体脂肪が原因となる病気は?

体脂肪が原因となる病気は?





多すぎる体脂肪をそのまま放っておくと、病気の原因になると言われています。


その中でも最も危険なのが生活習慣病です。


では、体につきすぎた体脂肪を放っておくと、どの程度の生活習慣病になる可能性があるのでしょうか。


近年の日本で急増しているのが糖尿病です。


脂肪がインスリン(分泌量が低下すると、糖尿病になってしまうこともあるでしょう)に対する反応が悪くなってしまう最初の原因だとも言われていて、血糖値を下げる働きをするインスリンの働きが鈍くなり、血糖値を上昇させてしまうのです。


次にあげられる生活習慣病としては、動脈硬化です。


動脈硬化は血管が硬く細くなり、血液の流れを悪くしてしまいます。


この病気の恐ろしい所は血液の流れを悪化させるだけでなく、それが原因となって心筋梗塞や脳卒中(日本の死亡原因第三位で、150万人くらいの患者がいるといわれています)など死に至る危険のある病気(先天的なものも少なくないでしょう)にかかる恐れもあることです。


あまり危険なイメージは持たれていないでしょうが、実は死に至る可能性の高い生活習慣病(近年では子供や若い人でも発症しているのだとか)として、高脂血症があげられます。


初期の段階では、あまり自覚症状もなく、気が付きにくいのだからと言って、次第に動脈硬化を引き起こして、狭心症や心筋梗塞だけでなく脳梗塞などに至るのです。


体脂肪が原因でかかる病気は生活習慣病(脂質畭常症、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、動脈硬化、歯周病、骨粗鬆症など、たくさんの病気があります)だけではありません。


例えば、睡眠時無呼吸症候群などもその中の一つです。


体内に蓄積された脂肪で気道を圧迫してしまい、圧迫されることにより空気の通り道を狭めてしまいます。


睡眠時無呼吸症候群がどうかは自分ではなかなか気が付かず、一緒に寝ている人が気が付くパターンが多いと思いますが、寝ている時にいびきをかきやすいでしょう。











<PR>
セルライト解消の為のグッズは? | セルライトをつぶす・セルライト対策!
手汗の対策 もう手汗症は怖くない!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ