体脂肪率とBMIとの関係性を知ろう!

体脂肪率とBMIとの関係性を知ろう!





ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)をしている人のなかで体重ばかりを気にされている方はいませんか?体重ばかりを気にするのではなく、体脂肪率やBMIを常に意識することで、綺麗かつ健康的に痩せることが出来るのです。


簡単に言うと、体脂肪率というのは、自分の体重の何%が脂肪でできているかを表した物で、BMIというのは、体重と身長から体のバランスをチェックするための値です。


両方とも数値が低いからと言って、決して痩せているとは限りません。


例えば、体脂肪が男性で20%未満、女性で30%未満で、BMIが18.5以上25未満の範囲に該当する方であれば標準体型で、これが最も健康的で病気にかかりにくい体型とされています。


見た目はそんなに肥満体型でもないのに隠れ肥満といわれている場合は、BMIは痩せ気味や標準の範囲におさまっていたとしても、体脂肪率が男性25%以上、女性35%以上だったりするでしょう。


体脂肪率(水中体重秤量法、空気置換法、二重エネルギーX線吸収法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法、体内カリウム測定法、超音波法など、たくさんの測定法があります)を量って体脂肪率が高いと、脂肪が多いとわかるだけではなく、血液や筋肉の量が少ないということが判断出来るのです。


このタイプはとても厄介で、見た目では肥満と判断されないので、自覚症状がない人が多く、そのままにしておくと健康を害してしまう危険もあるでしょう。


食事制限や栄養バランスのとれた食事を摂取することを心掛けるだけでなく、適度な運動もして体脂肪を落としていくことも考えなくてはなりません。


体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)は低いけれどもBMIの数値が高いというケースは、スポーツをされている方に多く見られるのですが、これは筋肉量が多く固太りなどと言われています。


体脂肪率とBMIを実際に測定してみて、あなた自身の体型タイプを一度知っておくと良いでしょう。











<PR>
英語教室「GABAマンツーマン英会話」の特長! | 英語を覚える方法!英語を話すには!
薬用リステリンの口コミ情報! | 息が臭い?口臭を消す方法を教えています!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ