投資苑 − 心理・戦略・資金管理



投資苑 − 心理・戦略・資金管理

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 6,090 (消費税込)



著者は、ニューヨーク在住、旧ソ連からの亡命精神科医兼トレーダーで、アメリカでは息の長いロングセラーを続けている、と聞けば、500ページ近い厚さにもかかわらず、思わず手にとってみたくなるのではないだろうか。

内容は、決してその期待を裏切らない。特にイントロダクションから2章までの、心理学のアプローチを提供した切り口で、トレーダーが犯しやすい失敗をまるで腑分けするかのごとく分析していくくだりは、どのレベルの投資家にも「必読の書」といえるかもしれない。

著者は、投資家にとって必要なものは「規律」であり、もう1つの職業である精神科医としての経験から、「アルコール中毒症患者」と「一皮むけることのできない投資家」の共通点をえぐりだす。「あなたのトレーダーとしての成功は、自分の感情をいかにしてコントロールするかにかかっています」というのである。

本書を特徴づけるもう1つのポイントは、「テクニカル分析」の手法について、十分な網羅性を保ちながら、コンパクトでかつ平易にまとめられていることだ。各項目に関する索引、参考文献も押さえられており、ここが「投資苑」なるゆえんだろうか。

ただ難をいえば、対象となる読者像がやや浮かびにくい。たとえば著者は、投資家のリスク管理上、当然のように「ストップロスオーダー(逆指値)」の設定が必要である、としているが、日本の株式市場ではつい最近になってこの形の注文形態が可能になったということもあり、金融機関で売買を仕事とする人以外の一般的な投資家にとっては、やや違和感のあるところかもしれない。(杉 良介)


良書です
心理面から投資にアプローチした数少ない本で、内容もとても良いと思います。著者の経験に基ずく深い洞察があります。ただ、文章の中でいちいち比喩を用いて説明しており、ギリシャ神話にたとえられても、若干理解しにくい面はあります。

テクニカルの入門書。,
テクニカルの指標の大まかな理屈を分かりやすく解説しているので、
テクニカル分析の入門書としてお勧めだと思う。

また、一般の投資家の「損をしてしまう心理」についても、
類書(マーク・ダグラスの『ゾーン』とか)に比べ、簡潔にまとめてあるのが
すばらしい。


・・・が、
内容はそんなに科学的ではない。かなり主観的。
そもそもテクニカル指標自体、
きちんと科学的なバックグラウンドがある考え方ではないので
仕方ないが。

その辺の限界を突き詰めてないので、★ひとつ。


あと
宣伝文句の煽り文「著者:精神分析医」というくだりが頂けない。

精神科医とは、精神分析などをする職業ではなく、
したがって(あまり知られていない事実だが)
一般的に精神科医とはいっても、
心理学の専門家では無いのだから。


そうは言ってもアルコール依存症における行動パターンと
負けトレードの行動パターンの類似性の指摘は非常に面白いと思った。

初心者から一皮むけるにはよいかも。
大半が無駄な内容であるが、読むうちに多少のヒントは得れるはず。そういった感覚で読む本である。まあ、たいていの本にも言える事であるが、その本のみを鵜呑みにするのではなく、沢山読み、必ず自分で加工をすることである。勝てる人間の手法と言うのはどんな手法を使うにせよ、似てくるものである。必ず共通事項が見つかるはずである。要は、それを見つけるために、どれだけの時間をマーケットに対して真剣に割けるかである。魔法の指標など存在しない。いかに道具を使いこなすかである。マーケットに勝つにはどれだけの失敗を繰り返すかである。

最初の一冊に。
ローソク足について解説する書籍は数あれど、その心理的裏づけに関してまで詳細に解説された書籍はきわめて少ないのですが、本書のローソク足の解説は非常に秀逸で、各シグナルの市場の心理的な裏づけと一緒に解説しているので、無理なく吸収できるだけでなく、その強弱の違いについても直感的に理解できます。

このため、実践においても確かにシグナルは出ているが、それをトレードの判断においてどの程度のウェイトで取り入れるべきかといった判断が本書の序盤を読了するだけでできるようになるでしょう。(他書では強弱の比較まではできない。)

また、楽天RMS等に搭載されている各種指標についても解説がされています。
計算方法はもとより、本来どういう意味があるか、これも直感的な言葉でわかりやすく、煽り無く端的に述べられています。
(一方で、本書を読み進めるとき、移動平均に解説の重点が全くおかれていないことに留意しましょう。)

テクニカルで進めるのか、ファンダメンタルに頼るのか、スタンスが決まっていない読者にも非常に良い材料になると思います。(そして実際のチャートを見るとき、本書を読了した後はまずテクニカル派になっていることと思います。ファンダメンタルでは知識の偏在の問題や、材料がどれだけ価格に織り込まれているかの判断は極めて高い経験が必要ですが、本書の内容は直感的に実行できるからです。要するに、儲けるまでの傷が浅いのです。)

本書と併せて、「スイングトレード入門」も読むと理解が深まると思います。

実感しました。
特筆すべきものは、トレードを行う個人と群集の心理に関する考察です。心理学者である著者は、トレードは「マイナス・サム・ゲーム」であるため、儲けようとするなら、とかくパニックに陥りやすい一般大衆より抜きん出て優秀でなければならないと説いています。トレードで失敗するのは、手法が悪いのではなく、そのメンタリティーに問題があることを説いています。これはかつて自分自身が通った道であり、実感しました。




リセットダイエット―覚悟を決めて1週間!

投資苑 − 心理・戦略・資金管理

やせる!低GIダイエット―豪・英のダイエットの新常識「グリセミック・インデックス」本家版初公開

リフォームでワンフロアに暮らしを作る―50代になって考える住まい

寺門琢己のスッキリ 元祖・骨盤ダイエット

1億円儲かる!マンガ起業入門

我が家のシュタイナー教育-幼児期編

LOVE & FREE DVD

インターネット・セキュリティとは何か―暗号、認証、ウイルス、セキュア通信からセキュリティ・ポリシーまで

宇宙怪人しまりす医療統計を学ぶ (岩波科学ライブラリー (114))

新着情報ブログ 更新情報 ブログ2












ナスカ無料ホームページ無料オンラインストレージ