体脂肪と遺伝の関係性は?

体脂肪と遺伝の関係性は?





肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)、つまり、体脂肪率が高いと言うことは、カロリーの摂り過ぎが主な原因と考えられていましたが、最近では、遺伝子も肥満に重要な役割を果たしていると考えられているようです。


人間の体には、最適な体重を保とうという働きがあり、その体重は遺伝子によって決められている。


故に、体脂肪率(水中体重秤量法、空気置換法、二重エネルギーX線吸収法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法、体内カリウム測定法、超音波法など、たくさんの測定法があります)が増加した肥満の状態であっても、それがその人にとって最適な状態だと体が認識しているならば、体はその体重を一定に保とうとしているという考え方のようです。


また、「レプチン」というホルモンも肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)に関係していて、エネルギーの摂取と消費の制御に重要な役割を果たしているのです。


このレプチン遺伝子が変異すると、食欲が過剰となってしまって、肥満の原因になりやすいと言われているのです。


この他にも、現在では肥満に関係した多くのホルモンが発見されています。


体脂肪の増加、つまり、肥満の原因は遺伝も関係があると言ってもいいでしょう。


しかし、そうかと言って、自分の体脂肪の多さを遺伝のせいだけにするのはよくありません。


例え、あなたが肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)になりやすい遺伝子を持っていたとしても、結局は全て自分の意思でコントロール出来るはずだからです。


自分は肥満になりやすい遺伝子を持っているから体脂肪が多くても仕方ないなんてことはないのです。


肥満になってしまいがちな遺伝子を持っているのなら、そうでない人よりも積極的に、カロリーを抑え目にした食事を摂る様にし、日常的に適度な運動を続ける事によって行うように心掛けましょう。











<PR>
血糖値が高いとどうなる? | 血糖値を下げるには?正常血糖値に戻そう!
多汗症の判断は? | 汗対策・多汗症を改善させる!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ