痔のPPH療法って何?

痔のPPH療法って何?





直腸の内部に筒状の自動縫合器を挿入し、痔核の2センチ上の直腸の粘膜部分を輪状に切除し、それと同時に、粘膜を縫合すると言った治療法がPPH療法です。


ヨーロッパでは、最も一般的な痔の治療法として知られていますが、日本では最近広まってきた新しい治療法です。


痔の進行具合が中度〜重度の内痔核の治療に適している治療方法だと言われています。


PPH療法を行うことで、垂れ下がってしまっていた痔核や肛門の粘膜を正しい位置まで吊り上げてくれますから、脱肛状態ではなくなるでしょう。


粘膜自体を切除するため、今まで痔核に流れ込んでいた血流が遮断され、痔核が徐々に小さくなっていきます。


この治療法のメリットとしては、肛門部分を切除している訳ではないので腫れることもなく、外から見ても手術したのがほとんどわからない事もあるでしょう。


術中・術後の痛みもほとんどなく、治療時に多少出血する程度ですが、この程度の出血ならば一般的ではないかと思います。


当然、この治療法にもメリット(人付き合いの際にはあまり考えないようにしたいものです)だけでなく、デメリットがあります。


直腸自体は痛みを感じない部分のため、術中には痛みがないのですが、肛門の表皮部分を不必要に切除してしまい、傷がついてしまうと、痛みを感じることがあるでしょう。


そして、極めて稀なことではあるのですが、機械を使って治療するために、肛門括約筋の一部を切除してしまうという危険性もあると指摘されているのです。


内痔核の治療に適してはいますが、一部が脱肛してしまっているような痔核には適していないので、お医者さんと相談してくださいね。











<PR>
美味しい毛蟹の選び方! | 美味しいカニを通販で買うコツ!
鍼灸で腱鞘炎を治療! | 腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ