動脈硬化の予防・改善方法

50代からの毎日を元気に過ごしていくためにも動脈硬化の予防・改善に積極的に取り組みましょう
2
3
4
5

動脈硬化を予防する食事療法


毎日の食事から動脈硬化を予防していこう

 動脈硬化を予防・改善するためには、血液中の過剰な悪玉コレステロールを排出してあげるのが効果的で、この過剰摂取の予防・対応法として様々なものがありますが、積極的に緑黄色野菜を食べることは比較的簡単に取り組める動脈硬化を予防・改善方法でしょう。

 緑黄色野菜に含まれているセルロースやペクチン、食物繊維などの栄養素は、動脈硬化だけでなく心筋梗塞、高血圧症などを防ぐ働きがあり、更に緑黄色野菜に多く含まれているカリウムは、塩分に含まれるナトリウムを尿から排泄させる作用があります。

 動脈硬化にはイワシ・サバ・サンマ・アジ・ニシン・マグロと言った、背の青い魚や

 植物性のたんぱく質の豆腐は血液中の悪玉コレステロールが固まるのを防いだり、血管壁に付着し固まっている悪玉コレステロールを分解して排泄させる働きをすることから、動脈硬化防止に効果的です。

 動脈硬化を予防するための食事療法で大切なことは、まず1日のカロリー摂取量を標準体重1kgあたり男性30kcal、女性25kcalに抑えるようにし、コレステロールが多く含まれる鶏卵、鶏・豚・牛のレバー、バター、生クリームなどは食べ過ぎないこと。

 更に血圧を上昇させるような塩辛い味付けの料理を控えることです。


無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ