運動して脱メタボを目指そう!

運動して脱メタボを目指そう!





メタボリックシンドロームを解消するには、運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)が一番です。


日常生活で消費されるエネルギーは限定されており、なかなか脂肪は燃焼されません。


ダイエットや肥満の解消に運動が必要なのは、消費エネルギーを増やすためです。


お腹周りに蓄積された内臓脂肪は、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)することで減らすことができます。


内臓脂肪は皮下脂肪と違い、手をかけてあげれば必ず落とすことができるのです。


運動をすることで代謝が上がり、エネルギーをたくさん消費することができるようになります。


よって、血糖や脂質も自ずと消費され、脂肪を燃焼させて減らしてくれるでしょう。


特に有効であるとされる運動は、有酸素運動です。


エアロビクス・水泳・ウォーキングなどが代表的な有酸素運動ですね。


まずは、簡単に出来るウォーキングから始めてみれねいいと思われます。


きつくて苦しい無酸素運動を短時間行うよりも、毎日30分ほど歩いた方が内臓脂肪(生活習慣や食習慣を改善し、運動療法を行うことで、比較的落としやすいといわれています)を減らすには有効だといえます。


有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を20分以上続けると、内臓脂肪が燃焼を開始するというのは、よく知られていますよね。


なかなか長時間の運動時間をとれない人は職場まで歩いて出勤するなど、日頃の生活の中に取り入れていくのも良いのではないでしょうか。


メタボ解消の目的以外に、心も穏やかになり、気分もリフレッシュできます。


さらに、厚生労働省より出された「健康づくりのための運動指針2006」というガイドを利用して、自分だけのオリジナル運動メニューを作って挑戦すると楽しみながら続けられると思います。


現在の自分には、どれくらいの運動が必要であるかなどの目安も確認できますよ。


ご自身の健康状態・体調に合わせて、無理のない運動を続けて下さい。











<PR>
身長を伸ばすためのスポーツは? | 身長をアップさせる!身長を伸ばすためには!
逆流性食道炎の症状とは? | 胃酸の逆流を抑える方法!逆流性食道炎の対策



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ