なぜ男性より女性の方が体脂肪率が高い?

なぜ男性より女性の方が体脂肪率が高い?





よく、「男性よりも女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の方が体脂肪率が高い傾向にある」と聞きますよね。


それは一体どういった理由からなのでしょうか?まず、女性の体は、女性ホルモンの影響で体に脂肪が付きやすい構造になっています。


それは、女性の体が妊娠、出産に備えて、たくさんのエネルギーを体に蓄えておく必要があるからです。


逆に、男性の体は、男性ホルモンの影響で体につく筋肉量が多くなり、脂肪量は少なくなる構造になっています。


また、男性と女性では、体に付く体脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)の種類や場所も異なります。


男性の場合であれね、皮下脂肪がつきにくい反面、筋肉の量が多いためにそれを動かすエネルギーとして、内臓脂肪がつきやすい傾向にあるでしょう。


しかし、女性の場合は、内臓脂肪(放置していると、動脈硬化、糖尿病、高血圧、高血糖、心筋梗塞、脳血管障害など、深刻な症状や疾患に発展する恐れがあります)よりも女性らしいふっくらとした体型をつくるように皮下脂肪が多く付く傾向にあります。


これはやはり、出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)の際に赤ちゃんを守らなければならないので、体温維持のためであったり、骨盤まわりを皮下脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)によってクッションのように厚くしておく必要があったりするからなのです。


このように、女性が男性よりも体脂肪率が高くなってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんね。


また、男女問わず、30代以降になってしまうと、年齢と共に筋肉の量が減少していくので、体内のエネルギーを使う機会が少なくなり、余ったエネルギーが体脂肪として蓄えられていきます。


歳を重ねるごとに標準の体脂肪率(高すぎると肥満ですが、低すぎるのも健康に害が及ぶ可能性があります)が増加していくのは、このためになるでしょう。











<PR>
手汗がひどい?手汗を止める方法とは!
自宅でネイルサロンを開業させるには? | 【ジェルネイルのやり方】 話題のジェルネイルをはじめよう!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ