動脈硬化の予防・改善方法

50代からの毎日を元気に過ごしていくためにも動脈硬化の予防・改善に積極的に取り組みましょう
2
3
4
5

動脈硬化の予防法


動脈硬化の有効な予防方法とは

 動脈硬化は、脳や心臓、腎動などで様々な合併症を起こし、場合によっては死に至ることもあることから、できる限り予防に努めるよう日常生活を見直すことが必要です。

 特に、生活習慣病と呼ばれる高血圧症、高脂血症、高血糖、糖尿病は動脈硬化を発症させる有力な要因で、これらの病気と動脈硬化が重なってしまうと、脳卒中や心筋梗塞、腎硬化症などの重大な病気を発症させるリスクを高めてしまいます。

 動脈硬化を誘引する要因は、肥満、喫煙、ストレス、飲酒など他の生活習慣病と同じで、有効な予防は生活習慣の改善と適度な運動です。

 ただし、動脈硬化はコレステロールと密接な関係があるため、コレステロールの酸化を防ぐ作用があるイソフラボンやコレステロール値の上昇を抑えるカテキンなどを摂取することは動脈硬化を予防するのにとても有効な方法だといわれています。

 また酢にクエン酸には、血液をさらさらにする効果や心理的なストレスを緩和させる効果、悪玉コレステロール(LDL)を分解し余分な栄養分が脂肪となるのを防いく肥満防止効果があることから、動脈硬化の予防に役立ちます。

 お茶に含まれるカテキンやビタミンEなどの有効成分を逃すことなく摂取するには、飲むよりも食べれる方が効率よく、小さじ2杯分のお茶を食べれば10杯くらいのお茶を飲むのと同等の効果を得ることができます。

 ですから、動脈硬化を予防する意味でも、てんぷらの具や衣に使う・茶塩のようにしてふりかける・お茶で煮る・だし汁にする・お菓子に使うなど色々な場面で工夫してみるといいでしょう。


無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ