高血圧は遺伝するのでしょうか?

高血圧は遺伝するのでしょうか?





高血圧は遺伝するのでしょうか?親が高血圧だと、いずれ自分も


と思う人も多いでしょう。


実際に、高血圧には遺伝的な要因が少なくないといわれています。


両親ともに高血圧の場合、子供が高血圧になる確率は、約50〜60%なんだそうです。


ちなみに、片方の親が高血圧だった場合は約25〜35%、両親とも高血圧ではない場合は、10%未満なのだとか。


これは高血圧そのものが遺伝しているわけではなく、高血圧になってしまいがちな体質が遺伝すると考えられています。


それに、日々の生活習慣や食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)、加齢や肥満などが合わさって、高血圧になっていくようです。


なので、両親が共に高血圧であっても、日頃から予防をしていれば、将来、高血圧になる可能性は低いと言えます。


自分が高血圧になりがちな体質だと分かったら、積極的に予防を行いましょう。


普段の食生活を改めて、塩分やカロリーを控えた食事を取り入れます。


血圧を下げる効果のある食材を取り入れると、さらに効果的でしょう。


無理な場合は、サプリメントなどを取り入れてください。


また、肥満にならないよう有酸素運動を行うことも大切です。


「両親が高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)だけれど、自分は血圧低いから大丈夫」と考えている人でも、加齢ともに血圧が上がってくる場合があります。


日常的に、万全の予防策をとっておいた方が良いでしょう。


高血圧になってしまうと、様々な合併症を起こしてしまいます。


血圧を上げないようにするのは、とても大切なことなのです。











<PR>
マラソン大会3ヶ月前〜前日までのトレーニングのやり方 | マラソン練習!初心者がフルマラソンにチャレンジ!
レム睡眠・ノンレム睡眠って何? | 不眠症を克服する方法・不眠症の治し方!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ