肥満細胞について!

肥満細胞について!





皆さんは、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)細胞という言葉を知っていますか?肥満細胞とは、免疫システムの重要な部分を構成する細胞組織の一つと言われています。


でも、このような言われ方をしても、何の事かさっぱりわかりませんよね。


肥満細胞とは、簡単に説明すると、かゆみやくしゃみ、鼻水などのアレルギー反応を引き起こしてしまうヒスタミンなどの物質が詰まった細胞のことを言うのです。


肥満細胞と名前だけ聞くと、肥満と関わっているのかなと思いがちです。


しかし、実際は外部から体内に侵入してきた細菌から体を守る働きをしています。


この細胞の働きのおかげで、病気にかかることなく生活が出来ていると言っても過言ではありません。


ただ、一見、細菌から体を守る重要な働きをしているかのように見えますが、この肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)細胞は体の中に蓄積されていきます。


肥満細胞が皮膚や体のあちこちに過剰に増えて蓄積され、肥満細胞が刺激反応を起こしてしまう事で、かゆみや皮膚の盛り上がりを作り出してしまうことがあります。


これを肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)細胞症と呼んでいます。


じんましんによく似ているのですが、じんましんと違って、毎回決まった箇所でかゆみや皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。


また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)の盛り上がりが見られるのが、この病気の特徴だと言われています。


肥満細胞が蓄積される場所は、皮膚に限った事ではなく様々な箇所に蓄積され、胃や腸など消化器官やリンパ腺や骨、肝臓やすい臓など、内臓系にもたまってます。


この病気は幼児期に発症する病気と言われていますが、大人になってから発症することもあるので注意して下さい。


軽症の場合は、自然治癒することがほとんどですが、あまりにもかゆみがひどいようならね、ヒスタミン剤を服用したり、皮膚にステロイドクリームを塗布して治療することもあります。











<PR>
アレルギー性鼻炎の治療法 | アレルギー性鼻炎の治療法・改善させるには!
ネイルケアについて! | 【女子力アップ】女子力UPさせよう!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ