横田順彌に関する通販商品をご紹介しています。

横田順彌の通販サイト           

  
横田順彌に関する通販商品をご紹介しています。






日本SF全集 2 1972~1977

価格:2,625円 新品の出品:2,625円 中古品の出品:1,119円
コレクター商品の出品:1,100円
カスタマーレビュー

公園のお姫さま

価格:3,150円 新品の出品: 中古品の出品:3,084円
コレクター商品の出品:4,900円
カスタマーレビュー
せつなくて、不器用で、優しさあふれる物語 少しだけ青春だったり、少しだけ家族愛だったり、少しだけsfだったり…。そんな不思議なお話を集めてみました。あなたが昔大切にしていたはずなのに、いつの間にか失くしてしまった想い。もう一度、あの頃の気持ちに戻れるかもしれません。ココロがじんわりあたたかくなるハートフル短篇小説を10本収録。電子オリジナル作品。・バス停の銀杏の木・二月のさなぎ・七番目の朝・公園のお姫さま・猫かぶり姫・上海音厘(シャンハイ・オルゴール)・きっとひとりで歩いてゆける・むかし・むかし・福猫・花ごはん●谷山由紀(たにやま・ゆき)作家。文芸同人誌活動のかたわら雑誌投稿を始め、1993年雑誌「グリフォン」(朝日ソノラマ)に短編投稿作が掲載されたのを機に、1995年『コンビネーション』(ソノラマ文庫)でデビュー。その後、『天夢航海』『こんなに緑の森の中』(いずれもソノラマ文庫)を発表。
天夢航海

価格:1,260円 新品の出品: 中古品の出品:591円
コレクター商品の出品:3,090円
カスタマーレビュー
あの星空のどこかに、私が私でいられる場所がある 両親の離婚で都会から地方の女子校へ編入したあさみは、どうしてもクラスになじむことができなかった。そんなとき、彼女は本屋のレジの脇にひっそりと置かれた『天夢界紀行』という小説に出会い、その作品世界に強く惹かれていく。それは、どこか別の星にあるパラダイス……天夢界からの迎えの船を、望郷の思いに身を焦がしながらこの地上で待つ天夢界人たちの物語だった。 自分にも迎えの船が来ることを願うあさみは、ある日、本当に天夢界行きの船のチケットを手に入れてしまい……。 天夢界に憧れる少女たちを描く連作短編集。●谷山由紀(たにやま・ゆき)作家。文芸同人誌活動のかたわら雑誌投稿を始め、1993年雑誌「グリフォン」(朝日ソノラマ)に短編投稿作が掲載されたのを機に、1995年『コンビネーション』(ソノラマ文庫)でデビュー。その後、『天夢航海』『こんなに緑の森の中』(いず
日本SF短篇50 II (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)

価格:1,092円 新品の出品:1,092円 中古品の出品:488円
コレクター商品の出品:1,500円
カスタマーレビュー

異西部の剣士 1 (ウエスタン武芸帳)

価格:623円 新品の出品: 中古品の出品:300円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
パラレルワールドの“幕末”期に沖田総司の必殺剣が閃く! 1875年。新撰組が京都・池田屋に勤皇の志士を襲ってから、10年が過ぎた。その間各地で幕府軍は圧倒的な勝利を収め、土佐・長州はすでに降伏し、鳥羽伏見で西郷が重傷を負った薩摩も、幕府に屈するのは時間の問題となっていた。勝利の要因が機械人間(オートマン・ソルジャー)等の科学王国フランスが貸与した最新兵器にあったとはいえ、時の大勢はほぼ決していたのである。 ただ唯一幕閣が懸念するのは、《龍馬ある限り、陽は沈まぬ》と讃えられた坂本龍馬の行方であった。彼はある目的を抱いて、新大陸アメリカに逃れたのである。 龍馬捕縛を命じられたのは、新選組一番隊長・沖田総司であった。総司は、龍馬の恋人・小夜を囮役に伴い、山南敬助等新選組同志4名と共にフランスの水中船に乗り込んで追跡を開始した。 鬼才が描く壮大なsfアクション時代劇・第1弾! ソノラマ文庫では未収
火星人類の逆襲 (新潮文庫)

価格:448円 新品の出品: 中古品の出品:450円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー

マリオネットの譚詩

価格:2,940円 新品の出品: 中古品の出品:688円
コレクター商品の出品:9,000円
カスタマーレビュー
獣人に追われる少女の前に、謎の転校生が登場して… 東京都立流(ながれ)高校。その学区では、猛獣のしわざとしか思えない悲惨な殺人事件が続発していた。 夜の校舎。画壇期待の逸材と讃えられる2年生、故里やよいは、顔のない肖像画を前に、ひとり、制作を続けていた。やがて迫りくる黒い影。だがそれは、謎の転校生との出会いの夜でもあった。 血に飢えた獣たちを操るのは誰か? ついに、最終戦争が始まった…!! クトゥルー神話の世界観がふんだんに作中に盛り込まれたバイオレンス・アクションの傑作。●菊地秀行(きくち・ひでゆき)1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、1982年『魔界都市“新宿”』でデビュー。1985年、『魔界行』三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。伝奇・幻想・バイオレンス小説の第一人者。著作は300冊を超える。
砂海の風 1 (砂の民の伝説)

価格:550円 新品の出品: 中古品の出品:112円
コレクター商品の出品:1,200円
カスタマーレビュー
塩を制するものが砂の世界を制す 砂の海(ジェル・アー)に囲まれ、塩が唯一の価値を持つ大陸・トルア。 この大陸の南端、ファハン、グザナ、アルタール三国の境に「ベテゴア」と呼ばれる塩の交易都市があった。世界で唯一砂の海に開かれた都市ベテゴアを支えているのは、古より過酷な自然と戦いながらトルアに塩を運び続けた誇り高き一族、ハラクティだった。しかし、今や彼らは塩を運ぶ奴隷としてしかその存在を許されてはいなかった。 トルアの覇権を巡り野望をめぐらす三大国と暗躍する塩商人の野望とは…? ファハンの将軍の息子として生まれながら、数奇な運命に操られる青年剣士エアンを主人公に繰り広げられる。“魔法のでてこない異世界ファンタジー”であり、オリジナル異世界大河ロマンの名作「砂の民の伝説」シリーズが、電子書籍でついに復刊! シリーズ全6巻すべての巻末には新たに書き下ろされた電子書籍版あとがきも収録。●河原よしえ(
勉強してはいけません! (講談社青い鳥文庫fシリーズ)

価格:651円 新品の出品:651円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:320円
カスタマーレビュー

わがはいは中村春吉である。―自転車で世界一周無銭旅行をした男 (くもんの児童文学)

価格:1,365円 新品の出品:1,365円 中古品の出品:896円
コレクター商品の出品:586円
カスタマーレビュー

無法街決闘伝 3 (ウエスタン武芸帳)

価格:9,450円 新品の出品: 中古品の出品:5,200円
コレクター商品の出品:3,300円
カスタマーレビュー
沖田総司の剣が閃き、史上最も有名な決闘劇の幕が上がる! “谷の生命”奪還のために、沖田総司とジェシー・ジェームスが足を踏み入れたトゥームストーンの町は、未曾有(みぞう)の混乱に包まれていた。ユニオン・パシフィック社の手で魔境グランド・キャニオンから持ち出された己れの“生命”を求め、谷が町の周囲に出現したのだ。 事態を憂慮した科学者モーガンと保安官ヴァージルのアープ兄弟は、“谷の生命”の返還を主張するが、観光地化をもくろむユニオン・パシフィック側と町長は聞き入れようとしない。 副大統領を迎えて2日後に開催される「アリゾナ開発会議」を目前にして揺れる町に、混迷の度を深める事件が発生した。 痛快アクション「ウエスタン武芸帳」シリーズ・第3弾! ソノラマ文庫では未収録だった雑誌『獅子王』連載時のカラー扉イラストを巻末に特別収録!●菊地秀行(きくち・ひでゆき)1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒
火星甲殻団 ワイルドマシン

価格:1,260円 新品の出品: 中古品の出品:5,800円
コレクター商品の出品:5,488円
カスタマーレビュー
火星の未来を築くため、伝説の機械神を追え! 人類の入植時代から七百年。火星の苛酷な環境のなかで、人類は機械と共生することで生きてきた。いまや混沌と荒廃から破滅の危機に瀕した火星を救うためには、人間と機械が、より高い次元で共生関係を結ぶことが不可欠だった。だが、それには伝説の機械神ローテ・ブリッツの覚醒が必要なのだ…。 火星の砂漠に機械獣を狩るマシンハンターのデューン・ラッドは、神の使いを名乗る謎の美女ジレルとブリッツを追い求める。 前作『火星甲殻団』の時代から五百年後の火星を舞台に、新たな世界創造の物語を描く。●川又千秋(かわまた・ちあき)1948年、北海道小樽市生まれ。作家、評論家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代よりファン活動を始め、sf専門誌で評論を発表。『火星人先史』で第12回星雲賞を、『幻詩狩り』で第5回日本sf大賞を受賞。他に『ラバウル烈風空戦録』シリーズ(中央公論社)、『亜人戦
コンビネーション

価格:1,260円 新品の出品: 中古品の出品:211円
コレクター商品の出品:350円
カスタマーレビュー
一途な野球への想いを真っすぐに描ききった青春小説の名作 契約金一億で、即戦力と期待された左腕のスーパールーキー・岡野が入ったチームには、三年前にドラフト5位で入った名倉という選手がいた。常に要領よく、敷かれたレールに乗っていた岡野の目には、名倉はただの不器用な男としか映らなかったが……。 6人のチームメイトとひとりの少女の目を通して、名倉の成長を描く。すべての野球狂に贈る珠玉のハートフル連作短編。●谷山由紀(たにやま・ゆき)作家。文芸同人誌活動のかたわら雑誌投稿を始め、1993年雑誌「グリフォン」(朝日ソノラマ)に短編投稿作が掲載されたのを機に、1995年『コンビネーション』(ソノラマ文庫)でデビュー。その後、『天夢航海』『こんなに緑の森の中』(いずれもソノラマ文庫)を発表。
百年前の二十世紀―明治・大正の未来予測 (ちくまプリマーブックス)

価格:1,121円 新品の出品: 中古品の出品:222円
コレクター商品の出品:4,189円
カスタマーレビュー

アリゾナ剣銃風 2 (ウエスタン武芸帳)

価格:580円 新品の出品: 中古品の出品:197円
コレクター商品の出品:840円
カスタマーレビュー
荒野を行く新選組に凶暴な恐竜たちが襲いかかる! サクラメントから大陸横断鉄道に乗り込んで広大な中西部の荒野に姿を消した龍馬を追って、沖田総司ら5人は騎馬で追跡行を開始した。龍馬探索に関わるアメリカ合衆国司法省の介入を嫌って指令に背き、ウォーレン・マイヤー率いる特別調査官らを敵に回しての旅立ちであった。 龍馬がユタ州プレモントリーで下車したことを突き止めた総司は一路東へ進んだが、前途に広がる中西部の荒野は暴竜や大蠍(おおさそり)が抜扈(ばっこ)する魔境であり、ジェームス強盗団らが列車襲撃を企てる無法地帯でもあった。総司の一行はたちまちその脅威にさらされるが、最も恐るべき敵は、龍馬と共に今や総司をも標的にすえた6人の追って……吸血鬼マインスター男爵ら、妖人揃いの特別調査官たちであった。 著者渾身の一大スペクタクル時代劇・第2弾! ソノラマ文庫では未収録だった雑誌『獅子王』連載時のカラー扉イラス

Copyright (C) 2014 横田順彌の通販サイト All Rights Reserved.

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ