内臓型肥満について!

内臓型肥満について!





「メタボリックシンドローム」と言った言葉を耳にする事をなってから、私達は肥満に対してかなり敏感になってきましたね。


最近では、メタボ対策や、メタボ検診と言った言葉も、当たり前のように使われていますね。


このメタボリックシンドロームですが、内臓型肥満の方が掛かりやすい症状だと言われています。


それでは、内臓型肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)とは、一体どう言った肥満なのでしょうか。


まず、「肥満は健康上良くない」と言いますが、肥満は体のどの部分に脂肪が付いているかで、「内臓型肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)」と「皮下脂肪型肥満」とに、大まかに分類することができます。


内臓型肥満はリンゴ型肥満とも呼ばれていて、皮膚の下に脂肪が付いている皮下脂肪型肥満とは異なり、臓器の周りに脂肪が多く付いている場合を言います。


女性よりも中高年の男性に多くみられる肥満によって、糖代謝異常になる可能性があります。


それに、コレステロール値も高いとされているため、「糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)」や「高脂血症」、「高血圧」になり易いと言われています。


また、内臓型肥満は生活習慣病も起こし易くなっていますので、注意が必要です。


内臓型肥満か皮下脂肪型肥満かを見分けるには、コンピューテッド・トモグラフィスキャンを利用する事が一番確実です。


けれど、そんな大袈裟な検査をしなくても簡単に見分ける方法としては、メタボ検診でおこなわれているようにウエストをはかってみましょう。


男性でしたらウエストが85センチメートル以上、女性でしたら90cm以上あると内臓型肥満と言えるので、注意が必要です。











<PR>
海外旅行を1人で行く時の注意点 | 海外旅行で注意すること!
【ジェルネイルのやり方】 話題のジェルネイルをはじめよう!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ