中性脂肪を減らす運動は?

中性脂肪を減らす運動は?





中性脂肪とは、主に皮下脂肪や内臓脂肪(見た目はスリムにみえても、実は内臓脂肪がついてしまっていることがあります。


皮下脂肪がついているよりも、内臓脂肪が付いている方が危険度が高いと考えられているのです)などを指します。


これらの脂肪は必要最低限の量は当然必要ですが、増えすぎるとそれは肥満へと繋がってしまいますよね。


成人病(生活習慣が大きく影響すると考えられています)の原因になるとも言われていますから、外見は当り前として、健康面からかんがえても増えすぎないように気をつけなければなりませんね。


また、メタボリックシンドロームが大きく取り沙汰されるようになってからは特に、中性脂肪に関して健康診断などで注意を受ける人が増えたようです。


中性脂肪を落とすには、生活習慣の見直しが一番重要です。


まずは、食生活を見直し、ストレスや不規則な生活を改善しなくてはなりません。


しかし、それは中性脂肪が増えるのを予防する効果はありますが、一旦増えてしまった中性脂肪を効果的に落とすには不十分です。


そこで、ほとんどの方は運動療法を取り入れるよう指導されることと思います。


中性脂肪を落とすには有酸素運動が効果的であると言うものはよく聞く話ですね。


有酸素運動を行うことで脂肪燃焼効果があると言われているのとは言え、最低15分以上続けなければならないとも言われています。


有酸素運動とはスイミングやジョギング、ウォーキングなどです。


これらを15分以上続けると、やっと脂肪が燃焼し始めるので、それ以上の時間行わなければ効果が出ないのです。


サイクリングやエアロビクスなどでもOKです。


自分が一番続けやすい運動をするのがいいのかもしれないですね。


できるだけ毎日継続して行うことが重要です。











<PR>
長生きするには何を食べる? | 長生きの秘訣・健康維持させるには!
デイトレ向きのFX口座は? | FXのリスクとリターン!初心者がFXで稼ぐには?



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ