特別検査<金融アベンジャー> (講談社文庫)



特別検査<金融アベンジャー> (講談社文庫)ヤミ金融 (中公新書ラクレ)投資家から「自立する」投資家へ~企業の真のPERを知り、それに打ち勝つ自分をつくる~投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然貨幣の複雑性―生成と崩壊の理論「株」と「為替」をチャートで読む―もう、勘頼みの投資はやめよう!まったくはじめてのテクニカル売買入門 (アスカビジネス)プロの逆張り投資法天下の廻りモノオカネの正体 (幻冬舎文庫)梶田政人の株「スイッチトレード」テクニック (成功者が実践する投資法 WINNER’S METHOD SERIES)あたたかいお金「エコマネー」―Q&Aでわかるエコマネーの使い方


特別検査<金融アベンジャー> (講談社文庫)
特別検査<金融アベンジャー> (講談社文庫)

ジャンル:
セールスランク:125747 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 650 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

登場人物の設定がつかみにくい、星1つ減!

 登場人物の設定が掴みにくい。物語の発端である大蔵官僚過剰接待事件での高野常務のかかわりが、はっきりしません。読者としては、高野常務を悪役にすれば、素直に物語に入り込めるのですが、そうではないのです。だから「特別検査」を、牟田検査管理官が私怨に基づいて行うインパクトが弱くなっています。物語の中で、高野のキャラは、頭取をしのぐリーダーシップと先見性があり、その地位を去る姿には潔ささえ感じてしまいます。逆に、牟田検査管理官には、「特別検査」を通じて、まず7年前の先輩の事件を解決しながら、私怨をはらす「特別検査」とバブルの清算としての「国策検査」をやってくれたら、2倍楽しめたと思います。 



講談社
銀行告発 (光文社文庫)
金融夜光虫 (講談社文庫)
謀略銀行 (角川文庫 お 55-1)
告発封印 (光文社文庫)
頭取無惨 (講談社文庫 え 29-1)







         
         
         
         

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ