内臓脂肪レベル・測定方法について

内臓脂肪レベル・測定方法について





あなたは自分自身がどれくらい内臓脂肪を蓄積しているかご存知ですか?内臓脂肪は皮下脂肪のように自分でつまんだり、鏡で自分の体をみるなど、見た目でチェックすることができません。


見た目が凄くスリムな方でも、実際に内臓脂肪(体重ではなく、体脂肪率を気にする習慣をつけ、ストレッチや有酸素運動などを心掛けることで減らすことができるはずです)を測定してみると、かなり内臓脂肪を蓄積していたりするケースが多くあったりします。


そこで、内臓脂肪がどれくらい蓄積されいるのかをわかりやすくするために、内臓脂肪レベルというものがあります。


内臓脂肪レベルとは、蓄積されている内臓脂肪の面積をレベル1〜30の段階に分けたものです。


このレベルについて説明しますと、標準値はレベル1〜9まで、やや高いとされるのはレベル10〜14、レベル15以上は内臓脂肪(見た目はスリムにみえても、実は内臓脂肪がついてしまっていることがあります。


皮下脂肪がついているよりも、内臓脂肪が付いている方が危険度が高いと考えられているのです)レベルが高いと診断されるはずです。


レベル10を超えた段階で、普段の生活など、注意しなくてはなりません。


10を超えると、テレビや雑誌などで目にすることもあると思いますが、「メタボリックシンドローム」といった状態で、生活習慣病(近年では子供や若い人でも発症しているのだとか)や成人病を引き起こす確率が正常な人よりも高くなります。


では、内臓脂肪レベルを測定するには、どうしたらいいのでしょうか。


正確に内臓脂肪レベルを測定するのであれば、やはり、医療機関へ行って測定してもらう必要があります。


医療機関では、「ファットスキャン」や「CTスキャン」といった機械を使って内臓脂肪を測定する為す。


これらの機械は、内臓脂肪のレベルを測定できるだけでなく、内臓脂肪(体重ではなく、体脂肪率を気にする習慣をつけ、ストレッチや有酸素運動などを心掛けることで減らすことができるはずです)の面積や内臓脂肪(見た目はスリムにみえても、実は内臓脂肪がついてしまっていることがあります。


皮下脂肪がついているよりも、内臓脂肪が付いている方が危険度が高いと考えられているのです)と皮下脂肪のつき具合など、細かい部分まで正確に測定することが可能です。











<PR>
ハウスダストとアレルギー性鼻炎の関係は? | アレルギー性鼻炎の治療法・改善させるには!
転職、退職時の確定申告で注意することは? | 副業の確定申告はどうする?確定申告の注意点など!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ