TOPへ  >   戻る

セラ・フェアのpotetan





チンチラMIX
うちのにゃんこは冬と夏とではまるで別にゃんこ。
今は短毛種のようにすっきりしていますが、
冬になるとチンチラ種のモコモコ状態になります。
寒いとシャンプーも頻繁にできないので、
ペット用品が活躍しそうです。

アメリカン・ショート・ヘアー
スリッカーなどは近づけただけで攻撃してくるにゃんこなんですが、
ペット用品はなんと!くねくねして喜んでいるではないですか。
顎の下もして!と差し出してきます。
こんなにブラシさせてくれたのは、初めてで感激しました!
抜け毛もいっぱい取れました。
取れすぎて、ちょっと舞い散りましたけど・・(^^;)
2~3日で、朝食後はブラシの時間、と覚えて、自分から「ペット用品して」とねだってくるようになりました。

我が家のにゃんこは人に触られるのを好まないにゃんこなのですが、
ペット用品を気に入ったらしく、素直に毛取りに協力してくれるので家族一同驚いてます。

アビシニアン
この商品すごいですね、我が家の子達逃げないんです。
それに自分からココって指示する位気持ちいいみたいです。
なんたって簡単にすきとった毛の束をはずせるのがいいです。

ぜひ、ペット仲間に宣伝します。

ウチのにゃんこ(アメリカンカール)にブロンズタイプを使ってみました。
毛はセミロングで、柔らかい毛質で、量は中量です。
もともと、ブラッシングは嫌いな方じゃなかったのですが、他のコームを使っていた時に少し痛がったりして抵抗する事がありました。
毛が取れるだけじゃなくて、にゃんこにも快適な手入れ道具がないかな?と思っていたところペット用品を見つけ、使っている方の評判も良いので早速購入を決めました。

使用感は快適です。
ウチのにゃんこはオナカを見せてゴロゴロ言いながら手入れさせてくれます。
痛そうだなと感じることも無く、毛もたくさん取れ不思議な感じです^^
苦労してにゃんこに気を使いブラッシングして、少し取れた毛をまたコームから取り除く為の掃除・・が、すごく簡単になり、取れる抜け毛も倍以上で手入れの時間も短縮されました。
コーム自体もしっかり丈夫そうな丁寧な作りなので、安心して購入できました。

良いコームを探している方がいましたら、是非紹介したいです^^

大型セットを買いましたが、すごく良くて毎日かけてたらノミ取りコームが全身に通るほどサラサラになり抜け毛も以前と比べると天地の差で気にならなくなりました。
今出回っている商品の中では1番です。

ペット用品を早速使っております。
毛玉用の方は少し入り過ぎるので少し慣れてから使っていこうと思います。
大型わんこ用の方はいかにも無理なく浮き毛が取れており、ビックリしています。

もっとペット用品が知られて、需要が増えながら価格が下がるといいですね。

1ケ月使ってみた感想をお送りします。

本当に良く取れますし取った毛の処理も大変楽です。
取りにくい内側の毛もしっかり取れます。
以前は落ちた毛が西部劇の枯れ草のように床の上を転がっていたのですが、今では殆どなくなりました。

愛わんこもペット用品を持っただけで摺り寄ってくるくらいなので相当気持良いみたいです。

毛玉もちタイプが我が家のゴールデンには、少し頼りなく感じました。
使い方も荒かったのか何回か梳いたら変形してしまいました。

大型用で丁寧にとかしてあげた方が家の子には合っているようです。
おかげ様で驚く程の死に毛が取れ、2周り位細くなった感じですし、
なでてあげた手触りが柔らかくなりびっくりしています。

商品を試してみました。
夏に向けて毛をだいぶすいていたので思ったほどの量は取れなかったんですが、今まで使っていたブラシより良いなぁって思ってます。
ホントに持ち手がとっても楽ですね。
力がいらないしいろんな持ち方ができるので、細かい所も梳かすことができました。

日頃からまめにブラッシングはしていましたが、
このペット用品を使ってのブラッシングは被毛のすっきり具合が全然違いました。
使い易いし、何より愛わんこ(さくら)も気持ちよさそうにしています。

友達のわんこ(チェリーちゃん)ですが、毎日ブラッシングしている訳では無い為抜け毛も多く、かためのペット用品の方が良いようです。
同じGRでも毎日ブラッシングをしていなかったり、屋外飼いであったり、毛質が固めの子はかためのペット用品の方が良さそうですね(;^_^A
いわゆる『猫っ毛』の子にはやわらかめの方が向いているようです。
GRの様に軽い毛質のわんこ種は飼い主の飼い方とその子の毛質で個体差が有るようです。

一概に『GRだからこっち!』って事は無いようです。

ウチはやわらかめのペット用品が大変気に入り、部屋でTVを見ながら一緒に寝そべって梳かしたりしています(#^.^#)
ウチの子(きなこ)はペット用品で梳かされるのがとっても気持ち良いようです。
時折寝息を立てています(*^_^*)

サクッと根元まで届きそのままススス~っと櫛が進みます(*^_^*)
室内でテレビを見ながら撫でる感じで全身のグルーミングが出来ます(*^_^*)
特に感動したのが、耳・顔・足等短毛の部分や耳の裏の毛に至るまで全てが綺麗に梳かせる事です。o(^▽^)o

ペット用品は今迄の不満を全て解消しただけで無く、顔の細部までブラシが掛けられ、ウチの子も気持ち良さそうに目をトロ~ンとさせて「もっとやって!」と要求してきます(#^.^#)
まさに『こんな商品欲しかった!!』って感じです(#^.^#)

私はブラッシングの際最後に必ず逆方向から梳かすのですが、その際も毛がサラサラサラ~~っと流れ落ちながら櫛目から綺麗に出る姿に感動!です。

とにかく、楽しい話しが聞こえてきます。

幹を曲げておき、そこに取り木をかけていくこともよく行なわれる。
前者は切り込み作りのオーソドックスな方法で時間は必要になる。
後者は1曲作り(立ち上がり部分に曲のある素材)の方法で、足元だけの面白さを利用し取り木後の鉢作りで仕立てていく。
畑作りから堀り上げる際には枝は長めに捨て切りする。
必要なところまでいきなり切りつめず余分に残しておく。
しばらくして、芽が吹いてからそれを確認して再び目的の部分まで切りつめる。
つまり芽吹き後に剪定というのがシシガシラの基本である。
落葉後すぐに剪定したいのは当然だが、シシガシラの場合葉が開いてから切り込んでいく。
したがって畑上げの例では余分に長く枝を残しておいて、後に芽吹いてから切りつめるというのが通例なのである。
取り木は比較的発根しにくいとされ、性による差もあるといわれている。
特に鉢作りの接ぎ木樹のシシガシラは取り木の成功までには時間がかかることが多い。
一度白根徹となったシシガシラはよく取り木がきくともいわれている。
庭木の白根樹では細枝などは簡単に取り木が可能で、前述のように、新梢をひねっておきその基部に取り木をかけると簡単に好素材が得られるのである。
写真の取り木の試みでは枝先の小さな枝岐れ部分を利用しようと考えているところ。
後の培養によってどのような樹形もできる。
切りつめたり、樹勢が集中するところでは何本も小枝が発生する。
しかも直線的に太くなりやすい。
ゴツゴツとした短枝の切り戻しが多くなるのはこのためである。
できるだけ枝はやわらかく作りたいのはシシガシラも同様。
1か所から何本も出る芽をそのままにするとその枝基は太くなる。
基本的には2本の芽を残し(2岐)ていくのだが、樹作りの途中では、どこかに走る枝を用意しておいて、樹勢を逃しておくのもよい。
樹勢をつけてから全部を同等に切り込むと、強い枝からは数多く吹く。
芽をかき取っても性質上、枝は直線的に目立ちやすくなる。
そこで長めに残したり、短く切りつめるなどして1本の樹のなかで樹勢を逃がしたり追い込んで細枝を残したりするテクニックが有効である。

お好み  TOPへ > 戻る
bz[y[W bICXg[W