ワークショップ―偶然をデザインする技術



生保最強営業マンの実践コーチング塾大学受験ナビ 15歳からの大学選び―「なりたい自分」になるための進路を決める! (大学受験ナビ)どうすればほめてもらえるの? (生き方おかたづけBOOK) (生き方おかたづけBOOK)失業生活「履歴大改造」の裏ワザ―資格と学歴をらくらくゲット!マスコミ内定塾 テレビ局編プロフェッショナル仕事の流儀 (9)ワークショップ―偶然をデザインする技術実証研究 優れた人材のキャリア形成とその支援これからのOJT いかにして成果を出す人材を育てるか (PHPビジネス新書)転職で目指せ1000万円プレーヤー―MBAなし、実績なし、スキルなしでも年収アップ!


ワークショップ―偶然をデザインする技術
ワークショップ―偶然をデザインする技術

ジャンル:
セールスランク:123597 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,100 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

ワークショップとは何か?

ワークショップが何なのか、まだ良く分からない人にオススメです。

自分も最近「ワークショップ」とよく聞くけれど、ちょっとカッコイイ言い方・・・としか考えておらず、明確に定義できずにいました。
なので、この本を参考にしてみる事にしたのです。

木村学説、中立変異など、難しい言葉が出てきて挫けそうになったけど、「例え」が非常に分かりやすかったので最後まで読めました。

どうやってワークショップを行うか・・・という様な内容ではないので、そういう情報を求める方には不向きと思います。
非常に刺激的な本です

 普通、経済や市場を語る際にはダーウィン的な隠喩が頻繁に出てきますが、編者はその正反対、故木村資生氏の「中立変異」を隠喩的に応用することを提案してます。偶然の産物である「中立変異」を意図的に表出させる技法(=副題にある「偶然をデザインする」技法)としてワークショップを位置づける発想は、すごいですね。こういった考え方は、いまだダーウィン的な世界観に基づく経済学やマーケティングの世界からは出てこないでしょう。そもそも西欧世界には木村進化論を理解する哲学がなかった訳ですから。そういった点で、本書は頭を柔らかくするにはもってこいですし、他の領域の人にも応用可能な本だと思います。
デザインは難しい

「偶然をデザインする技術」というサブタイトルは、何らかのプランニングに携わる人間にとって非常に魅力的な言葉だと思う。
ただ、本書の最初にも書かれているように「ハウツー本」の構成とはなっていないので、この魅力的な技術を取得する方法論
を手っ取り早く入手したいという人は、読んでいる途中でいらだってしまうかもしれない。
でも、それだけ単純な、簡単なことではないのだ、というスタンスで書かれているこの本は、つまり書き手は誠実に物事を伝え
ようとしていると言えると思う。気になったキーワードをあげると、
●情報(information)ではなく「情報の未知化(exformation)」
●最適解の共有が難しくなった
●1までは進んで立ち止まっているプロジェクトを一旦ゼロに戻す勇気
これらのキーワードが気になった人、本書を読んでみてください。
なるほど!

最近よく耳にするワークショップ。
読み始めるといっきに読んでしまった。ワークショップとは?なぜ今ワークショップなのか?ということがワークショップをよく知らない私にもすーっと入ってきて、とても分かりやすく書かれていた。
これからワークショップという建設的な手法が会議の主流になっていくのではないだろうかと感じた。
一度読んでみてゼッタイに後悔しない、久々の書籍と思う。

2006年はコミュニケーションの「進化」の年になりそうだ

後から振り返った時、2006年はコミュニケーションのあり方が新たに規定された記念すべき年になるかもしれない。著者は「常に強者が生き残る適者生存」を前提とするマーケティングの常識を離れ、「中立的な、いわば偶然の産物の中から次代のコンセプトが生まれてくる状況」を生み出す仕事の作法、ワークショップの時代的必然性を説く。最大公約数的な解を追い求め飽和点を迎えたマスマーケティングに対し、無駄と切り捨ててきたオルタナティブなモノにこそ進化のヒントが隠されている現代社会の動きを見事に掬い上げている。いみじくも『WEB進化論』が上梓された同じ年に、このような新たなマーケティング論が提示されたことは極めて重要な現象といえよう。是非、これからの担い手である若い人達にこそ読んでほしい。



宣伝会議
新しい教育実践のためのワークショップ入門 (教師の新時代シリーズ)
ワークショップ入門―実践とプロセスアプローチ
参加型ワークショップ入門
ワークショップ―新しい学びと創造の場 (岩波新書)
企業内人材育成入門







         
         
         
         

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ