高血圧に効果のある薬は・・・

高血圧に効果のある薬は・・・





高血圧に効果のある薬には、どんなものがあるのでしょうか?高血圧の治療の第一歩としては、生活習慣の改善が最も重要ですが、それでも改善出来ない場合は薬を使い、血圧をコントロールする事となるのです。


高血圧の薬は、血圧が高いときだけ飲むものではありません。


毎日、同じ時間に規則正しく飲む必要があります。


それに、一生涯に渡って、飲み続ける必要があるのです。


代表的な高血圧の薬は次のような物です。


○アンジオテンシン変換酵素(生物の体内でタンパク質を元にして作られています。


全ての生命活動に不可欠な物質です)阻害薬(ACE阻害薬)血圧を上昇させることに関与していると言われているアンギオテンシンUの生成を阻害するお薬で、降圧剤としてよく使用されています。


また、糖尿病性腎症や心不全などにも使われます。


製品名としては、カプリトルやレニベース、タナトリル、コバシルなどがあります。


○アンジオテンシンU受容体拮抗薬(ARB)ATT受容体に結合することにより、アンギオテンシンUに競合する作用を持ちます。


降圧作用はやや緩やかですが、確実な効果が得られ、副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)も少ないので、最もよく使用されている薬です。


製品名としては、ディオバン、ブロプレス、ニューロタンなどがあります。


○カルシウム拮抗薬カルシウムイオンが筋肉の細胞に流入するのを抑えることで、血管の収縮を抑制します。


これにより、血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)が上がるのを防ぎます。


製品名としては、アダラート、カルブロック、ヘルベッサー、ワソランといったものがあります。


高血圧では、この他にも、β遮断薬、降圧利尿薬などの薬が処方されることが多いだとされているのです。











<PR>
子供のうつ病について | うつ病を改善したい方!うつ病の治し方を教えてます!
手汗の対策 もう手汗症は怖くない!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ