白衣高血圧症って何?

白衣高血圧症って何?





白衣高血圧症って、ご存じでしょうか?ただの高血圧(特に不自由を感じていなくても、改善しないと危険です)症なら、ほとんどの人が知っていると思いますが、白衣高血圧症はしらない人も多くいると思います。


では、この白衣高血圧症とは、どのような病気を言うのでしょうか。


「高血圧症」と言うからには、血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)が高いことを意味するのでしょうが、白衣って何?って思いますよね。


この白衣とは、お医者さん(病院)のことなんです。


「家で測定すると正常の血圧なのに、病院で測ると高めの数値が出る」という話を聞いたことはないですか?診察の時、医師の前に座ると緊張してしまったり、病院で待ち時間の間にイライラしたり、不安になったり、興奮してしまったり





様々な原因により、いつもとは違う精神状態になってしまうことも少なくないですよね。


そして、その結果、通常よりも血圧が高く計測されることがあります。


白衣高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)症とは、精神的な変化で、血圧が上がることを言います。


しかし、白衣高血圧症は、決して希なことではないようです。


病院に来る・医師の前に出ると、血圧が上がる人って意外に多いみたいなんです。


でも、緊張する時だけ高いからいいやってことにはなりません。


そういうときは、どういう時に血圧が上がるのかを、注意して血圧を記録していくと良いでしょう。


それに、血圧を上げないための食生活の改善や、生活習慣の見直しを行う必要もあります。


不安や緊張を強く感じすぎてしまう人は、抗不安薬などが効果的になるはずです。


今後、血圧が上がりっぱなしにならないようにすることが大切です。











<PR>
はがき、手紙、年賀状などのを作成しよう! | 中高年の為のパソコン講座!
幼児期の子育て!年長〜小学校に上がるまで!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ