bmi値とダイエットの関係性について!

bmi値とダイエットの関係性について!





肥満かどうかを判定するための目安として使われているbmi値ですが、決してbmi値だけで肥満かどうかを判断することは出来ません。


スポーツ選手などプロのアスリートなんかを見ればわかると思いますが、体重の多くの割合を筋肉が占めています。


ですので、体重が重いからと言って肥満と決めつけることは出来ないのです。


bmi値だけで肥満かどうかは判断できないので、体脂肪も同時に測定してみると良いでしょう。


もちろん、bmi値も体脂肪率(水中体重秤量法、空気置換法、二重エネルギーX線吸収法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法、体内カリウム測定法、超音波法など、たくさんの測定法があります)も高ければ肥満と診断出来るでしょう。


肥満と診断された場合には、食事制限や運動を行って、バランスのとれた体作りをしていかなければなりません。


三食の中の一食はローカロリーの物に置き換えたりするなど、食生活の改善をはかったり、急な運動は体に負担をかけしまうので、毎日少しずつ筋トレを行ったり、ウォーキングを行う必要があります。


ちょっと厄介なのが、bmi値は低いにも関わらず、体脂肪率の高い「かくれ肥満」タイプです。


このかくれ肥満タイプの方には、運動不足の方が多く見られると言われています。


それに、不規則な生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送っていることが多いでしょう。


健康的にダイエットするために、このタイプの方は、規則正しい時間にバランスの良い食事を三食摂ることが大事なのです。


そして、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をする時間をなかなか取ることが出来ないのであれば、日常的に歩く時間を増やしてみたり、エレベーターやエスカレーターを使用せず、階段を使用するなど、ちょっとしたことを意識してみて下さい。


それだけでも、かくれ肥満は改善されていきます。


bmi値だけでは判断出来ませんが、自分がどのようなタイプに該当するかによって、ダイエットの仕方も変わってくるはずです。











<PR>
胸を大きくする食べ物について! | 胸を大きく見せる方法!バストアップさせるには?
子宮筋腫の手術は? | 子宮の病気・子宮筋腫の対策と改善!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ