血糖値が高いと血がドロドロになる?

血糖値が高いと血がドロドロになる?





血糖値が多いというのは、血液中を流れるブドウ糖の量が多いということになるでしょう。


食後に食べ物が分解されると、摂取した糖分や炭水化物はブドウ糖として血液中を流れますから、一時的に血糖値(血糖ということもあるでしょう)が急上昇します。


血液中の糖分は、体内で分泌されたインスリンによってさらに分解され、エネルギーとして使われることになります。


特に脳は、糖分(糖質とも呼ねれます)しか栄養源にできないと言われており、糖分はとても重要なエネルギー源の一つです。


普通の人の場合、このようにして作られたエネルギーを運動などによって消費していきますから、徐々に血糖値は下がり、血液中の糖分(糖質とも呼ねれます)が殆どなくなってくると空腹感を感じるようになっています。


しかし、糖尿病の場合には、分泌されるインスリンの量が足りなかったり、インスリンが分解できる以上の糖分を摂取しているため、分解できなかったブドウ糖が血液中を流れ続けることになります。


この量が多ければ多いほど、「血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)が高い」という状態みたいですね。


分解されなかったブドウ糖はヘモグロビンと結合しやすく、血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)が高ければ高いほどどんどん結合していきます。


また、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)が高いと、血液は濃い状態になってしまいます。


糖尿病患者が頻繁にのどの渇きを覚えるのは、このためです。


血液中の水分が少なく濃い状態になる上、ヘモグロビンとどんどん結合していきますから、血液はどんどんドロドロになってしまうのです。


血液がドロドロになると、詰まりやすくなったり、血圧にも影響を及ぼしてしまいます。











<PR>
大腸癌のステージ、進行速度って? | 大腸癌は完治できる?大腸癌の予防と改善!
顎関節症はマッサージで改善する? | アゴの痛み・顎関節症の治し方を教えています!



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ