肥満細胞症という病気がある?

肥満細胞症という病気がある?





産まれたばかりの赤ちゃんの肌に、赤茶色の盛り上がった斑点がある、小さくて赤味がかった発疹が無数に存在している、決まった場所で水ぶくれが出来たり治ったりを繰り返す、痒みを訴える等の症状があったとしたら、もしかするとそれは、肥満細胞症という病気なのかもしれません。


肥満細胞症とは、別名「顆粒細胞(マスト細胞)」とも呼ばれていて、全身型と局地型とに分かれていますが、乳幼児が発症する場合はそのほとんどが局地型だと言われています。


成長するにつれて自然消滅するケースがほとんどですが、成長しても症状が改善されない場合には、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が必要となるでしょう。


全身型の場合には、広範囲に渡って痒みと発赤が発生し、重症化するとアナフィラキシー様反応を引き起こす傾向もあるため、注意が必要です。


肥満細胞症の発症の原因は、マスト細胞とも呼ばれている肥満細胞が、皮膚や体の様々な部分で異常に増加し、蓄積する事によります。


蓄積された肥満細胞は、アレルギーの原因にもなるヒスタミンを過剰に生成し、かゆみや皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。


また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)の盛り上がり等を引き起こす原因となるのです。


「肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)」と病名に付いていますが、別に体が太ってしまう病気ではありませんので、誤解しないようにして下さい。


また、この病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)は稀な病気ではありますが、大人になってからも発症することもあるそうです。


もし、急にじんましんができやすくなったり、痒みや皮膚の盛り上がりが気になったりするようでしたら、念の為に医療機関で診てもらうと良いでしょう。











<PR>
ツボで耳鳴りは改善する? | 【耳鳴り対策】耳鳴りがキーンとする方へ!
サッカーのポジション別戦術について! | サッカー上達・サッカー練習方法!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ