高血圧と塩分の関係性について!

高血圧と塩分の関係性について!





高血圧と塩分の関係性には、どういうものがあるのでしょう。


「塩分を摂りすぎると、高血圧になる」と言うのを耳にした事のある人は多いのではないでしょうか?それでは、なぜ塩分と高血圧は深い関係があるのでしょう。


塩分の成分は主にナトリウムなのですが、これを摂りすぎることによって、細胞内のナトリウム濃度が上がってしまうはずです。


細胞内のナトリウム濃度を下げるためには、水分を細胞外から取り込まなければなりません。


そうやって、細胞内のナトリウム濃度を下げ、常に均等に保つ作用が働いているのです。


細胞内に水分が多くなると、今度は血液の水分の含有量が減少ししまうでしょう。


すると、今度は水分を要求する作用が働きます。


この作用が働くことで、血液量は増え、血圧が上がります。


ナトリウムの濃度が高い状態が続くと、腎臓の排出機能に遅れが出てきます。


血液中のナトリウムの濃度を下げるためには、水分が必要です。


水分量が増えると、血圧が上がります。


血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)が上がれば、水分と塩分を腎臓から排出しやすくなります。


遺伝により高血圧になる場合も多いですが、塩分を摂りすぎることによって血圧が上がることは、はっきりしています。


高血圧になるには、遺伝的な要因も多いものの、塩分の摂取を控えることは、血圧の上昇を防ぐことにもなります。


高血圧(特に不自由を感じていなくても、改善しないと危険です)の予防のためにも、塩分の摂取しすぎには注意した方が良いと言えるでしょう。











<PR>
携帯電話やiphoneで英語を学べるアプリ! | 英語を覚える方法!英語を話すには!
白髪染め「レフィーネ」評判や口コミなど | 白髪の原因は?白髪の予防と改善!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ