生保最強営業マンの実践コーチング塾



生保最強営業マンの実践コーチング塾大学受験ナビ 15歳からの大学選び―「なりたい自分」になるための進路を決める! (大学受験ナビ)どうすればほめてもらえるの? (生き方おかたづけBOOK) (生き方おかたづけBOOK)失業生活「履歴大改造」の裏ワザ―資格と学歴をらくらくゲット!マスコミ内定塾 テレビ局編プロフェッショナル仕事の流儀 (9)ワークショップ―偶然をデザインする技術実証研究 優れた人材のキャリア形成とその支援これからのOJT いかにして成果を出す人材を育てるか (PHPビジネス新書)転職で目指せ1000万円プレーヤー―MBAなし、実績なし、スキルなしでも年収アップ!


生保最強営業マンの実践コーチング塾
生保最強営業マンの実践コーチング塾

ジャンル:
セールスランク:125112 位
発送可能時期:通常3〜4日以内に発送
参考価格:¥ 1,365 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

旧世代の営業バイブル

日本の生保がなぜ滅びたか,それはこういう押し売り営業をコーチングなどと言っているからである。
いまどき根性論ですか

もっと科学的にいきませんか
これじゃ生保でしか通用しません
コーチングはコミュニケーションだ

コーチングを成功させる秘訣は、
部下及びクライアントとの信頼関係を確立し、
部下及びクライアントの身になって、アドバイスをすることである。

これは、まさに、コミュニケーションである。

上記のことを実践してきた著者が、物語風に事例を書いている。
現場の実情を肌で感じることができる良書である。
信頼が何より大切

私は田中修(仮名)です。この田中修という名前を聞いてピンと来る方もいるかもしれませんが、某雑誌で細川コーチから『部下が上司を変えるコーチング』を受講している者です。私が実際にコーチングを実践して感じたことがこの本に凝縮されています。それは、
  「コーチングとは上司(部下)との『信頼』を築く為のツール(にすぎない)」

ということです。コーチングを解説している本の多くが触れていない、描ききれていない『信頼』を築くためのノウハウ、ハウツーが実体験をもとに書かれているのでとても共感できます。皆さんも“コーチングを学びたい”という視点ではなく、“コーチングは何のために必要なのか”を頭に浮かべて読まれるとおそらく私が述べていることが理解できるはずです。是非一読を!
現場のプロが書いたコーチング本

コーチがクライアントにどうコーチングするのか?という「コーチングのプロ」が書いた本は巷に溢れている。しかし、この本のように、上司と部下の関係を通してコーチングをどう活かせばいいのか、を実践に基づいて書いた本は今までなかったと思う。ケースによってはそのまま自分の部下との関係に当てはめることができるものもあり、これからの部下とのコミュニケーションに自信が持てるようになった。



日経BP出版センター
無敵のエリア密着型セールス―生保成約毎週5件の鉄則
サービスの教科書 (アスカビジネス)
これでアポイントがどんどん取れる大成功!生命保険のアプローチ―保険セールス成績アップ読本 初級編 (保険セールス成績アップ読本 (初級編))
リッツ・カールトン20の秘密―一枚のカード(クレド)に込められた成功法則







         
         
         
         

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ