取り引きの証拠である。

ギリシアの歴史がはじまるずっと前に、コブウシの群れをつれた隊商がインダス川からペルシアを越えてユーフラテハイウ邑ース川へ、そこから古代の軍事上および商業上の公道をとおってナイル川まで旅行した。

エジプト第一八王朝のトトメス王の時代に、ウシ、ヒツジやヤギの聾れは、毎月、牧夫たちによって更連れていかれた・これらの動物のあるものは、エジプト王の家臣からの貢ぎもので彦たも大部分警・タイト・ア・シリアやカ・シーの諸王国と、エジプトとの謬の取り引き矯けられたのである。

南アジアでは特殊な品種のウシが、アルニ、すなわちインドスイざウや、ガウル?。

,事。

ウ]からつくられた・何千年もかげた響によ・て、野生のアルニは~フバオ、つまりアジア産家妻イギュウに品種改良された。

このウシの絵は四〇〇〇年前のバビロニアの円筒形の印章に描かれている・アリストテレス[嘉ず・アの哲学著、博顰者。

前三八㌣三三年ぽこの動物について注意深く書き記した。


お好み  TOPへ > 戻る
bz[y[W bICXg[W