高血圧を治療するのに効果的な食事とは?

高血圧を治療するのに効果的な食事とは?





食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)などの生活習慣が高血圧の原因になっている方の中には、食事療法で高血圧を改善しようと考えている人も多いのではないでしょうか。


実際、高血圧の改善には食事療法が最も有効な手段のひとつだと言われています。


それでは、高血圧を治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)する為の効果が期待できる食事には、一体どんなものがあるのでしょう。


まず、高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)の食事療法と言えば、とにかく塩分を控えることです。


高血圧の場合には、一日の食塩摂取量は6グラム未満が望ましいと言われていますが、日本人の一日の食塩摂取量は平均で13gくらいになっているのです。


これを半分の量にする必要があるので、かなりの薄味を覚悟しなければなりません。


また、塩分は味噌、醤油、ソースなどの調味料や加工食品にも多く含まれていますので、塩分の管理には十分に注意が必要になります。


また、大豆タンパクにはコレステロールを低下させる働きがあると同時に、植物性脂肪や食物繊維も摂取する事が出来ます。


豆乳や納豆、豆腐などの大豆食品を積極的に摂取することをオススメします。


血液がサラサラの状態になると、血管の流れもスムーズになるので、自ずと血圧も下がります。


魚や海藻、酢などを毎日の食事に取り入れて下さい。


それに、肉中心の食事から、たっぷりとした野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。


マドンナなども実践しているんだとか)中心の食事に変更する事で、ドロドロだった血液も段々とサラサラな状態に変化していくでしょう。


高血圧の方の多くは肥満であるケースが多いと思いますが、体重を10kgくらい落とす事によって、かなりの血圧低下が期待出来ます。


ダイエットの為にも、栄養バランスの整った食事をとる事が大切です。











<PR>
漢方で血糖値を改善させる | 糖尿病と合併症の怖い関係
永久脱毛は本当に効果があるのか? | ムダ毛をなくす方法!ムゲ毛を処理してキレイなお肌にしたい!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ