貨幣の複雑性―生成と崩壊の理論



特別検査<金融アベンジャー> (講談社文庫)ヤミ金融 (中公新書ラクレ)投資家から「自立する」投資家へ~企業の真のPERを知り、それに打ち勝つ自分をつくる~投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然貨幣の複雑性―生成と崩壊の理論「株」と「為替」をチャートで読む―もう、勘頼みの投資はやめよう!まったくはじめてのテクニカル売買入門 (アスカビジネス)プロの逆張り投資法天下の廻りモノオカネの正体 (幻冬舎文庫)梶田政人の株「スイッチトレード」テクニック (成功者が実践する投資法 WINNER’S METHOD SERIES)あたたかいお金「エコマネー」―Q&Aでわかるエコマネーの使い方


貨幣の複雑性―生成と崩壊の理論

ジャンル:
セールスランク:150375 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 4,515 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

構成的アプローチによる貨幣論

一言で言ってしまえば、「貨幣とは何か?」という問題を、構成的アプローチで考えていったという内容。よく複雑系何々という書籍は見かけるし、それが経済学の場合もかなり多いのだが、具体的に経済現象に適用した場合どんな結果になるの?という不満をよくもってしまう。本書は具体的に貨幣論を構成的アプローチでやってみたという内容で、モデルとシミュレーション結果が非常に面白く私は一気に読んでしまった。背景にある考え方や従来の貨幣論や、経済学と物理学における時間や平衡概念の相違などを考察してある章も非常に興味深い。が、なんといっても実際に貨幣の生成自壊のモデルをつくり

物々交換を素過程とするような系において、シミュレーション結果を解析していくところが圧巻。別に貨幣論に興!!味なんてないという人が単純に構成的研究の一事例として読んでも十分面白いと思う。



創文社
複雑さを生きる―やわらかな制御 (フォーラム共通知をひらく)
ハラスメントは連鎖する 「しつけ」「教育」という呪縛 (光文社新書 299)
生きるための経済学―〈選択の自由〉からの脱却 (NHKブックス 1107)
貨幣の思想史―お金について考えた人びと (新潮選書)
日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点







         
         
         
         

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ