タバコ、飲酒と血糖値の関係性には?

タバコ、飲酒と血糖値の関係性には?





健康診断でお医者さんに、「少しお酒を控えた方がいいですね」といわれていてた経験のある方もいらっしゃると思いますが、血糖値の数値が高かったりしませんでしたか?お酒と血糖値は、とても関係性の深い物なのです。


お酒には高カロリーの物から少ないカロリーの物までありますが、お酒を飲むとついつい塩辛い物やチーズなどのおつまみを食べたくなってしまいますよね。


低カロリーのお酒を飲んでいても、お酒には糖分(糖分を控えるだけでなく、どんな糖を使うのかも大切です)が含まれている物もありますし、おつまみも食べることによって、さらに血糖値を上げてしまうことになるのです。


お酒を飲んでいると、酔いが回ってダラダラとおつまみを食べ続けてしまいますが、これがまた血糖値を上げてしまう要因となるのです。


では、タバコと血糖値にはどのような関係があるのでしょうか?実際、調べてみたところ、タバコと血糖値には直接的な関係はないようです。


ただ、タバコは血管を収縮させる物です。


血糖値(食後には上昇します。


なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が高い方は元々、動脈硬化を起こしやすいと言われている上に、さらにタバコを吸うことで、その硬くなっている血管を萎縮させてしまい、血栓が出来てしまったりするのです。


血栓が出来るということは、血管が詰まりやすくなりますし、心筋梗塞(虚血性心疾患のうちの一つのことで、対処が遅れると死にいたることもあります)や脳梗塞を起こしてしまうリスクを高めることになってしまいます。


血糖値を上げたり下げたりする物ではないからと言って、禁煙をすすめられたのに放置しておくと、後々大変な事になって兼ねないので気をつける必要がありますね。


血糖値が高くなくても、食べすぎや飲みすぎ、喫煙などの習慣は体に良くないので、しっかり自己管理しておいて下さい。











<PR>
生活習慣病の種類は? | 長生きの秘訣・健康維持させるには!
ゴルフのクラブとウェア以外で必要な物は? | ドライバー上達・ドライバーの飛距離を伸ばすには!(ゴルフ)



 



話題の情報!

 



カテゴリ



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ