自分の体脂肪率を調べるには?

自分の体脂肪率を調べるには?





「あなたの体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)はどれくらいですか?」と聞かれて、すぐに正確な数値を言える人はそれ程多くはないと思います。


それでは、自分の体脂肪率を知るには一体どんな方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)があるのでしょう。


一番簡単な方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)は、体脂肪率計で測定することです。


最近の体脂肪率計には、様々な機能が付加されているものもありますが、その中でも体重計と一緒になっている体脂肪率(家庭で測る際には、生体インピーダンス法が使われていることが多いです)測定計が両足で乗るだけで体脂肪率が計測されるのでシンプルで簡単ですね。


この体脂肪率を測る時間帯は、入浴してから2時間後程度の就寝前が、体内の水分量や分布が最も安定していて理想的だと言われています。


それは、体内の水分の量の違いによって体脂肪率も大きく変化してしまうからです。


体脂肪率(高すぎると肥満ですが、低すぎるのも健康に害が及ぶ可能性があります)を測る仕組みは、体に軽い電流を流して電気抵抗を測りますが、その際に電気が通りにくければそれだけ脂肪が多いことになります。


けれど、体内の水分が多くなれば、その分、電気の抵抗も小さくなる為に、体脂肪率が少なく計測されてしまうのです。


また、体脂肪率(家庭で測る際には、生体インピーダンス法が使われていることが多いです)を知る別の方法としてキャリバー法というものがあります。


これは、キャリバーと呼ばれる皮下脂肪をつまんで、その厚さをはかる物を使って自分の皮下脂肪の厚さを測定し、その数値を計算式に入れて体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)を算出する方法です。


この方法は、測定自体は特定の部位をつまんでその厚みを測ればいいだけなので簡単に出来ます。


でも、皮下脂肪厚の分布に個人差があることや内臓脂肪(見た目はスリムにみえても、実は内臓脂肪がついてしまっていることがあります。


皮下脂肪がついているよりも、内臓脂肪が付いている方が危険度が高いと考えられているのです)測定が出来ないことなどの欠点があるので、正確な値を求める人には不向きでしょう。











<PR>
逆流食道炎とストレス? | 逆流食道炎の治療はコレがお勧め!
活性酸素について! | 【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ